12:00〜14:00 17:00頃〜24:00
定休日 月・不定休
住 所
東京都葛飾区金町6−2−1  ヴィナシス金町1階
最 寄 駅

JR常磐線各駅停車 金町駅・ 京成線 京成金町駅


*立ち呑み居酒屋 金町製麺麺*
常磐線各駅停車(東京メトロ千代田線直通)の金町駅の南口に出たら、
ロータリーを右側から回って駅を背にして、京成線の京成金町駅の前の道を真っ直ぐ
行った左側で、左側にあるマルエツの入ってる「ヴィナシス金町」という建物の1階。徒歩1分。 2010年9月8日OPENの「立ち呑み居酒屋 金町製麺」。
麺や七彩はんつ遠藤コラボレーションのお店。 店長を務めるのは、麺や七彩の第2火曜の夜の部で「やきそば どろっ」 を提供していた長尾君。
店内は、入って右側にL字のカウンターがあり、左側にはちょっと小さめの丸いテーブルが4つほど。 厨房は正面奥に設けられています。

昼メニューは【喜多方らーめん(醤油・塩) 650円】【喜多方味玉らーめん(醤油・塩) 750円】【肉そば(醤油・塩) 950円】【生姜らーめん 700円】【味噌らーめん 800円】【辛味噌らーめん 850円】【つけ麺(醤油・塩) 700円】【油そば 700円】など。
詳しくはお店のブログを^^

2011年までのレポはコチラ

友人と待ち合わせてこちらで女子会^^

お刺身盛り合わせ・黒柳カレイの煮つけ・栃尾揚げ焼き・ハムカツ・竹輪とおかひじきのナムルなどを頂きながら、ビールやジンジャートリハイ・日本酒などなど。
何気に見た、裏側のラーメンメニュー。「秋刀魚の棒寿司」を見つけて思わず注文しちゃいました^^

「秋刀魚の棒寿司」・・・300円

程好い加減に酢と甘味が効いた酢飯。
飯の握り具合も押し寿司としては丁度いい加減。食べる時、秋刀魚の身がホロッとご飯からこぼれちゃうのが食べにくかったですが、美味しかったです♪

「カレーそば(ハーフサイズ)」

華奢な友人から「手打ち中華そば」を普通サイズで食べてみたいと、まさかな発言。なので、私もカレーそばを。でもハーフサイズ゙で^^;
カレーのスープの濃度具合がこってりしすぎず、かといってサラッと軽すぎでもなくていい感じ。
麺は細麺の緩〜いウェーブがついたもの?
具は、鶏と豚の低温調理のチャーシュー・粗みじんの玉ネギ・メンマ・ネギ・三つ葉。

お腹に余裕があれば、スープにご飯を入れたかったな〜^^;

訪問日 2015年11月22日

中華そば 敦」@亀有」の後、時間も早かったのでふらりと寄ってみました。
直前に入った2人連れで満席でしたが、カウンターを3つ使って集っていた知り合い達の席に間借りさせてもらいました。

皆の食べっぷりの良さを眺めながら、飲んで腹ごなし^^;
栃尾の油揚げ焼きや茹で立て枝豆なんぞを頂いて、〆の麺を。

「つけ麺」

メニューにはないんですが、稲庭中華麺と塩味の雉スープだけのシンプルつけ麺を。
今回は海苔トッピング。麺もスープも美味しいので、このシンプルさが〆には最高です♪

訪問日 2015年10月11日

 

東京ラーメンストリートの七彩が期間終了となり、店長をしていた佐々木君が週末だけこちらへお手伝いに。お願いしていたブツ(江戸甘味噌)を買いに、早稲田からの帰りに寄って来ました。

