11:00〜15:00 17:00〜21:30
定休日 土・日・祝

住 所
東京都千代田区内神田1-2-14
最 寄 駅
JR・東京メトロ銀座線  神田駅

*巴家
JR神田駅の西口を出たら、目の前の「西口商店街」をずっと真っ直ぐ進んで商店街を抜ける。「外堀通り」に突き当たるので、信号を渡り更に真っ直ぐ。日比谷通り?に突き当たる2本手前の道を左に曲がって100m行った先の右側。徒歩10分くらい。

創業は大正8年との事。西暦だと1919年だから、もう90年以上の歴史があるんですね。途中、震災やら戦争などもあったので、現在の店舗になったのは昭和の中頃以降でしょうか?入り口脇にはメニューが並んだショーウィンドウが。店内は4人掛けのテーブル席のみで8卓。後会計制です。

メニューは【らーめん 450円】【わんたん 450円】【わんたんめん 650円】【ちゃしうめん 700円】【ちゃしうわんたんめん 750円】【五目そば 700円】【五目わんたん 700円】【巴そば 700円】【かにたまそば 800円】などなどに、【チャーハン 550円】【中か丼 600円】【天津丼 800円】【カツ丼 750円】【すぶた丼 1000円】など。
他には【本日のサービスセット】が3種類で各800円で提供されています。


 

 

 

 

無性に昔ながらのラーメンが食べたくなって神田へ。メニューの「ちゃしうめん」の表記にも年代が感じられたりして。

本日のサービスセット
Aセット
「ラーメン・半チャーハン・焼売3個」
                 ・・・800円

この日のサービスセットは
Aセット:ラーメン・半チャーハン・焼売3個
Bセット:担々麺・半ライス・焼売2個
Cセット:五目そば・半チャーハン

醤油ラーメン+半チャーハンか、タンメン+餃子のセットが食べたかったので、Aセットを^^

店内ではテレビで相撲中継。奥にある厨房から中華鍋を振るう音が聞こえてきて何とも長閑で落ち着く雰囲気です。
先にラーメンと漬物、そしてすぐに半チャーハンと焼売が。
ラーメンのスープは豚や鶏などの動物系が主体で後は野菜類でしょうか。あっさりながらもじんわりとした味わいに、醤油ダレのバランスも良く、ついつい飲み進んじゃいます。
麺は中くらいのストレートなもの。
具は、チャーシュー2枚・メンマ・ネギとシンプル。チャーシューはモモ肉かな。しっかりめな噛み締め感が楽しめます。

半チャーハンは、お茶碗で提供。細かなチャーシューと卵とグリンピース入り。ラーメンのスープがとてもいいお供です。
焼売は蒸したてアツアツ。そのまんまで1個、辛子と醤油で2個食べました。 添えられた漬物はタクアンとキャベツの浅漬けで、箸休め&食感のいいアクセントでした^^

訪問日 2013年1月24日