< 閉 店 >

住 所
東京都荒川区荒川2−2−2
最 寄 駅
JR常磐線  三河島駅 他

*麺屋 須田商店*
JRの三河島駅から行きました。
遠回りになりますが、改札を出て左へ尾竹橋通り沿いに行き、「宮地」の交差点で右に曲がり明治通り沿いに真〜っ直ぐ。「荒川公園」の少し先左側。(目印になるものはありませんが、住宅街を抜けて行くと徒歩10分位で着きます)

2006年9月4日に開店したお店で、母体は群馬県の高崎にあるホルモン焼き屋さんだそうです。
店内は入って目の前がレジ。右側の窓沿いにカウンター席とその後に向かい合うテーブル席が10席位。入口近くからは見えませんでしたが、奥の方にも席があるようです。

メニューは【荒川らーめん 580円】【本塩えびらーめん 580えん】【荒川ちゃーしゅー麺 780円】【荒川つけ麺(2玉) 780円】【須田冷めん 680円】と、ミニどんぶりが【カレー丼】【牛スジ煮丼】【ちゃーしゅー丼】【豚もつ煮丼】が各350円と、【ラーメンスープで煮込んだ特製カレーライス 680円】もあります。


  ラーメン

「本塩えびらーめん」・・・580円

注文してすぐに小皿に盛られた具が。
チャーシュー・ネギ・シソの葉の千切り・梅肉にレンゲが添えられてます。その後少しして桜海老の乗ったラーメンが。
メニューの説明によると「鶏ガラスープと海老油のハーモニー」との事。確かに表面には少し多めの油。スープを一口飲んで「どうしよう・・・」って思った。塩気が濃い目なのと海老油なのかな?味が強過ぎる。太麺は食べ応えがあっていいんだけど、桜海老がいまいちカリッとしてないのも食べ難い。
ちょこっと食べた所でネギを投入してみる。あっ スープがまろやかになって飲みやすくなった。 結局チャーシューもスープに入れて温める。その方が柔らかくなって食べやすいし。 また少し食べてからシソを。この段階の味が一番好みかな?最後に梅肉を。温まった梅の甘味が加わるけれど、塩気がまた増してしまった感じ^^;

訪問日 2006年9月21日
 個人的好み