< 閉 店 >

住 所
東京都文京区湯島3−25−11
最 寄 駅
東京メトロ千代田線  湯島駅

*四川担担麺 阿吽*
湯島駅の5番出口を出て左に行き、「湯島中坂下」の信号を渡ったすぐ左側。徒歩1分。
※お店の名刺には3番出口が表記されていますが、5番出口の方がちょっとだけ近い様です。

2007年8月25日に開店で、花椒を使った四川の担担麺を提供しています。
店内は入って左側に券売機があり食券制。
L字のカウンターが10席。テーブル席も一応ありますが、状況に応じては使用しない時もあるみたいです。

メニューは、三辣か四辣が選べる【阿吽担担麺 800円】【つゆ無し担担麺 800円】【黒胡麻担担麺 900円】【担担つけ麺 900円】(五辣は+100円)。他には【浪花そば 650円】【お子様らぁ麺 (6歳以下) 350円】【酸辣油麺 900円】に、【完熟マンゴープリン400円】【絹どけ杏仁豆腐300円】など。
※2010年2月22日現在のメニューです。


某所で知った新しく出来たオークションサイト
ラーメン王小林孝充と行くラーメンツアー」というのがあり、落札出来たので参加して来ました^^
こちらはツアーの3軒目で最後のお店。
2軒目の後、170円の切符を渡されて大江戸線で移動。降りたのは「上野御徒町」。向ったのは「四川担担麺 阿吽」でした。

日曜は昼の部が15時までになったのかな?
14時過ぎの到着でまだお店の前にも待ちがありました。しばし、外の日陰で時間を潰して14時半過ぎに店内へ。店頭には「準備中」の札がかけられました。

ラーメン王小林さんや、その他の同行者も皆「つゆ無し担担麺」の麺少なめでとの事でした。が、既にお腹いっぱいな私。水本店主を知っている事もあって杏仁豆腐とマンゴープリンで冷やかそうかと同行(笑)
すると、やはり前以って「最後のお店なので、全員で一杯かも」と連絡はしてあったそうですが、色んな策略?で迎えてくれました。
全員でシェアしながら、楽しませてもらいました^^

突き出し?

包丁で叩いたキュウリを切って、豆板醤とマヨネーズを添えて、まずは辛さの序章?

裏メニュー?・・・塩味の鶏スープの冷やし麺?

夏メニューの「棒々鶏涼麺」を作る際に、鶏肉をじっくり&ゆっくり煮る時のスープをベースにしたという冷やし麺。
とろみのあるスープに、鶏の味わいと後からピリッとくるラー油の辛味がアクセント。
具のキュウリや茄子などの夏野菜に、しっとり柔らかな鶏肉も美味しい♪

「酸辣油麺」?

最初にひっくり返すと香りが際立つ?みたいな話をしていたのかな?隣りの落札者の方がひっくり返しにチャレンジ(笑) ふわっといい香りがこちらまで。
スープは酸味と辛味が程好い加減で、辛味が不得手な私でも充分美味しいと思える範疇。
酸味は、ブレンドしているそうですが黒酢の香りと味わいが個人的には一番感じたかな?コクもあって美味しいスープでした〜

特別バージョンの「担担つけ麺」

麺の方には、潰したキュウリを切ったものに、トマトとハバロネ?を使ったサルサペーストの様なものと、レモンが2切れ。
つけダレは、3辛と4辛の2種。
サルサペーストを麺に混ぜてレモンを絞っただけでも個人的にはシンプルで好きな味かも。
辛いのが不得手な私でも、3辛のつけダレはゴマのまろやかさと風味にピリッとした辛味が程好い加減。
4辛のつけダレは、ちょっと時間を置いてから辛さが口の中を襲って来ます^^;
この後、ラーメン王小林さんの発言で、3辛だったつけダレが5辛に変身(笑) 試してみた瞬間は大丈夫でしたが、時間差で強烈な辛さと山椒の刺激が。。。これがクセになったら、ハマルかも。。。(笑)

「つゆ無し担担麺」

辛さは3辛かな?
「しっかり混ぜてから」と言われた通り、同行でお初に食べる方が楽しそうに混ぜてました。
かな〜〜り久しぶりに食べましたが、麺に絡むタレや辛味はビールが欲しくなる味わいですね(笑)
山椒の個性的なピリッとした刺激感や、太麺にまとわりつく濃厚だけど後味すっきりなゴマの味わいなど・・・次回は腹ペコな時にガッツリ食べたいです^^;

「杏仁豆腐」

水本店主の目論んだメニューの他に、私が先にこの食券を。。。
ミルク感を感じる杏仁。練乳の様なふわっとした甘みがあって、ちゅるっとした杏仁がいい口直しになります。

「ラー油かけアイスクリーム」?

使っているアイスは、明治の「エッセル スーパーカップ」だとか。
他にも試してみたそうですが、水分量などの関係か・・・こちらが一番だとか。
フルーツソースの様に見えるオレンジ色のソースは、阿吽特製のラー油。
ラー油の味わいは殆ど感じられなくて、アーモンドみたいな香ばしい味わいがするのが不思議。
ウチでもアイスを買って来て、試してみます^^

そして、お土産に阿吽のラー油を頂きました^^
種類は、3辛・5辛・豆板醤・香味?と4種類あるそうですが、一番使い勝手の広い香味?を^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塩→醤油→辛味と、さすがな選択なラーメン王の小林さん。同行の落札された方も気さくな方で、気を使わずにマイペースでツアーを堪能でしました^^

ちなみに・・・ ツアーの1軒目はこちら
そして、2軒目はこちらでした^^

訪問日 2010年8月22日

 

 

 

某所で「試食員募集」の書き込みを発見。
応募してみたら、当選したので行って来ました(笑)

