11:00〜15:00 17:00〜21:00
(※夜の部はしばらくお休み)
定休日 無休
住  所
東京都文京区本駒込1−1−14
最 寄 駅
地下鉄南北線  本駒込駅

*つけめん四代目 けいすけ*
本駒込の1番出口を出たら左へ曲がったすぐの左側。徒歩30秒。 2008年11月7日にOPEN。初代二代目三代目に続いての四代目。 (※ 品達では初代の味を提供)

右にスライドする引き戸を開けて店内に入ると、すぐ右側に券売機があり食券制。
奥に細長い店内になっていて、右側が厨房でその前にカウンターが12席。店頭の看板と同様に、黒を基調にゴールドとシルバーで統一かな?カウンターの天板はステンレスで照明を反射して程好い明るさ。そして、カウンター席の後ろにはダイナミックな波のうねりや海老も描かれてました。

2008年11月9日現在のメニューは【つけめん 渡り蟹の滴 850円】に味玉入り・チャーシュー盛り・全部盛りスペシャルのみ。
夜の部の営業では【焼きもりめん 伊勢海老の滴 900円】や【四代目らーめん(海老・蟹ダブルスープ) 850円】が提供予定の様でした。


 

 

 

11月22日から始まったという夜の部に行って来ました。 昼間の渡り蟹を使ったつけ麺に対して、夜の部は伊勢海老を使ったもの。「四代目らーめん」の提供はまだの様でした。

「焼きもりめん 伊勢海老の滴」
       (麺少なめで味玉) ・・・900円

山口県の下関あたりの郷土料理で、熱した瓦に茶蕎麦を乗せて食べるという「瓦そば」の中華そば版でしょうか。瓦の形のお皿から推測するに、先にスタートしたお昼のつけ麺よりも、こっちを温めてたのかな?という印象です。

まずは先に麺が。そしてつけダレ。
つけダレは、底に仕込まれている焼き石で熱しられてスープの表面がグツグツ&ボコボコしてました。昼の部の時は「渡り蟹〜」って感じでしたが、こちらは伊勢海老の効かせ方が少し柔らかい感じ?麺に油を使っているからか、つけダレ自体が気持ちライトに仕上げられているように感じました。
一旦茹で上げた麺を、油をひいた鍋で焼き目をつけたもの。茹で麺のもちっと柔らかさと、カリッと香ばしい2つの食感が楽しめます。
その食感の違いの為麺をずるずる〜っと啜る事は出来ませんが、バリバリと食べるのが面白かったです(笑)
つけダレの具は、チャーシュー・メンマ・ネギ・ナルト。 チャーシューは大きめにザクッと切られたもの。「渡り蟹の滴」ではほろっと柔らかだった印象でしたが、こちらはモモ肉かな?噛み締め感のありました。メンマも「渡り蟹の滴」では少し柔らかめだった様な気がしましたが、こちらは拍子木状のサクッとした食感のものでした。

麺を食べ終わった後はライスボールを。 前回よりもカリッと揚がってるので、崩す時に気をつけないとレンゲが滑りますが、スープに浸っても周りのカリッとした食感が最後まで楽しめます。海老ベースにカレー風味も合いますね。

訪問日  2008年12月3日

 

 

待っている間に、スタッフの方が女性や子供さんに「麺の量が多いので、少なめで頼むと味玉か海苔かメンマがトッピングできます」との案内が。 デフォでは麺が300gらしいので、少なめ+味玉で^^

「つけめん渡り蟹の滴 (麺少なめで味玉)
                  ・・・850円

まず先に麺が。屋根瓦を模した黒地の変形の平皿。つけダレが入っているドンブリは底の部分に焼き石をボコッとはめられるような造りになっているようで底の部分がとても熱々。
店内にも香ばしい蟹の香りがしてましたが、出された瞬間にもっと香ばしい蟹の香りで甲殻類好きには至福のひととき(笑)
まずは麺を。噂によると3種か4種くらいの太さの違う麺を同じ茹で時間での提供だとか。微妙な違いは気にしないと見てとれないんですが、麺の器の右下に見える2本の麺を見るとわかり易いかな。そのまんまで食べても小麦の甘い風味が感じられて美味しい麺。
つけダレは、動物系の重みが程好いベース。豚系というよりはもみじとかの鶏系をかな?表面に浮く油分もそこそこありますが、渡り蟹の味わいと殻の香ばしさがしっかりと効いていて麺との絡みもいい感じ。
つけダレの中には、拍子木切りのチャーシュー・メンマ・ネギなど。麺少なめにしてトッピングされた味玉は、程好い黄身と味加減。

こちらではスープ割りは無し。カウンターの前に食べ方の5コマ漫画が貼られてる様に、食べ終わったところで「おやじ、ライスボールだ」と告げます。するとゴルフボール大のご飯を素揚げしたものがレンゲに乗せられて提供。グチャグチャに混ぜて食べてみると・・・つけダレがほんのりとカレー風味に。ご飯の外側のカリッとした部分も中華のオコゲみたいな食感が面白く、そしてドンブリの底も見てみたくて・・・ついつい最後まで飲み干しちゃいました〜(爆)

夜の部の営業開始が楽しみです♪

訪問日  2008年11月9日