< 閉 店 >
住 所
東京都足立区千住旭町2−1
最 寄 駅
東武伊勢崎線・日比谷線・JR 北千住駅

*子竜*
北千住駅東口を出て、すぐ右へ線路沿いに行った左手。徒歩1分。

2003年5月に、葛西にある「ちばき屋」出身方が開店したお店だそうです。
入口から中が見えないようになっていて、入って左手に髪の長い女性用にとカラーゴムが置いてあり、右手には券売機がある。
一番目立つ左上の所には、「半らーめん」の醤油と塩が並んでいる。
カウンター席のみ8席で、コンクリート打ちっぱなしの壁に木のカウンター、アルミ制の椅子に赤と黒のシートクッション。奥のトイレ前のスペースも広く赤いドアがお洒落です。
食後には熱いジャスミン茶のサービスもあり、女性が入りやすいお店です。


「冷しら〜めん」・・・800円  

塩らーめんを食べようと思って行ったのですが、券売機に「冷やしら〜めん」を見つけて予定変更。「ちょっとお時間頂きますが、これ読んでもらえますか」と『子竜の冷しら〜めんについて』というのを渡された。食べ方についての記述がされている。らーめんと一緒に白ごまが出されるそうな。最初に入れてもいいし、麺を食べた後のスープに入れてもいい。結局は好きに食べてかまわないという事なんだけど、スープを飲んで欲しいのでしょっぱいと感じる人へのアドバイスみたいな感じかな?
さて、出てきたらーめんは透明できれいなスープ。しっかりと冷やされていて鶏がらや野菜がベースかな?とてもまろやかでさっぱりとしています。塩気ははっきりしているものの角が無いせいかしょっぱさは全然気にならずに歳後まで飲めました。
麺は細い縮れの強いもので、弾力感があります。
具はチャーシュー・メンマ・海苔・味玉半分・レタスの千切り・プチトマト。と別皿で白ごま。
スープに油は無く、レタスがシャキシャキとして夏バテしていても食べられそうな一杯です。

訪問日  2005年5月3日
個人的好み   


「半らーめん」(しょうゆ)・・・400円
   味玉・・・100円 柚子・・・50円
 

普通盛りだと600円のらーめん(しょうゆ)。
鶏ベースのほんのりとした甘さと、魚介系の味が少し感じるくらいのとてもあっさりしたスープ。表面の油も少なめ。 醤油の味や色も薄めで飽きの来ない味という感じです。
麺は細めで、茹で加減は好みで調節してもらえます。標準では気持ち固めで丁度いい茹で加減でした。
具はチャーシュー・メンマ・かいわれ・海苔・ネギ。
トッピングの味玉は別皿。 タレが染みて半熟のまま固まった黄身はとてもモチッとして美味い。

訪問日  2003年11月8日
個人的好み