< 閉 店 >
住 所
東京都足立区伊興本町1−16−28
最 寄 駅
東武伊勢崎線  竹ノ塚駅

*わんたんめんの店 しお福*
竹ノ塚駅西口を出たら左手に行き、道路に突き当たったら右へ。2つ目の「伊興前沼町」の信号を渡ったら右へ曲がって、尾竹橋通りを右に見ながら進み、2つ目と3つ目の信号の間くらいの左側。徒歩7・8分。

2010年5月1日OPEN。
看板やお店前に置かれた案内や、店内など木材が多く使われていて、シンプルで落ち着きの雰囲気。
店内は入って右側に小さい券売機が置いてあり食券制。 席はL字のカウンターのみで13席ほど。
営業時間と定休日はショップカードに書かれていたものです。個人店ではなく、大きな母体の新展開のお店でしょうか?

メニューは【わんたんめん 680円】【味玉わんたんめん 780円】【ちゃーしゅーわんたんめん 880円】【豪快わんたんめん 980円】【ねぎ盛りわんたんめん 780円】【みそらーめん 730円】【辛みそらーめん 780円】【あさりらーめん(しお) 780円】【もちもちつけめん(しお) 730円】に【ちゃーはん390円】【半ちゃーはん240円】【ちびちゃーしゅー丼250円】【いくら丼300円】【皮から手づくり餃子250円】など。


 

麺は、細麺か太麺が選べるとの事なので、太麺でお願いしてみました。
「わんたんめん」と言うと、醤油味のラーメンに具としてトッピングされているイメージが強いですが・・・何故か、炒める音がカウンターの内側から・・・?

「わんたんめん」(太麺)・・680円
     +「半ちゃーはん」・・・240円

ひと足先に「半ちゃーはん」が。そして、その後1分くらいで「わんたんめん」の提供。

目の前に出された「わんたんめん」・・・ワンタンは勿論乗ってますが、スープの色が塩味色で白菜もたっぷりで、見た目にはタンメンにワンタンを足した感じ?
スープは、鶏などをベースに香味野菜とかかな?中華鍋で炒めた白菜と豚肉の旨味がスープに出ていて、塩味という事もあり味わい的にはタンメンのスープ。ワンタンもタンメンも好きなので、個人的には嬉しいサプライズです♪(笑)
太麺でお願いした麺は、黄色っぽい色合いのもの。弾力もあって最後までへたれる事なく頑張ってました(笑)
具は、わんたん・白菜・豚肉・青ネギ・白ネギ・糸唐辛子。わんたんは餡が海老と挽肉のものが各2個ずつ。海鮮もお肉のわんたんもどっちも好きなので、これは嬉しいです♪そして、皮もとろっとろ〜でした。炒めた白菜はシャキシャキとした食感で甘みと瑞々しさがあって白菜って美味しいな〜って思いました。

「半ちゃーはん」は、具が卵・チャーシュー・ナルト・ネギかな。ご飯が程好くパラパラしてて、味付けも濃すぎず薄すぎずで好みの加減。「わんたんめん」の塩味スープともいい感じでした^^

訪問日 2010年5月20日