< 閉 店 >
住 所
東京都千代田区永田町2−13−10
            プレデンシャルタワー1F
最 寄 駅
東京メトロ銀座線 赤坂見附 ・半蔵門線 永田町

*洋食 とんかつ フリッツ*
銀座線の赤坂見附駅から行きました。
「ベルビー赤坂口」を出たら右前方の信号を渡って右へ。正面の「赤坂エクセル東急」の2つ先のビルのプレデンシャルタワーの1F。ビル入口から入るのではなく右手奥の方の広場を進んだところの左手。徒歩3・4分。

同じく赤坂にある、「旬香亭」という箸で気軽にフレンチをというコンセプトのお店の系列になるのでしょうか?洋食やとんかつを扱うお店だったんですが、シェフの方がラーメン好きなんだそうで「支那そば」を提供する様になったのだそう。
店内は少し重い右へスライドする引き戸を開けると、左側に厨房がありその前にカウンターが6席。テーブル席は二人掛けの可動式のもので20席ほど。

麺のメニューは【支那そば(塩・しょうゆ) 800円】に【支那かけそば(塩・しょうゆ) 650円】で+350円でミニカレーセットに出来、スタンダードなカレーかキーマカレーが選べます。


店内の案内によると、昔から洋食屋は、洋食と中華の両方を看板に掲げるお店が多くあったとか。常連さんの「昔懐かしいラーメン」とのリクエストに応えてメニューに載せるようになったそうな。

「支那そば 塩」・・・800円

スープは、麺の1本1本が見える透き通ったもの。伊達鶏・三元豚・黒豚等のガラと野菜を使ったものだそうで、あっさりですがじんわりとした旨味があり、生姜の香味が効いています。
麺は中細の緩〜いウェーブのあるもので、するする〜っと啜り心地のいいもの。
具は、チャーシュー・メンマ・ナルト・海苔・ネギ&カイワレ・味玉半分・その上に柚子皮が。
チャーシューは薄めのスライスですが中ぶりのものが3枚。部位はロースかな?脂身がきれいに取り除かれていて、すっきりの塩味スープともいい感じ。メンマも味付け薄めで歯ごたえを楽しめるものでした。
柚子皮もスープに浸すと後半ほんのりと香りも良く、最後まで楽々とスープも飲み干せちゃいました^^

次回はミニのキーマカレーとしょうゆ味のセットで堪能してみたいと思います〜♪

訪問日 2010年1月14日