水・木・金 11:30〜15:30
土・日 12:00〜15:00 18:00〜21:00
定休日 月・火
住 所
東京都文京区千駄木4−21−3
最 寄 駅
千代田線・JR山手線  西日暮里駅

*神名備(かむなび)*
千代田線の西日暮里駅の1番の出口を出たら、目の前の道灌山通り沿いに左手へ行く。不忍通りに突き当たったら右に曲がり100m位行った右手。徒歩7・8分。

店内は入ったところにレジと待っている間に座れる椅子が置いてあり、その奥が一段高くなっていて厨房と席が。厨房前にカウンターが7席とその後側にテーブルが2卓。カウンター席は間隔を気持ち広めにとってあるので窮屈感が無く落ち着ける感じです。
厨房との境目の仕切りは高いので厨房内は覗けませんが、八角やクコの実や月桂樹などの香辛料が瓶に入れられて並んでいてお洒落な感じがしました。デザートの杏仁豆腐や焼き豚の味付けなどで使われているのでしょう。その脇には月ごとの炊き込みおにぎりも置いてありました。
接客もとても感じが良く、女性ひとりでも安心して気軽に入れるお店です^^

メニューは税込みで【醤油ラーメン 714円】【塩ラーメン 714円】【チャーシューメン(醤油・塩) 1050円】に季節の限定や、トッピングなど。他には【季節の炊き込みおにぎり 168円】【正式杏仁豆腐 399円】【広東式マンゴープリン 399円】。


 

何年か前「神名備そば」が提供されていた時に「残さず食べられる方だけご注文下さい」のようなニュアンスの貼り紙があったそうで、自信のなかった知り合いはラーメンを注文したんですが、美味しかったとの事でずっと気になってたメニュー。やっと行って来ました。

「塩ラーメン」・・・714円
      +正式杏仁豆腐・・・399円

繊細だった「神名備そば」とは対極のような見た目。表面の油もそこそこあって、細かく浮いてるのは背脂?青ネギもたっぷりです。
これだけのネギが乗っていてもスープネギ臭さはありません。いろ〜んな旨味が混ざり合っていて味の説明が上手く出来ませんが、塩気は丁度いい加減で、動物系は鶏がらや豚骨などよりも肉自体を使ったような深みのある味でした。
麺は黄色味のある中細のもので、ちょっとプツプツとした食感のもの。
具はチャーシュー・もやし・ネギ・揚げニンニク。チャーシューはスープに浸すとほろっと柔らか。八角やシナモンなどが効いていて独特な味わい。 もやしのシャキシャキ感もいい感じ。
麺と一緒に食べると、双方の食感の違いが何だか面白い。
スープは最初の熱々も美味しいですが、麺や具を食べ終えた頃のちょっと温くなったぐらいの方も深みが増したような感じで個人的には美味しかったです。

「正式杏仁豆腐」はメニューに「漢方の苦味がgood」と書かれているように、飲み込んだ後にほんのりとした苦味が口の中で広がります。

訪問日  2007年12月5日
個人的好み  

※2005年8月で販売終了
「神名備そば」・・・840円

麺の一本一本がきちんと見えるほど透き通ってきれいなスープ。
スープは豚ガラ・モミジ・丸鶏などを使っているそうです。何かが突出しているという事なくまろやかで上品な感じですが、しっかりとした味わいがあります。(塩味です)
麺は全卵麺だそうで、細めのストレート。茹で加減は硬めでした。
具はチャーシュー・卵の巻き物・かいわれ。
チャーシューは煮てあるのではなく焼き豚だそうです。薄味ながら噛むほどに肉自体の味わいが感じられて美味しい。巻き物はかまぼこみたいな食感で、間に巻いてあるシソの風味がほのかにしていい感じ。

最近はラーメン(醤油・塩)も人気だそうで、スープ・麺・チャーシュー(煮豚)も違うものを使っているとの事。そちらも食べてみたいと思いました。

訪問日  2004年9月3日
個人的好み