11:00〜19:30
定休日  月(祝日営業・翌日休み)
住 所
栃木県栃木市大平町西水代2865−1
最 寄 駅
東武日光線  静和駅

*小三郎*
東武日光線の静和駅(南栗橋から6つ目)の改札を出たら右へ。右側に日光線の線路を見ながら進む。正面に横切る36号線の高架下を過ぎたらすぐ左側にある階段を昇って36号線に出て、左へ。右手に36号線を見ながらひたすら道沿いにず〜〜〜っと行った左側。徒歩20分位。

OPENしたのは2003年5月。
ご店主はお店を開くにあたり佐野にある「おぐら屋」で修行されたそうで、暖簾も贈られたものみたいですね。
店内は入って右側に給水器があってセルフ。
カウンターが5席とテーブル席が3卓に小上りもあって広い店内。

メニューは【らーめん 577円】【しょうがらーめん 682円】【チャーシューめん 735円】【しょうがチャーシューめん 840円】に大盛りが105円増しで、【ぎょうざ 399円】。
焼ぎょうざや1日10本限定のチャーシューも買え、冷凍ぎょうざの宅配などの案内も貼られてました。

 

1年くらい前からずっと気になっていたお店。
車でしか行けないと諦めていたんですが、改めて調べてみたら「頑張って歩けば行けるじゃん♪ 」と気づき、行って来ました(笑)

「しょうがらーめん」・・・577円     

スープはすっごく透き通っていて、麺の1本1本が鮮明に見えます。
そんなスープは、鶏などの動物系に昆布や野菜類???じんわりとした旨味と塩梅で、とても穏やかでホッとする味わい。
自家製という麺は白っぽい中太の幅広で平たいもの。食感的には柔らかめに感じますが、滑らかな喉越しでスープともいい感じ。食べ応えがあるな〜と思ったら、190gあるみたいですね。
具は、チャーシュー・支那竹・ネギ・ナルト・千切りの生姜。チャーシューは2枚で味付け控えめで柔らか。支那竹?は、茹でタケノコを細切りにした様なシャキッとした食感と素朴な味わいが美味しい♪
生姜は食べ進みながら少しずつ混ぜて。じわじわと生姜の甘みと香味が広がって、スープにアクセントを加えます。麺と一緒に食べるのも美味しい^^ 千切り生姜の下辺りに、乗っているチャーシューとは違ったモモ肉?の部位の様な細かく刻まれたチャーシューもちょこっと。ちょっと嬉しかったです(笑)

ぎょうざ・・・399円

ラーメンより少し遅れての提供。
1個が幅7cm位で厚み3cmはあるでしょうか?餡はたっぷりキャベツにニラ?かな。手作りという皮はもちっとして焼き目は香ばしく、野菜たっぷり。小皿に醤油・ラー油・お酢でつけダレを作って、一度試してみましたが、そのまんまで食べた方が野菜の甘みが感じられて美味しかったです^^
訪問日 2010年5月13日