< 閉 店 >

住 所
東京都江戸川区松島1−42−15
最 寄 駅
JR総武線他 新小岩駅

*麺工房 長谷川
新小岩駅の南口を出たら左斜めにある歩道橋を昇り、「平和橋通り」を左に見たまま向こう側へ降りる。そのまま「平和橋通り」を左に見たままひたすらず〜〜っと進み、「千葉街道」も過ぎて左側に江戸川区役所が見えたら、少し先の右側。
→の様に黄色いテントが目印。通りすぎて振り返ると、かろじてこんな看板が見えます。 徒歩17・8分。

2007年9月に開店したお店で、 店主は「麺や多久味」 の出身だそうで、とてもお若い方。
上部の黄色いテントのせいか、遠目にはやぼったい感じの外観に見えますが、実は近くから見ると今時っぽくシンプルでお洒落な雰囲気。店内は白・黒・ブラウンの木目と色調を抑えてあり、 足乗せ付きのスタイリッシュな椅子が意外といい座り心地。入口脇には重ねられた麺箱の上に「営業中」の札が置かれてました。席はカウンターのみで8席ほど。

メニューは【つけ麺 しょうゆ味 750円】【つけ麺 しお味 750円】【らー麺 しょうゆ味 700円】【らー麺 しお味 700円】で、ちゃーしゅう2枚・玉子・海苔付きの特製が250円増し。 他は、のせものとして【玉子100円】【メンマ150円】【ちゃーしゅう(3枚)300円】【山菜くらげ100円】。


↑クリックすると近くから見たお店の
外観に変わります。

醤油と塩ではスープや具も全然違ったものの様です。いろんなサイトで画像を見ましたが素直に惹きを感じた「しお」にしてみました^^

「らー麺 しお味」・・・700円

ドンブリはちょっと背が高めで底が狭くなっているもの。
スープは、節系や煮干ではなくて昆布や貝柱とかかな?そんな感じの味がベースにありながらも、鶏の味が際立っています。若干塩気が好み的には強めですが、逆にその加減のせいなのか旨味がしっかりしながらもキレも良くてスープが旨い。
麺は大成食品なのかな?置かれていた麺箱に社名が入っていました。ストレートの中太麺で、いい具合にスープも吸っていてもちっとした食感も美味しい。
具は、鶏チャーシュー・山くらげ・水菜・糸唐辛子。鶏チャーシューは2枚。モモ肉の部分も柔らかで美味しいけれど、皮目の部分が香ばしくて深い味わい。山くらげは結構量が多めかな。味というよりはコリコリとした食感がいい感じ。

2軒目じゃなければ、しょうゆ味も食べてみたいと思わせるくらい美味しかったです♪

訪問日 2007年12月17日
 個人的好み