< 閉 店 >

住 所
東京都千代田区有楽町1-10-1
            有楽町ビルヂングB1F
最 寄 駅
JR山手線他  有楽町駅

*ラーメン 中本*
JR有楽町駅の日比谷口を出たら、目の前の信号を渡った正面にある「有楽町ビルヂング」の地下1階にある飲食街の中。徒歩1分。

創業が1952年(昭和27年)というお店。
周りの飲食店舗がリニューアルしたり、比較的新しめに感じる中、ここだけは昭和の雰囲気が漂ってます。
入口脇には券売機があり食券制。右側に厨房があり、その前にカウンターがありますが席は4つほど。左側に4人掛けと2人掛けのテーブルが8卓。お冷は紙

メニューは【ラーメン 680円】【盛り合わせ 780円】【野菜ラーメン 830円】【チャーシューメン 990円】【ゆで卵ラーメン 710円】【なま卵ラーメン 710円】【みそラーメン 830円】【みそ盛り合わせ 940円】【みそ野菜ラーメン 980円】【みそチャーシューメン 1140円】で、小盛が60円引き、大盛がプラス120円。 


FaceBookで見かけた大崎さんのレポ。
60年続いたお店が、今年の11月21日で閉店となってしまうんだそう。
見た目的にも、チャーシューの感じと三つ葉に惹かれた事もあり、食べておきたい!と行って来ました。

「みそラーメン」・・・830円

すぐ傍の通路を行き交う人が多い中、一歩店内に入るとゆったりと時間が流れてます。 

注文したのは「みそラーメン」。
スープは、牛骨や鶏を使ったものだそう。「みそラーメン」でもベースは醤油味で、その上に自家製みそダレが乗り、それをスープに溶きながら食べるという個性的なもの。
そんなスープはとてもサラッとしたもの。醤油の味わいと、既に少し溶け出しているみそダレが混ざり合い、あっさりながらも美味しい。
麺は、黄色味のある太麺で、サラッとしているスープでも違和感は感じないですね。
具は、チャーシュー・ゆで卵・メンマ・ネギ・三つ葉・自家製みそダレ。
自家製のみそダレは、小さな賽の目切りのチャーシュー・挽肉・玉ネギ・ニンジンを野菜がクタッとなるくらい煮込んだものかな?溶きながら食べ進むと、野菜やお肉の旨みが詰まった味噌ダレの味わいが何とも絶妙に変化して行きます。深みやコク・香味・甘味など色んな味の幅が感じられて美味しい♪
チャーシューは程よくしっとりでしっかりとした噛み締め感が楽しめるもの。3枚入っているので食べ応えがあります。味付けされていない茹で卵は、意外にも素朴に白身と黄身の味わいが感じられて美味しかったです^^

訪問日 2013年10月2日