この時期ならではの「赤紫蘇ジュース」。
トリハイの赤紫蘇ジュース割りを飲みながら、鱚と白とうもろこしの天ぷら・一夜干し氷下魚の炙り焼きなどを肴に^^

「ニュータンタンメン」

「ニュータンタンメン」は大好きなご当地ラーメンのひとつなんです。
前日に提供していた限定メニューですが、麺ちょっと少なめ&中辛で作ってもらいました。
←韓国唐辛子を後がけで中央に載せちゃってるので見た目がちょっと違うのと、ベースのスープが雉なので上品過ぎちゃうかな。
でも、ニンニクの効き方やふわふわの溶き卵、そして挽肉も揃うとしっかりニュータンタンメンちっくになるあたりがジャンクでクセになる味なんです^^
麺は手打のものでコシがあって手揉みの縮れもいい感じ。こういう麺で食べるのは初めてだけど、美味しかったです♪

訪問日 2015年6月27日

 

3ヶ月振りの面子でこちらへ。
ポテサラ・蒸し鶏のパクチー&香味ソースかけ?・鱈の唐揚げ 油淋ソース×2・
太刀魚の塩焼き・お刺身盛り合わせetc。。。を頂きながら、日本酒全種類と
生ビールや限定の生メロンサワー・ブラッドレッドオレンジサワー・
裏メニューの赤シソトリハイなどなどを飲みまくり^^;

腹ごしらえに途中で、カレー(ご飯バージョン)を挟みながら・・・〆のラーメン^^↓

 

左:「鮮魚の塩らーめん」         右:カレーの和え麺バージョン

訪問日 2015年5月31日

柏の「珍来」に行った後、暖かかった事もあり「三日月氷菓店」へ寄ってかき氷をたべ、そのまま常磐線の各駅電車に乗って金町へ^^

・きりたんぽと若鶏の玉子とじ
・ホワイトアスパラガスのバジルソースがけ
・人参とキュウリのアンチョビソース
・鶏メンチカツ タルタル付き
・青柳と栃尾揚げと庄内あさつきの炒め煮
などをツマミながら、ビールやトリハイや日本酒なんぞを^^

そして〆。 この日は。。。
「鬼北雉の中華そば」「煮干そば」「青海苔そば」「スパイシー味噌そば」「豚骨魚介そば」「キノコ塩そば」の6種がラインナップ。

「青海苔そば」のかけ&ハーフバージョン

毎度の事ですが、わがままを言わせてもらって具無しのかけ&麺少な目バージョンでお願いしました^^

青海苔は三重県産のものだとか。色鮮やかな黄緑色が見た目にもすごく映えてます。
ベースは雉のスープかな。ふわりとした磯の香りもあいまって美味しかったです♪

訪問日 2015年3月22日

 

4ヶ月半ぶりくらいに集まる3人。
暇な私が先に着き、間もなくもう一人。そして最後の一人が来るまでは日本酒は控えるという律義さ?(笑)
お刺身盛り合わせ・ポテトサラダ・揚げナスの蟹あんかけ・キスフライ・栃尾揚げ・三つ葉のお浸し等々を頼みながら、しゃべり・飲み・食いのエンドレス(笑)

「つけ麺」?

終電の時間を見計らって、一足先に私が麺を注文。
この紫色の麺は、「中華そば 敦」@亀有」の店主敦さんが、少し前に沖縄へ行った際に買って来た紫芋の粉末を使って打ったという麺。
紫色好きの私に「来たら出してあげて」とこちらに預けておいてくれたそうな。
白いドンブリに紫色の麺がめっちゃきれい♪
トッピングのスプラウトも紫色っていうのが長尾君の粋なところですね(笑)
つけダレは、塩味の雉スープ。このシンプルさが飲んだ後には堪らないんです(^^ゞ

訪問日 2015年2月22日

七彩」に行った後、乗り換え駅近くでお茶して帰ろうと思ったら、来たのは2本に1本の北千住止まりの電車。まだ時間も速いし、どうせ乗り換えするのならと、常磐線に乗ってコチラへ。最近は17時くらいから開いてます^^

サザエの壺焼き・あさり出汁の湯豆腐・栃尾の油揚げ焼き・姫きゅうりの味噌添え・お魚の白菜あんかけなどを頂き、〆のラーメンを。

「広島」

この日は「中華そば」「塩そば」などに「牛味噌そば」「鶏もつそば」などのラインナップ。限定6食という、毛蟹を半杯使ったという「蟹そば」が気になって、残っているか聞いてみると。。。「広島出来ますよ」と長尾君。そう言われたら頂かないと^^;  前日の「饗くろき」に続き、牡蠣を使ったラーメンとなりました(笑)

