11:00〜15:00 18:00〜21:00
日・祝 11:00〜15:00
定休日 月(祝日の場合は翌日)
住 所
東京都荒川区東日暮里1−1−3
最 寄 駅

東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅
都営荒川線 三ノ輪橋駅


*ラーメン屋 トイ・ボックス
日比谷線の三ノ輪駅3番出口を出たら、右側にある交差点を渡り(日光街道の向こう側へ)、すぐに右へ。1つ目の信号の所の左側。徒歩1分。

2013年12月15日OPEN。
店主は、いろんなお店で経験を積んだ山上氏。3ヶ月ほど前から、知人のラーメン店の定休日を間借りで営業していた「ラーメン屋ガイ・キッチン」(仮)」。まさか店名が「トイ・ボックス(おもちゃ箱)」とは意外です(笑) 諸事情はあれど、いい独立の機会というか転機?
店内は入って右側に券売機があり食券制。
左側が厨房で、その前にL字のカウンターで8席ほど。

【醤油ラーメン  700円】【味玉醤油ラーメン 800円】【チャーシュー醤油ラーメン 900円】に、夜の部限定で【鶏油そば 600円】に【ライス 100円】などに、夜の部限定で【鶏油そば 600円】など。

お店の公式サイトはコチラ


 

  

 

 

ラーメンを食べに来るのはすごく久しぶり^^;
中休みや営業時間後にお邪魔したりはしてるんですが。。。(^^ゞ
ミシュランのビブグルマンを2年連続で受賞したと聞いた2日後でしたが、食べに行って来ました♪

「COEDOビール」 ・・・450円
     +「味付玉子」・・・100円

「醤油ラーメン」と「味玉」と「COEDOビール伽羅」の食券を買い、「味玉をつまみで」とお願いして、まずはビールを^^
途中で山上店主から「yaeさん、まだ(作らなくていい)?」と聞かれたので、「もうちょっと」と答えて、「瑠璃」をお代わり。次から次へと入ってくるお客さん。私が「作って」と言わなかったので、結局都合伽羅2本と瑠璃1本飲んじゃいました^^;

「醤油ラーメン」・・・750円

今日は開店当初以来の「醤油ラーメン」。
当時のものとは、使う鶏を変えたり時々に微調整などを加えたというもの。
ベースとなる鶏スープの厚みを感じるダシの摂り方は変わらないけれど、醤油ダレの影響もあるかもですが味わいは大分変りましたね。うん、美味しい♪
麺は細麺。しなやかで啜り心地&喉越しのいいもの。スープとの相性も抜群です!
具は、チャーシュー2種・メンマ・白ネギ・青ネギ。しっとり&柔らかジューシーな鶏チャーシューに、脂身のない豚のチャーシューがこれまた美味しかったです^^

訪問日  2015年12月4日

3週間ほど前に「鉄腕DASH」で紹介され、まだ混んでるのかな?と思いましたが久し振りに行ってみました^^
日曜の午後2時半過ぎで並びは10名くらい。20分ほどで店内へ。
↓前回と同様に先にビールとソーキを♪と思っていたんですが、売切れ表示^^;
放映後ソーキの仕込みも出来ないくらい忙しかったんだそうで、山上店主相当お疲れの様でした^^;

「冷しラーメン」・・・750円

注文したのは「冷しラーメン」。こちらでは、お初に頂きます。
ベースのスープはデフォと同じものを使っているそうですが、香味油に煮干しを使っているそう。油が違うだけで、印象がガラッと違って感じますね。食べ始めの頃は、鶏のコラーゲン質が冷やされてトロンとしたスープで麺にも絡んで美味しいです。
具は、鶏チャーシュー・メンマ・大葉・ミョウガ・ネギ。鶏チャーシューは2枚入っていて、しっとり柔らか〜。大葉とミョウガの香味が爽やかでとてもいいアクセント^^

訪問日  2015年6月28日

 

ミシュランのビブグルマンに掲載された後、知り合いが載せた行列写真をSNSで見て、まだ混んでるかな?と思いながらも行ってみました。雨模様のお天気と寒さのせいか、待ちがなく店内へ。

「COEDO 伽羅」・・・450
      +「ソーキ」・・・300円
        +「味付玉子」・・・100円

久しぶりなので、まずはちょっと一杯^^
ソーキと味付玉子を肴にCOEDOビールの伽羅を。
ソーキはお肉がホロッと解れて、軟骨の部分も柔らか〜 味もしっかり染みてます。
味付玉子は黄身が飴色でねっとりとした食感がまた何ともいいんです。 思わずビールをお代わり(笑)  食べ応えもあり結構お腹に溜まります(^^ゞ   

