< 閉 店 >
住 所
東京都千代田区内神田1−16−2
最 寄 駅
JR・東京メトロ銀座線  神田駅 他

*南蛮麺処 NOCCHI
JR神田駅の西口を出たら、目の前の「西口商店街」をずっと真っ直ぐ進んで商店街を抜ける。「外堀通り」も渡って少し行った先の右側。徒歩7・8分。

2008年9月17日OPEN。 噂によると【名古屋発祥の台湾ラーメンを、ドイツで南蛮風に改良して東京に逆輸入】とか?
店内は、入って左側に券売機があり食券制。左側が厨房でその前にカウンターが8席と、その後ろにテーブル席が2卓。
提供の一品料理が書かれたボードもあったりで、夜はお酒も楽しめるようです。

メニューは【南蛮クークー麺 750円】【南蛮カレー麺 750円】【焦がし香りしょうゆ 800円】【旨味香りみそ 800円】などの他、味玉増しのメニューに、トッピングで野菜増しや肉増しなども。


 

 

 

最近は・・・辛いのはあまり得意ではないんですが、何だか惹かれてしまったので行って来ました。

「南蛮クークー麺」・・・750円

既に限定メニューなどもやっているみたいで「ベジクークー麺」という、オクラやトマトなどの入っていてアロエ麺というのも気になりましたが、最初の見た目に惹かれた「南蛮クークー麺」を辛さ控えめでお願いしました。

ピークを過ぎた時間だった為、先客なしでテーブル席に案内されました。なので詳しくはわかりませんが、音から判断すると・・・中華鍋で野菜や豚バラ肉を炒めてスープを入れてという方式かな?
スープは醤油味で、動物系は豚骨かな?野菜や豚バラの旨味に、具としてちょこっと入ってるアサリのダシ感も。控えめにした辛さは個人的にはちょい辛くらいで丁度いい感じ。
麺は、北海道の西山製麺に特注したらしい細麺。縮れも強くて茹で加減はやや固めな具合。
具はキャベツ・ニラ・もやし・ネギ・豚バラ・アサリの剥き身。
目新しいラーメンの筈なんですが、何だかとても馴染んじゃう味わい。敢えて例えるなら・・・袋麺のチャルメラを思い出すような? 結構好きな味だったりします^^

そして、14時過ぎに来店した女性客にはデザートのサービスが。
ライチ味の寒天ゼリー?甘みも控えめで、しっかりとプルンとした食感でした。

訪問日 2008年10月29日