< 閉 店 >

住 所
東京都福生市福生1043−1
最 寄 駅
JR青梅線 福生駅

*らーめん 雫*
福生駅西口に出て右側の階段を降りる。メガネ屋さんの先の道を鋭角に左に曲がってその先を右に曲がった左側。徒歩2分位。

2005年6月に開店したお店です。
かなり気になっていたお店だったので、それなりに早起きできたので頑張って行って来ました^^
ご店主は各地を食べ歩き、独学で始められたそうです。お店自体もご自分で手掛けられたそうな。和風な感じの店構えで、店内も落ち着いた雰囲気でL字のカウンター席のみで8席ほど。BGMにはオルゴールを使ったりと、こだわりとセンスの良さを感じました。

メニューは【らーめん 650円】と1種類だけですが、火・木・土が醤油味の【鶏と魚介の雫】、水・金が塩味の【鶏の雫】と曜日によって変ります。トッピングは【味付け玉子100円】【鶏チャーシュー150円】。ご飯物は鶏肉を混ぜ込んだご飯を春巻の皮に包んで揚げた【肉飯のパリパリ揚げ 250円】とデザートの【バモチョ 100円】。バモチョはバナナとお餅とチョコを春巻の皮で包んで揚げたものに粉糖のかかったものだそうです。

※雨の日は暖簾を外に出さない時もあるみたい


1軒目で羽村まで来たので、2軒目は食べたいとは思いながらも、立川から先って遠くに思えてなかなか足の向かなかった隣駅のこちらへ^^ 
「鶏と魚介の雫」・・・650円

出来れば「鶏の雫」が食べたかったのですが、火曜だったので「鶏と魚介の雫」でした。

2年ぶりですが、かなり変わりましたね〜
以前は節系の魚介だったように記憶してたんですが、海老の味と香りがかなり強く出ていてとても個性的な味になっています。ベースの鶏もしっかりと出ていてスープがとろっとして濃厚な味わい。美味しいです^^
スモークされた鶏のチャーシューも柔らかで旨味もあるし、メンマもコリコリと食感が良くて気持ち多めに入ってるのが嬉しい。

ついつい箸とレンゲを持つ手が止まらずに、こちらもスープまで飲み干してしまいました(^^ゞ

訪問日 2007年7月31日
個人的好み  

「鶏と魚介の雫」・・・650円
       鶏チャーシュー・・・150円

「鶏の雫」が美味しかったので、是非こちらも食べてみたいと再訪。もちろん美味しかった鶏チャーシューもトッピング。
スープは寸胴ではなくてホーローの容器から注文の都度小鍋に移して温められます。「鶏の雫」よりもライトな鶏スープに魚介系がしっかりと効いていて、なかなか濃厚で味わい。
具は「鶏の雫」と同じで鶏チャーシュー・メンマ・青ネギ。今日は鶏チャーシューに少し赤い所があったのが少し気になったけれど、柔らかくスモークの風味が美味しい。

麺は製麺会社から直接配達されるのではなくて、クール便などで届けられているようです。ご主人は茹でる前の麺を揉む時や茹でてる時、妹さん?はスープに入れた麺を解している時に変だなと思ったようで。。。どうやら見た目には同じ様だけど違う麺が届いていたみたいで、当然ですがそちらにかなり気を取られている様子でした。もちっとしているというよりは弾力の強い麺で、それはそれなりにスープによく絡んで美味しかったですが^^

こちらの方がはっきりしているというか、わかりやすい味かな?でも、個人的には「鶏の雫」の方が好み。

訪問日 2005年9月6日
個人的好み  

「鶏の雫」・・・650円
       鶏チャーシュー・・・150円

今日の「らーめん」は水曜だったので塩味の「鶏の雫」でした。
スープは乳黄色をした鶏白湯。無化調だそうで、鶏の旨味もしっかりとあり、香味野菜なのかな?何となく洋風っぽい感じの味わいもします。濃厚ながらくどさは無く、ポタージュみたいにとろっとしたスープでとても美味しい。
麺は縮れのある太麺で、スープも良く絡みもちっとした食感で存在感があります。
具は鶏チャーシュー・メンマ・青ネギ。鶏チャーシューは皮や脂身を除いたものを巻いてスモークしたもので、風味も良く柔らかでホロッと崩れる感じ。メンマは食感もしっかり残っていてスープを邪魔しない薄めの味付け。青ネギも小口と斜めと2種の切り方で見た目にも新鮮な感じ。
とても満足な一杯でした♪今度は【鶏と魚介の雫】も試してみたいですが・・・福生は遠かった^^;

訪問日 2005年8月10日
個人的好み