チーズを使った担担麺の試作(名称未定)

次回作は味噌の予定だったんですが思ってたのとは違ったとかで、別の味で閃いた?チーズ入りの担担麺も作ってみたそうな。
フライパンに山椒のオイルとニンニク、そして拍子木切りのチャーシューを入れてじっくりと炒めて。そこにスープとゴマペーストも入れて黄色とオレンジ色をしたチーズを入れて再び加熱。
器にはみじん切りのネギを敷き、麺が盛られます。そこに青菜とチャーシューが乗り、つゆ(スープ)が注がれ、自家製のラー油と山椒をパラパラと振って出来上がり。

しっかりかき混ぜて食べて下さいとの事。
見た目はしっかり担担麺ですが、イタリアンちっくな味わい。
ゴマの風味がチーズでよりまろやかになってイタリアンな味わいなんですが、後から山椒のピリッとした刺激を感じます。不思議な感覚で面白い味ですが、美味しいです(笑)
試作段階なので、つゆ(スープ)の量をもう少し多目にしようかとも考えているとか。個人的には、しっかりと麺に絡んでいてデフォの「つゆ無し担担麺」よりもつゆが多目なので、麺の持ち上げも良くて食べやすかったかな。
麺を食べ終えた後にもつゆが少し残るので、一口ライスにちょこっとスープを入れたものでリゾット風か、そのまんま一口ライスでドリア風につゆを絡めてみても美味しそうな^^

「完熟マンゴープリン」・・・400円

前回は売り切れランプが付いていた為、1年4ヶ月ぶりの再会(爆)
果肉の食感もあって、自然な甘みでまろやか〜な味わい。担担麺の〆に合います♪

訪問日 2009年3月14日

「醤油らぁ麺」・・・680円

スープのベースは豚や鶏を使ったという動物系の清湯。そして、スープ以上にこだわりを持って作っているという醤油だれ。高菜の味わいの似た「芽菜(ヤーツァイ)」の漬物もとネギも細かく刻まれて入ってます。そして仕上げに自家製のラー油と花椒が。スープを飲んでみてビックリ。何とも初めてな味わいですが個性的でとても新鮮!面白くて美味しいです♪
麺は中細のストレートなもので、スープに絡むというよりは、麺が程好くスープを吸って馴染んでいる感じ?
具は、チャーシュー・メンマ・小松菜?・ネギ。こちらのお店でチャーシューを食べるのは初めてですが、以前別の集まりの時に頂いた時は皮付きのものだったような。変えたのかな?でも、柔らかで味付けも美味しかったです。

てっきり、オーソドックスな醤油ラーメンかと思い込んでいたんですが、こちらのお店らしい新しい醤油らぁ麺で、オンリーワンな味わいの一杯でした。
ただ、作りたい新しいものがあるとかで、時期にメニューから無くなるかも・・・とか?^^;

「絹どけ杏仁豆腐」・・・300円

もう一度「完熟マンゴープリン」が食べたかったのですが、売切れランプが。でも、杏仁豆腐の方は提供されてました。
とても柔らか〜な杏仁豆腐に、シロップはさらっとした練乳のようなコクのある味わい。控えめな甘みもいい感じ。

訪問日 2009年1月3日

夜の部は貸切り。「阿吽」店主主催の忘年会に仕事の後に参加して来ました。

シュウマイ・餃子?・春巻き・フカひれ煮・茶碗蒸しの上にチャーシューとあんかけが乗ったもの・油淋鶏・牛肉の豆鼓煮・えびせん等など美味しそうなお料理が並んだそうですが、1時間半遅れだった為、殆ど食べられず。。。^^;
お腹も空いてたので「担坦麺」を作ってもらいました^^

「つゆ無し担担麺」

私が以前食べた時よりも、麺も変わったし他にもいろいろ・・・との事でしたが、前回は翡翠麺だったので麺の違いは・・・不確かです^^;
ゴマのコクや甘みとラー油のピリッとした辛味、そして花椒の独特な香りと舌に感じる痺れ感が程好く感じられます。 挽肉もたっぷり。

飲みながらだったので、詳しいレポはかけませんが・・・熱々が美味しいのは勿論ですが、冷めかけても意外といいアテとして頂いてました(^^ゞ

訪問日 2008年12月9日

 

「翡翠つゆ無し担担麺」・・・1000円
   +完熟マンゴープリン・・・450円

以前、かみ〜さんのブログできれいな緑の翡翠麺に惹かれたので行って来ました^^

1時半くらいで先客は無し。
気にせず入りました(笑)二人掛けのテーブル席に案内されました。
唐辛子マーク4つも同じ料金ですが、辛さの基準がわからないので基本のものを。何時までかは分かりませんが、お昼時にはライスのサービスもあるようです。
横長の器で盛りもきれい。
具は挽肉・干し海老の戻したもの・ほうれん草・椎茸などが入った醤?
混ぜていると、ラー油や花椒の香りがふわっと立ち昇ります。
デフォだとそれ程辛さは強くないよう。ラー油の油感が程好く、花椒が後から少しピリッと効いて、ゴマは薄いというよりも軽めって感じかな。麺と一緒に絡んでくる干し海老の香ばしさもなかなか。ただ、汁が無いので麺を持つ箸が重くて疲れました(^^ゞ
惹かれた翡翠麺は、クロレラを練りこんだものだそう。タレの味で麺自体の味は殆ど感じられませんでした。。。

今日も食後にデザートを^^ マンゴープリンは控えめな甘さの中にもほんのりとした酸味がいい感じ。ちょっとコッテリとしたものを食べた後にはいいデザートですね。最初はちょっと高いかな?と思いましたが、意外と果肉も入ってたので満足度はありました^^

訪問日 2007年11月19日
個人的好み