< 閉 店 >
住 所
東京都足立区千住3−60
最 寄 駅
東武伊勢崎線・東京メトロ日比谷線・千代田線・JR常磐線・つくばエクスプレス  北千住駅

*中華蕎麦 つがい*
北千住駅の西口の1階に出て、ロータリーを右側から回って向こう側に伸びる道を進む。2つ目の「千住二丁目」の信号で右に曲がり、「宿場町商店街」を真っ直ぐ200m位行った右側。徒歩5分くらい。

2011年4月12日OPEN。
塩ラーメンと担々麺のバリエーションが楽しめるお店。ご店主は「しおの風」や「彩たまや」などにいらした事があるそうで、そのラインナップにも納得。
店内は入ってすぐの左側に券売機があり食券制。左側が厨房スペースで、入口から数歩進んだところの右側に4人掛けのテーブル席が2卓と、左側にカウンターで7席ほど。

メニューは【塩らーめん 680円】【とり塩らーめん 780円】【あさり塩らーめん 830円】【海老あんかけタンメン 830円】【赤担々麺 800円】【黒担々麺 800円】【白担々麺 800円】【黄担々麺 800円】【旬菜担々あえ麺(赤・黒・白・黄) 800円】【極担々つけ麺 850円】【スパイシー担々つけ麺 850円】などに【焼餃子(5ヶ)380円】【水餃子(5ヶ)380円】などなど。

「とり塩らーめん」・・・780円

「あさり塩らーめん」と迷いましたが、「とり塩」に。
スープは、鶏をベースに魚介類や野菜達?
インパクトや個性的な味わいではないですが、バランス良くまとまっていてじんわりとした旨みが楽しめるスープ。
麺は、浅草開化楼のやや中太なもの。弾力があって小麦の風味もいい感じ。
具は、蒸し鶏・鶏のつくね・メンマ・水菜・カイワレ・海苔・クコの実。鶏肉は、ムネ肉やモモ肉やササミ?など色んな部位が柔らか〜に蒸されたもの。味付けは殆どしてないのかな?淡白で素朴な鶏の味わいが。鶏つくねも薄味ですが、噛む毎に生姜などの香味なども楽しめます。 メンマや味玉も味加減は控えめかな。

食べながら思った事は、この一杯はスープが主役なラーメンなのかな?と。具沢山で彩りもきれいですが、控えめな味わいの具達。スープの味を壊さないというか、崩さないというか・・・だからこそなのか、カイワレのちょっとした辛味だったり、クコの実の甘みが予想外に映えてました。

訪問日 2011年5月15日