「味噌ラーメン」

それでもラーメンが食べたくて、ちょっとわがままを言わせてもらって「味噌」を、かけ&麺少な目で作ってもらいました。
↓前回お邪魔した時とは、スープに使う鶏の部位をガラから丸鶏に変えたそう。味噌だったので、細かな違いは分かりずらかったので、そこら辺の確認は次回に。
スープは、まろやかな味噌の味わいに山椒のピリッとした香味や、パセリオイルの青の味わいが爽やかでとてもいいアクセント。
しなやかで啜り心地のいい麺も美味しかったです♪

訪問日  2015年2月17日

12月15日で開店1周年を迎える「トイ・ボックス」。月曜は定休な為1日早く1周年記念メニューが135食限定で提供されました。
OPENしてから1年。「東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー(TRY大賞)」で、醤油・塩・味噌・汁なしの4部門に入賞。そしてミシュランのビブグルマンでも掲載されたりと目覚しい飛躍ですね。

「一周年限定」・・・1000

朝早くから並ばれた方も多数だった様で、一度は諦めたんですが。。。途中経過を見て、もしかしたら?と行ってみました^^

限定メニューは、普段こちらで使っている会津地鶏の他、比内地鶏・多摩軍鶏・名古屋コーチンと鶏尽くしのスープ。
作る工程では、溶かしバター?と思う様な黄色い鶏油も加えられ、より鶏感満載な深みのある味わいで、美味しい!の一言。
麺は中細のストレートなもの。2杯作りの時はそうでもないですが、3杯一緒に作る時の湯切りがカッコいい!(笑)
しなやかで喉越しのいい麺で、スープとの相性が抜群!
具は、鶏と豚のチャーシュー・メンマ・ネギとシンプルなのもこちらのお店らしい盛り付け。
低温調理の鶏チャーシューはしっとりでほんのりとコショウのアクセント。豚チャーシューは最近バラからモモ肉に変えたというもので、しっとりながらも噛み締め感が楽しめて美味しかったです♪

訪問日  2014年12月14日

冷やしの提供が終わり、9月9日から味噌が復活です。以前のものは食べてないですが、味噌ダレを変えてみたそうです。

「味噌ラーメン」・・・800

サラリとしたスープ。ベースのスープは、醤油や塩と共通のものだそう。味噌ダレには3種類の味噌を使い、色んなスパイス類がブレンドされています。
味噌の旨味や甘み、そして山椒やクミンなどのスパイスが時折り顔を出します。上にかけられている緑色のものは「パセリオイル」。
独特な青の味わいがアクセントになります。
麺は中細のストレートなもの。これも醤油や塩と共通かな?
具は、チャーシュー・メンマ・ネギ・糸唐辛子。チャーシューは豚と鶏の2種類が1枚ずつ。鶏チャーシューは相変わらずしっとり&柔らかで味しい♪極太なメンマもダシの味が染みててジューシーです。

「肉飯(豚)」・・・250

ご飯ものを食べるのは初めてかな。鶏と豚があるので、豚の方にしてみました。
直前にバーナーで炙られたチャーシューは、表面はカリッと香ばしく、でも柔らか。
一口チャーシューを齧ると、ご飯が2・3口進みます(笑)

訪問日  2014年10月8日

  

「しば田」@仙川・「くじら食堂」@東小金井・「トイ・ボックス」@三ノ輪の3店舗によるコラボ企画。
各店とも共通素材として、「しば田」の鴨ガラ、「くじら食堂」の自家製麺、「トイ・ボックス」の会津地鶏を使って、それぞれの一杯を提供するというもの。8月24日〜26日までの3日間、1日ずつそれぞれのお店に店主達が揃い、120杯ずつ提供で開催されました。

 

コラボ初日から夏風邪をひいてしまい、治ってはいなかったんですが顔見せを兼ねて最終日にお邪魔して来ました^^;

昼の部
コラボラーメン・・・1000円

14時頃の到着。平日の昼間という事もあり、待つ事なく店内へ。
やっぱり夏風邪のせいで、食感は分るけど、味が全然わからず・・・せっかくなのに、勿体ない(>_<)

夜の部
コラボラーメン・・・1000円

中休みの時間、店主達や店主の友人達と店内で過ごさせてもらいました。すると、翌日分の仕込みをしているスープの香りが感じられて来た事もあり、もう一度夜の部でリベンジして食べてみよう♪と並んでみました^^

