11:30〜14:30 17:00〜22:00
定休日  日

住 所
東京都板橋区板橋3−34−12
最 寄 駅
都営三田線 新板橋駅

*栄児家庭料理*
新板橋駅A3の出口を出たら、左側に通ってる中仙道を渡って左へ(中仙道を左に見ながら)進む。1つ目の信号を右へ曲がり、次の「板橋4丁目」の信号で左へ。1つ目の信号の左向こう側。徒歩5分位。

ラーメン屋さんではなく中国四川の家庭料理のお店で、オーナーやコックさんは中国出身の方です。
店内は明るく、大きさの異なったテーブルが4卓置いてあり、20席ほど。

お昼のメニューは【担々麺 800円】【汁なし担々麺 900円】【麻婆麺 800円】【汁なし麻婆麺 900円】【本日の定食】などに、サラダと水餃子の付いたセットメニューが+100円です 


「汁なし麻婆麺」を食べてみたくて行ったのですが売り切れ。。。再び「汁なし担々麺」を辛さ普通で注文しました。


「汁なし担々麺
(辛さ普通)」・・・900円

しっかり混ぜて食べ始める。「そうそう、この味〜」と途中までは一気に食べ進むものの・・・
辛さ普通はかなりな刺激^^; 辛いというよりも舌や唇が痺れる。「控えめ」をを食べた時はピリピリとした感じだたけど、普通だと麻痺に近い?おまけに今日はお冷ではなくて熱いお茶が出たのでそれが倍増〜。
しっかりと食べ切って来ましたが、しばらく舌と唇に違和感がありました^^;

学んだ事。。。塩梅もそうですが、辛さも好みの加減が一番美味しく感じますね(^^ゞ
次回は「控えめ」で注文したいと思います^^

訪問日 2006年12月28日
個人的好み  

一昨年(だったかな?)の石神さんのラーメン本で、「取材拒否だけど美味しいお店」として店名が載っていてとても気になっていたお店。今年のラーメン本には紹介がされており、思わず食べてみたいと行って来ました^^

「汁なし担々麺(辛さ控えめ)」・・・900円

お昼のメインはセットになっているようですが、単品で。初めての方は辛さ控えめを薦めているという事なので、それでお願いしました。

出てきた「汁なし担々麺」は麺の上に挽肉と青ネギが乗り全然辛そうには見えませんが、「よくかき混ぜて食べて下さい」と言われ、かき混ぜると・・・麺の下のタレが絡んで赤く変身(笑) 花山椒やラー油のいい香りが立ち昇ります。
食べ始めはとにかく花山椒が口の中を支配します。独特な香りがいっぱいに広がり、辛味で舌がピリピリと痺れる感じが。
でも、少し食べ進むとそれが慣れて来て、タレの中のラー油の辛味やネギや挽肉の甘味、ピーナッツの香ばしさなどそれぞれの味わいが楽しくて、美味しい。好きな人には絶対クセになる味ですね〜  ついつい後を惹き、気が付くと完食。大盛でも食べられそう(笑)

昼間なのでやめておきましたが、ビールが欲しかった・・・(^^ゞ

訪問日 2006年11月2日
個人的好み