10:00〜17:00(完売次第終了)
※営業日 土・日・祝・縁日(毎月21日)
住 所
東京都足立区西新井1−5−9
  「門前 華永路(はなようろ)」商店街奥
最 寄 駅
東武大師線  大師前駅

*the どにち家*

東武伊勢崎線の西新井駅から乗り換える大師線。大師前駅までの単線です。

西新井大師の正門?を背にして、30mくらい進んだ左側に入り口のある『門前 華永路(はなようろ)』商店街のいちばん奥。
大師駅から行くには、大師駅の階段を降りて右側にある出口を出て右へ。歩道橋の手前を右へ曲がって50mくらい行った右側に→写真左上の大きな看板が出てるので、そこを右に曲がった正面が屋台店舗。徒歩1・2分。

店名の通り、基本営業が土日(祝&縁日の21日)のみで、尾道ラーメンを提供しています。
【地元の味・・・この味を伝えたい】と、尾道頑固屋から直送との事。
先に注文&お会計をし、すぐ近くにあるテーブルと椅子が配置されたスペースへ。お水と出来上がったラーメンを運んでくれます。

メニューは【元祖尾道らーめん 650円】【葱らーめん 750円】【焼豚らーめん 850円】に【ゆで玉子 50円】【麺 大盛り 100円】。他には、お土産らーめんや尾道やくみなども販売されていました。

  


「葱らーめん」・・・750円

営業日が限定の為か陶器のドンブリではなく、発砲スチロールの器での提供。

店頭や飲食スペースに張られた案内によると、麺は頑固屋直送の低かんすいストレート麺、スープは瀬戸内海でとれた天然小魚を干した雑魚節に昆布・本鰹・鶏ガラ・たまり醤油・ミンチの背脂を使ったものだそう。
スープは溜まり醤油の甘みと魚介の香りがほんのりと香るあっさりとした味わい。背脂の甘みもいい感じ。
麺は、細麺で歯切れの良さを残した茹で加減。
具は、チャーシュー・メンマ・岩海苔・青ネギ。チャーシューは薄いものですが、味は美味しかったですね。
途中で進められた「尾道やくみ」を。小魚の粉末と七味が混ざったものだそうで、入れた方がピリッと味が締り、スープの味わいが濃い目に感じられました。

「頑固屋」で調べてみると、尾道のラーメン屋さんではなく、生食のラーメンなどを通販している会社。そこに書かれている素材がこちらの店頭での案内と同じなので、スープなどもそのまんまを使っているのかな?
だとしても、これはなかなか美味しい一杯でした^^

訪問日 2011年11月20日