月〜土 11:00〜 18:00〜
祝 日 11:00〜 16:00〜
(スープ無くなり次第終了)
定休日 日曜

住 所
東京都千代田区平河町1−4−11 原田ビル1F
最 寄 駅
地下鉄半蔵門線・南北線 永田町駅
地下鉄有楽町線 麹町駅

*めん徳 二代目 つじ田*
永田町駅の出口5番の方向へ向かい、途中左手に飲食店が何軒か並んでいる方へ行くと「9b」の出口がある。その出口を出て真っ直ぐ進むと「紀尾井町」の交差店があるので、その右手前。徒歩2・3分。
店構えはとてもシンプルで雰囲気があり、このお店を目指して来なければラーメン屋さんとはわからないかも・・・

訪問時間は12時を少し回った頃で行列は10人程だった。外にメニューが置いてあるので、待っているあいだに注文をするシステムのようだ。
店内はカウンターのみで8席。並んでいた場所の近くに換気口があって、待っている間から期待が広がる。店内に入るともっと魚介系の香りが立ち込めていて、早く食べたい気持ちにさせられるお店でした。

メニューは らーめん680円・二代目らーめん880円・つけめん750円・二代目つけめん950円。


「二代目らーめん」・・・880円

魚介系と豚骨の髄などから取ったというスープは、とても魚介系の味わいが深く濃厚で表面に膜が張るほどだ。節粉も入っているようで若干ざらっとした感じもあるが気にならないくらい。
麺はカネジンのもので、中位の太さでほぼストレートなもの。茹で加減も良く麺自体の味も美味しい。
具はチャーシュー2枚・半熟味玉1個・ネギ・海苔・メンマ。チャーシューは箸で持つと崩れるけれど、溶けるほどではなく好みの食感。味玉の半熟加減も絶妙で味付けも濃すぎず丁度良かった。
卓上に置いてある「黒七味」。入れなくても最後まで飽きが来ないけれど、入れてみると一味変わりその味わいもナカナカなものでした。

訪問日 2004年1月7日
個人的好み