11:00〜15:00 17:00〜22:00
土・祝 11:00〜20:00
定休日 日

住 所
東京都千代田区神田須田町2−15−3
最 寄 駅
都営新宿線  岩本町駅
JR・東京メトロ日比谷線・TX  秋葉原駅 他

*あたりや食堂*
岩本町からが近いですが、秋葉原駅から行きました。
JR秋葉原駅の中央口改札を出たら右側から駅構内を出て真っ直ぐ。突き当りの信号を渡って右へ行き、30mくらい先の左側の細い路地を曲がる。神田川を渡って階段を降りたら左へ曲がり、少し行った先の右側。徒歩5分位。

2011年7月21日OPEN。
「雷々麺とらーめん」という冠が付いてます。その「雷々麺」というのは、お店にあった案内によると。。。
昭和23年に宮崎県の都城市で、こちらのご店主の祖父が発案したという、うどんに野菜の餡をかけたというもの。それを父がが九州名産の豚肉やさつま揚げ、チャンポン麺などを取り入れてピり辛の「雷々麺」 が誕生したそうで、創業63年目で三代目なんだそう。
店内は入って右側に4人掛けのテーブル席が1卓。そしてその奥の右側に厨房があり、その前にカウンターで11席ほどで 後会計制。

メニューは【雷々麺 700円】【ラーメン 650円】【雷々飯 700円】に【ライス200円 小100円】と、トッピングで【チャーシュー200円】【ねぎ100円】【もやし100円】【オムレツ250円】に、15時からのメニューで【餃子400円】【つまみチャーシュー350円】【さつま揚げ300円】など。


ラーメンバンクの「山手線新ご当地ラーメン決定戦」で提供しているメニュー。こちらも気になったので、仕事の後に^^

2013/5/10〜8/31
「アキバカレーラーメン」・・・900円

秋葉原エリアはカレー激戦区だそうで、今回のご当地ラーメンのテーマにしたそうな。
提供時に「よくかき混ぜて食べて下さい」との事。 なのでしっかり混ぜます(笑)
食欲を掻き立てるカレーの香りが立ち込めます。
カレーは、ラーメンで提供している鶏白湯をベースに、宮崎和牛などを使ったものだそう。
辛さ的にはかなり控えめですが、色んな香辛料の味わいとスパイシーさ、そして牛の旨みもしっかり。そして鶏白湯がまろやかさを出しています。
麺は「雷々麺」と同じく中太のチャンポン麺。
ルーが多めなので、たっぷりと麺に絡んで美味しい^^ 
具は、ブロック状の牛肉・白髪ネギ・糸唐辛子。牛肉はほろりと柔らかで6・7切れくらい入ってるかな。  食べてる途中で、ルーが残りそうだったので「小ライス」を追加。

「小ライス」・・・100円

残ったルーと残しておいたお肉を乗せてビーフカレーライスに。麺とご飯で2度楽しめます^^

訪問日 2013年6月7日

「雷々麺」・・・700円

「雷々麺」を注文すると、「スープの入らない餡かけが乗るものですが大丈夫ですか?」とのアナウンス。 提供時も、「よく混ぜてお召し上がり下さい」」との言葉も。

ドンブリににはすり鉢が使われてるんですね。まずは言われた通りに全体をよ〜く掻き混ぜてみると、多過ぎず少な過ぎず丁度いい感じに麺全体に餡が絡みました。
そんな麺を啜ってみると・・・餡はニンニクの香ばしくちょこっとジャンキーな感じに、ピリッとした辛味が効いてます。ベースはお醤油味で、甘みはほんのりと。
チャンポン麺を使ったという麺は、茹であがったそのまんまの熱い麺を使っていて、気持ち柔らかでもちっとしている食感も良く、餡との相性も良くて、個人的にはかなりツボな一杯。
餡の具には、挽肉・玉ネギ・白菜?・ニラ・さつま揚げが。

メニューには「雷々飯」というのもある様に、この餡の味わいは麺だけでなくご飯にも合いそうです。

訪問日 2011年8月23日