会津地鶏の鶏の味わいに、鴨ガラがいつもと違う味わいを加えていて厚みのあるスープ。醤油ダレの立たせ方もいい感じ。
「くじら食堂」の自家製麺は、下村君がしっかりと手揉みしたもので、平たくなって縮れの強いもの。啜る時に唇で麺が跳ねる感じも良く、茹で加減も丁度良く美味しい麺。
具は、鴨肉・メンマ・白ネギ・万能ネギ。鴨肉は、塩とコショウだけというシンプルな味付けですが、お肉の旨みを引き出していますね。しっとりと噛み締め感もあり、美味しかったです♪

訪問日  2014年8月26日

今週末でOPEN半年を迎えるこちら。お祝いがてら塩ラーメンを食べに^^

「塩ラーメン」・・・800

スープは、丸鶏を主に魚介などを使ったというもの。醤油の時は殆ど魚介を感じなかったんですが、塩だとほんのりと感じるかな。香味油に使っている鶏油が香り良く、存在感もありますね。塩ダレはいろいろと試行錯誤されている様で、現在は6つ目か7つ目の塩ダレだそう。今回のは、白菜とリンゴを使って旨味を出してみたんだとか。グルタミン酸とかイノシン酸とか・・・お料理も科学ですね(笑)
麺は中細のストレートなもので、啜り心地が滑らか。
具は、チャーシュー・メンマ・ネギ・糸唐辛子。しっとり柔らかな鶏チャーシューと、バターの様な味わいの豚チャーシュー。 メンマは大き目な拍子木状のもので、ダシが染みててジューシー。ただ、塩で食べるには味付けがちょっと甘いかな。

訪問日  2014年6月11日

夜の部のみですが、「鶏油そば」の提供がスタート。 単品だと600円ですが、スーパードライ・COEDO伽羅or瑠璃との50円お得なセットもあります。

「COEDO瑠璃 鶏油そばセット」
              ・・・1000

仕事終わりで行ったので、ビールとのセットで^^ COEDOは「小江戸」と呼ばれている埼玉の川越の地ビールで、種類は「伽羅・瑠璃・白・漆黒・紅赤」と日本の色をネーミングにしたものだそう。実は知らなかったです^^;
COEDOを飲んでみようとたまたま押したのが瑠璃の方のボタン。すっきりですが、芳ばしさもあって美味しいビールです♪

鶏油そばは、「ちーゆそば」ではなくて「とりあぶらそば」と読むそう。場所柄的に、分り易い様になのかな?
具は、鶏と豚のチャーシュー2種を細切りにしたもの・極太メンマ・白ネギ・青ネギ。
まず最初は軽〜く混ぜて。鶏油の香りがふわ〜っと、じゃなくてぶわっと広がります。
麺は、ラーメンとは違う太麺で、むちっとしていてコシのあるもの。麺を啜る度に香る鶏油の香りがなんとも芳醇。 。
よ〜くかき混ぜると醤油ダレの味わいもしっかりめで、ネギの香味もいいアクセントになってビールのお供にはいい感じ。
でも、個人的には少し濃かったのでスープでちょっと割ってもらいましたが、麺を食べ終えた後のドンブリの底には残ったスープが。思わずご飯をお願いしておじや風に^^

で、COEDOの瑠璃が美味しかったので、伽羅もお代わり。こちらは瑠璃とは違って、白ワインの様な軽い酸味があるもの。こちらも個性的で面白&美味しいビールでした!

訪問日  2014年1月22日

開店前のお祝いの飲み会でご一緒して、店主より「落ち着いた頃に来た方がいい」と言われてたんですが、うずうずして。。。(笑)

「味玉醤油ラーメン」・・・800
       +チャーシュー・・・200円

味玉醤油ラーメンの食券を買ったんですが、チャーシューが美味しそうだったので、追加トッピング。
スープは、「ガイ・キッチン」でも提供していた会津地鶏を使ったものかな。最初にドンブリにまるでバターを湯煎したかの様な黄色い鶏油を入れた後、醤油ダレを。
スープは注文の都度、小鍋で温め直して。
そんなスープは、醤油ダレのほんのりとした甘みを感じる優しい味わい。煮干しなどの魚介も使っているそうですが、旨みとして留めて味には感じさせないくらいに抑えてるとか。個人的には、その加減が好みです。
麺は、すずらん製麺の細麺で、麺量は160g。しなやかで啜り心地も良く、スープとの相性もいい感じ。
具は、チャーシュー・穂先メンマ・白ネギ・青ネギ・味玉。鶏チャーシューはしっとり柔らかで3枚。豚のチャーシューも、しっとり&柔らかで、お肉と脂身が一体になった様なクリーミーでコクのあるもの。決して脂っこいわけではなく、遠くにバターを思わせる様な味わい。こちらは2枚入ってます。味玉は、黄身が飴色でトロリ。穂先メンマはサクサクとした食感で味付けはちょっと濃いめだったかな。

訪問日  2013年12月21日