11:30〜14:30 18:00〜21:00
土 11:30〜スープ切れ終了
定休日 月
住 所
東京都板橋区坂下2−16−11
最 寄 駅
都営三田線  蓮根駅

*らあめん 元 〜HAJIME〜*

都営三田線の蓮根駅の改札を出たら、右側に出てすぐの信号を渡ってそのまま真っ直ぐ行った先の右側。徒歩1分弱。

本日2009年5月14日OPEN。
店主の内田氏は、高島平で「つけめや 元(GEN)」を営業されていた方で、朝霞台の「一本気」(現在はみずほ台)にいらしたとか。 1年半の食べ歩きの勉強?を経て再びお店を構えられました。店名は同じ「元」という漢字ながら読み方を「はじめ」と改めた様です。
店内は入って左手に券売機があり食券制。L字のカウンターのみで9席くらい。
奥に長い造りになっていて、厨房とカウンターの距離が妙に近いです(笑)

スタートメニューは【特塩らあめん 950円】【塩らあめん 750円】【味玉塩らあめん 850円】【焼豚塩らあめん 950円】【特塩つけ麺 1000円】【塩つけ麺 800円】【味玉塩つけ麺 900円】【焼豚塩つけ麺 1000円】【濃厚鶏ポタつけ麺 900円】にトッピングで【鶏つみれ150円】【味玉100円】【焼豚200円】【イベリコ焼豚450円】と、ご飯もので【イベリコ丼450円】【焼豚丼250円】【つみれ丼250円】【玉子かけご飯200円】など。


2週間ほど前に某所で見かけた内田店主の日記。元祖ニュータンタンメン本舗系(写真は草加店。本場は川崎あたり?)の系をやってみようかな?というもの。これは好物なので、今日から始まると知り仕事の後に速攻お邪魔して来ました^^

2012年1月17日〜20日 夜限定メニュー
「ニュータンタンメン本舗風
      新・タンタンメン」・・・700円
          +「ライス」・・・100円

いつもとは違ったニンニク香る店内。
中華鍋でスープを温めるにつれその香りが強くなって食欲をそそります(笑)
スープのベースは鶏ガラとかかな?あっさり清湯に少し強めの塩梅とニンニクの香味。そして、ふわっふわの溶き卵と挽肉と唐辛子。
これぞまさしく川崎方面のご当地?ニュータンタンメンですね〜。
麺はこの限定の為に頼んだという太麺。 草加店蒲田店などで食べたものよりも、高円寺のAKATONBOに近いもちっと滑らかな食感で美味しかったです♪
具は、挽肉・ニンニク・唐辛子・溶き卵・白菜。挽肉は元祖のパラパラとしてボソッとしたのではなく、ふわっと柔らかでちょっと上品な感じ?麺を食べ終えた後は、ご飯で〆〜
元祖ニュータンタンメン本舗には「タンタンクッパ」というメニューがあって、以前から試してみたかったんです。スープの底に沈んだ挽肉やニンニク片や溶き卵を残す事なく食べ切れて、尚且つ最後まで堪能できるアイテムです(笑)

「なめらかクリーミープリン」・・・100円

そして、↓前回も頂いた「板橋のいっぴん」に選ばれたという「エファール河村屋」さんのプリンを^^
ちょっとしたフルコース気分が楽しめました〜(笑)

訪問日 2012年1月17日

 

 

 

 

 

一つ隣駅の西台でプロデュースをし9月にOPENした「じもと」。そちらでは牛骨を使ったものでしたが・・・本家?の限定では牛肉を使用との事。興味深々で行って来ました♪

携帯サイト「超らーめんナビ」限定
2011年10月16日〜11月15日
「肉ダシ牛らあめん」・・・900円

ラーメンにご飯もセットで提供されました。
スープは、牛肉を煮だしたものに豚のスープを少し加えたものだそうな。 その牛肉をしぐれ煮にしたものが、麺&ご飯にトッピングされています。

