11:30〜14:00 17:00〜20:00
(スープなくなり次第終了)
定休日  月(祝日は営業・翌日休み)
住 所
栃木県真岡市並木町4−12−7
最 寄 駅
真岡鉄道 真岡駅

*手打ちラーメン 祇園*
下館〜茂木の間を走る1両編成で約1時間にの1本という真岡鉄道。真岡駅を降り、西口に出たらロータリーの正面を進み突き当たったら右へ。大きな交差店「高寺歩道橋」をそのまま過ぎ、次の信号「並木町四」の信号で左に曲がってそのままずっと行った右側。徒歩10分位。

店名の冠に付いている「手打ち」。注文の都度、まとめた麺帯をコシを出す為に台に打ちつけながら、手伸ばしで何本にも増やしていくという体力&根気が必要な麺作りをされているお店。
店内は、入って一番左側に厨房スペース。4人掛けのテーブル席と小上りが各5卓ずつ。
一人で行っても、相席ではないので落ちつけます^^ただ、店内には、バシッ!バシッ!と麺を打ちつける音が響いてますが(笑)
後会計制です。

メニューは、醤油味の【らーめん 600円】【パーコめん 800円】【ちゃーしゅーめん 750円】【ダブルパーコめn 1050円】に、【味噌らーめん 650円】【味噌パーコめん 900円】【味噌ちゃーしゅーめん 850円】【味噌コーン 700円】【味噌バター 700円】【味噌コーンバター 750円】【塩らーめn 650円】【塩パーコめん 900円】【塩ちゃーしゅーめん 850円】【塩コーン 700円】【塩バター 700円】【塩コーンバター 750円】【冷やしつけめん 700円】などに、【餃子350円】【野菜いため450円】【モツ煮込み450円】など。


昨年末、「料理の怪人」という番組で見かけて惹かれ、ずっと気になっていたお店。
自宅のある最寄駅から、すんなり行けても約2時間の場所。新越谷〜久喜〜小山〜下館〜真岡と電車を乗り継ぎ、帰りの事は気にせず〜と勢いつけて行って来ました(笑)
日曜の昼、12時40分頃の到着。店内満席でしたが、すぐに空いて小上り席へ。

「塩パーコめん」・・・900円     

醤油味が定番の様ですが、塩味で^^ 
「食べログ」などを見ると、醤油はパーコとネギだけの様ですが、塩だと野菜入りなのかな? スープは、まるでタンメンの様な野菜の甘みを感じるあっさりスープで、じわ〜っと優しい味わい。
麺は、表面がとても滑らかで啜り心地のいいもので、食感は気持ち柔らかめですが、スープとも合っていて優しい感じ。量もちょっと多めかな。
具は、キャベツ・もやし・ニラ・パーコ・ネギ。パーコは、衣にしっかりと味付けがされていて、最初はサクッとしていて、スープに浸って柔らかになった衣も美味しい♪

「餃子」・・・350円

塩パーコを食べてる途中での提供。 あらら。。。6コも^^; 
取り敢えずはタレを作らずそのまんま。
皮がもちっ&カリッとしていて美味しい。そして、ニンニクの辛味というか香味がバシッと効いた味わい。最近では、ニンニク無しの餃子も多かったりしますが、たまにはこういったパンチのあるニンニクが効いたものも新鮮に感じて美味しいですね〜 思わずご飯と一緒に食べたくなっちゃいました(笑)

訪問日 2011年2月20日