11:00〜15:00 18:00〜22:00
(スープ終了次第終了)
定休日 月(祝日の場合は営業・翌日休み)

住 所
東京都葛飾区東新小岩1−4−17
最 寄 駅
JR総武線 新小岩駅

*麺屋 一燈*
新小岩駅の北口を出たら、正面に見える道を進み1つ目の十字路を右へ。突き当たりの信号を渡って左へ行き、1つ目の信号の手前の道を右に入ったすぐの左側。徒歩3分位。

2010年6月18日OPEN。 「麺やこうじグループ」のお店だそう。
赤紫の外壁と白のコントラストが映える店構え。モダンながらも和風な趣もあります。
店内は入って右側に券売機があり食券制。隣りには給水器もありお水はセルフ。
女性には食後のミニデザートがサービスされます。

メニューは、【濃厚魚介つけめん 780円】【濃厚魚介らーめん 750円】【(塩)芳醇香味そば 750円】【(醤油)芳醇香味そば 750円】に、半熟味玉・特製・チャーシュー増しのものなど。他には【バターたっぷりローストポークガーリックめし 200円】【フレッシュトマトのバルサミコライス焦がしチーズのせ 200円】【しっとりチキンのカレーまぶし丼とろけるチーズ添え 200円】など。
※【芳醇香味そば】は、水・金・日が塩味で、火・木・土が醤油味となります。

 

夜の部開店直後でしたが、すでにお店の前には
10数名の折り返しの行列があった為、看板だけです^^;


 

 

 

 

実は先週15時前に行ったんですが、既に待つ人達いっぱいで「準備中」。なのでリベンジです(笑)
待っている間に食券を購入して渡すシステムの様。どちらも気になったので芳醇と濃厚魚介の2枚を。すると「お二人ですか?」と聞かれ「一人です」と答えると、「大丈夫ですか?」と真顔で聞かれ。。。麺量を聞けば良かったんですが、つい弱気になって「麺少なめで」と答えちゃいました^^;
店内に入ると、並で麺は130gとの事。普通にしてもらおうと思ったけど、既に遅し・・・でした^^;

「(醤油)芳醇香味そば」 ・・・750円

麺少なめの変わりに半熟味玉をサービスしてくれました。なので、まっいっか〜(笑)
スープは、通常の3倍の量の鶏を使ったものだそう。鶏の味わいも感じられますが、キレのいい魚介の香りと味わいの方が強めに感じるかな。焦がしネギも散らされていて、端麗系と聞いていたイメージに違い、しっかりとしたボディのスープ。
麺はストレートな細麺。スープとの絡みもいいですね。
具は。チャーシュー・メンマ・青菜・海苔・白ネギ・青ネギ。と、サービスの半熟味玉。
チャーシューはフ「真空低温調理」をしたという豚肉と鶏肉。どちらも、しっとりとジューシーで旨っ!ちょこっとワサビなんかを添えて肴にしたいかも(笑)
「途中で入れて下さい」と添えられた小皿には香味油が。ニンニク・唐辛子・貝柱などを使ったものかな。魚介の味わいがマイルドになり、かすかですがニンニクの香味もして、また違った味わいが楽しめます。

「濃厚魚介らーめん」 ・・・750円

続いて「濃厚魚介らーめん」。
こちらも魚介系がしっかりと香り&味わいながら、ベースの鶏白湯の濃厚さが効いてるスープですね。とてもクリーミーで鶏のコラーゲン質なのか、唇がペトッとくっつきます。
麺は、「芳醇香味そば」と同じストレートの細麺。こちらもスープとの絡みが良く、「芳醇香味そば」よりも麺の風味が感じられるかな。
具は、鶏つくね・青菜・白ネギ・青ネギ・海苔。
鶏つくねは、鶏の軟骨入りの挽肉でシソの香味がふわっと感じられて美味しい♪
こちらには、魚介ダシのジュレ状のものが添えられます。元々のスープが濃厚なので、入れてみても殆ど変化は感じられなかったかな。。。

そして、食後には女性へのサービスというアイスが。ナッツ入りでカラメルの様な味わい。スープの余韻も楽しみたかったんですが、いい口直しでした。
訪問日 2011年2月3日