< 閉 店 >

住 所
東京都文京区小石川5−34−6
             シャルマン小石川1F
最 寄 駅
東京メトロ丸の内線  茗荷谷駅

*麺処 きせき*
丸の内線茗荷谷駅1番出口を出たら、目の前の信号を渡って左へ。交番の手前の道を右に曲がってずっと真っ直ぐ。2つ目の信号を右に曲がって少し行った先左側。徒歩5・6分。

2008年5月27日OPEN。
「ら〜めん 台風」の場所で夜の部に営業しています。店主は恵比寿や水道橋にあるお店にも居た事があるそうで、直近では「」に。「」では定休日に「英喜屋」としても営業されていました。
店内は入って右側に券売機。券売機には「台風」のメニューが並んでいるので、その上にあるメニュー表に買い方の説明が書かれています。券売機の奥には給水器が置いてあってお水はセルフ。コの字型のカウンターですが、座るのはL字部分のみで8席くらいかな?

メニューは【らーめん(塩・醤油) 700円】【つけめん(塩・醤油) 800円】【和えめん 700円】の他【まぜつけめん(塩・醤油)】や【柚子冷しらーめん(塩・醤油)】などの他、【カレー味噌】などのトッピング類も。


「らーめん(塩)」・・・700円

スープは、鶏がらをベースに鰹節や鯖節・煮干しなどを使ったものだそう。
すっきりとしていて、中でも鰹節の味わいがキリッと効いていたかな。塩梅も程好くて美味しいスープ。
麺は中細のもの。茹で加減はちょっと硬めで麺自体を楽しむにはいいけれど、このスープにはもう少し柔らかい方が合いそうな気も。
具は、チャーシュー・メンマ・水菜・海苔・細切りのネギと刻みネギ。チャーシューはバラ肉のものと肩ロースと2種類。バラ肉の脂身はちょっと不得手だったりするんですが、とろける脂身ではなくてサクッとしていてお肉部分にも噛み応えが残っていてコレなら好み。肩ロースのチャーシューも噛み締め感を楽しめて美味しかった♪

「和え麺(塩)」・・・700円

続いて・・・「和え麺」も塩で。油そばではなくて、タレを絡めて食べるタイプ。
塩ダレは「らーめん」と同じものかな?
麺は「らーめん」とは違って、中太の平打ちのもので塩ダレとの絡みもいい感じ。そして、結構ボリュームもありますね。
具のチャーシュー・メンマ・水菜・ネギは「らーめん」と共通。海苔は刻み海苔で、揚げニンニクが入ってます。2杯目でもどちらのチャーシューも好みの食感なせいか美味しいし、揚げニンニクの香味が時折り感じられていいアクセントでした。
この和え麺はビールを飲みながらが良さそうです(笑)

訪問日 2008年6月23日