まずはラーメンの方。
具は、牛のしぐれ煮・玉ネギを牛脂で揚げたもの・チャーシュー・青ネギにドンブリの渕にレモンが添えられます。チャーシューは肩ロースの部位でホロッと柔らかで、薄味ですが旨味があります。牛のしぐれ煮は甘辛でちょこっと大き目に切られた生姜の香味と食感がいいアクセント。揚げ玉ネギは衣をまとっているのかな?玉ネギの甘さと脂のコクがいい感じ。
麺は平打ちのもので、コシもあって滑らかな啜り心地。
そしてスープは、いろんな味わいが楽しめるんです♪ 私が試してみた一例を・・・(笑)
その@・・・まずは端っこの方から飲んでみると、あっさりとしながらも牛特有の味わいと旨みが感じられ塩梅もいいですね。
そのA・・・牛のしぐれ煮と揚げ玉ネギの部分をそれぞれ少しずつ突きながら各所の周りの味移りを楽しむ。
そのB・・・↑を両方混ぜ合わせて。
そのC・・・そして、一味唐辛子を入れて辛味をプラス。
※ココまでは、ご飯をそのまんまで並行して食べ、Cを味わった後、麺が残っててもスープをご飯へ投入〜
そのD・・・軽くレモンを絞って酸味をプラスして残りの麺を食べ切ります。
そのE・・・Dのレモンで少しさっぱりとした後にスープ入りご飯を。ご飯の上のしぐれ煮を解すと再び甘辛で濃い牛の味が楽しめるので、一気に食べ切って下さい(笑)。
そのF・・・ラーメンの方に入ってるレモンを再びお箸で突ついて。爽やかな酸味がプラスされて、口直し&〆にピッタリです^^

「なめらかクリーミープリン」・・・100円

板橋のいっぴん」に選ばれたという「エファール河村屋」さんのプリンです。
ネーミングの通り滑らかで、甘さも程よくカラメルのビターな感じが美味しかったです♪

訪問日 2011年10月18日

五十六」の後、予定してたお店もあったんですが、何となく気分で変更^^;
限定15食の冷やしがあればソレもいいし、無くても塩でも醤油でもいいや〜って思えるお店だったので^^

「味玉塩らあめん」・・・850円
         +鶏つみれ・・・150円

夕方の部の開店12・3分前に到着でシャッター。5分後くらいに声を掛けられ、顔を上げると大崎さんが。しばし歓談の後、開店となり店内へ。
結局、1年以上前にも頼んだ味玉+鶏つみれのボタンを押してました(^^ゞ
開店当初は、以前修行をされていた「「一本気」を思わせるほうれん草の海苔巻きが乗っていましたが。。。大分前から省略?されたみたいですね。
開店初日にお邪魔したせいもあって、比較は出来ませんが。。。。全然違った印象で面白かったです^^
以前は、モミジと鶏がら(だったかな)???の2種類だったそうですが、油分も極力控えて鶏の手羽元も加えて鶏の肉の味わいを出してみたんだそうな。秋刀魚節はほんのりとしたアクセントというかバランスを取る程度の効き具合?何となく鶏以外の味わいもちょこっとするかな〜?って感じるくらいです。
チャーシューのサクッとする食感と甘みもいい感じ。ホロホロと柔らかな鶏つみれは旨味がじゅわ〜っと広がります♪

訪問日 2010年7月8日

今日は新店ラッシュ? 他にも、伊藤@赤羽や西尾中華そば@駒込など開店するお店が。
丁度休みという事もあり、個人的に気になっていたので今日はココ!って決めてました(笑)

「味玉塩らあめん」・・・850円
         +鶏つみれ・・・150円

券売機の左上には「特塩らあめん」がありましたが、「味玉らあめん」に「一本気」出身ならではの「鶏つみれ」のトッピングを見つけたのでソレも^^
スープは、鶏をベースに秋刀魚節などを使ったもの。他には、昆布や玉ネギ・生姜なども使っているそう。
若干香味油の層が厚めかな。スープは秋刀魚の味はあまり感じなかったけど、鶏と野菜や昆布などの旨味がとてもしっかりと感じられるものでした。塩梅もキリッとはっきりめ。
麺は三河屋製麺の細麺ストレート。ドンブリが円錐形で底が細い為か、麺の持ち上げがし難くてちょっと食べづらかったですが、茹で加減はいい感じ。
具は、チャーシュー・ほうれん草の海苔巻き・姫タケノコ・青ネギ・鶏つみれ・味玉。混んでいたので味玉は入れ忘れたのか別皿になりました。姫タケノコはやや甘辛さが強かったかな。ほうれん草の海苔巻きは食べ進むうちに崩れて麺やスープと一緒に味わいました。鶏つみれは、生姜が効いていて粗挽きの食感が楽しめて美味しかったです^^

訪問日 2009年5月14日