スープは、アサリなどの貝類の他、魚介系だけで摂ったというもので、タレや油を使わずに出汁だけとの事。素材からの塩味もほのかにあり、素材達の旨味や味わいがめちゃ旨!
麺は稲庭の中華麺。具は牡蠣と三つ葉がはらりと散らされたもの。ぷりっぷりとした牡蠣の味わいが濃く、三つ葉の香味がアクセント。
飲んだ後の〆にはモッテコイな一杯でした♪

※ちなみに「広島」とは、巌哲@早稲田で祝日限定で提供された牡蠣を使った献立名の事です。

訪問日 2015年1月18日

2014年の最終営業日。 飲み&食べ納めに^^  何気に今年も結構通いました(笑)
お刺身盛り合わせ・秋刀魚としらすの大根おろし・ジーマミー豆腐・温野菜などを頂きながらビール・ハイボール・日本酒なんぞを頂いて〆のラーメン。

「味噌ラーメン」

クリスマスの夜の提供した、千葉の五香にある「金竜」のインスパイアの「味噌ラーメン」。
試作では頂いてましたが、まだ味噌ダレがあるとの事なので完成版を作ってもらいました。

山椒やゴマや一味唐辛子のスパイシー感が増して、かなり近い感じに仕上がってます。
この味噌は独特で、クセになる味なんですよね〜濃いめの味噌味にしっかりスパイス、具がもやしと三つ葉とネギだけで、お肉が入らなくても物足りなさを感じないところが凄かったりします。 美味しかった〜♪ 

訪問日 2014年12月30日

レポは久しぶりですが、ちょこちょこ行ってます(笑)
お刺身の盛り合わせ・鶏団子のおろしポン酢がけ・ジャコ天炙り・大浅利の出汁蒸し・牡蠣のチーズクリーム煮・インカのめざめフライ・ちょこちょこおつまみ盛りなどを頂きながら、〆にラーメン。

クリスマスの日の限定ラーメンの試作

25日のクリスマスの夜に提供を予定しているというインスパイアなラーメン。
一旦試作してみたそうですが、もう一度改良してみるとの事ですがどんな風に作ったのか気になったので、麺少な目で食べさせてもらいました^^

千葉の五香にある「金竜」は私も大好きなお店。唯一無二の味噌らーめんが食べられます。試作の一杯は、あちこち違う部分もありますが雰囲気はいい感じ!どんな風に仕上がるのかが楽しみですが、行けないのが残念^^;

訪問日 2014年12月22日

この日は、「七彩」絡みの飲み会^^
ばくばく」@木更津の太田和君(弟)と飲むからと、「くじら食堂」@東小金井の下村君からお誘いが。
二人とも「七彩」出身で卒業し独立。その二人と共に、現七彩所属(←ココが意外と大事(笑))の長尾君が店長を務める金町製麺へ。
そして、東京ラーメンストリート店で店長を務める佐々木君も合流し、お客さん側から私やがぶさん、他に2名が誘われて7名での飲み会に^^

この日のメニューはこんな感じ。

最初は、メニューにあるものから頼んでたんですが、その後はおまかせで色々とメニューにないものなどが出てましたね^^;
色んな話に花が咲き、飲みもいい具合に進んだ頃合いでラーメンタイム♪(笑)

「ケンチャンラーメン

お昼に伺った「HAJIME」@十条で、この後コチラで飲み会と言ったら、持たせてくれた本物の「ケンチャンラーメン」の麺とタレ。
持ち込んで長尾君に作ってもらいました^^
ベースのスープは違いますが、麺やタレの特性なのかお昼に頂いたのとかなり近い味わいでした!なかなか食べられないラーメンという事もありますが、関東の人にも馴染み易い味わいで同席者達にも好評で喜んでもらえました^^

「ルバーブの冷やし中華

続いて。。。
先日まで東京ラーメンストリートで限定提供されていたルバーブを使った冷やし中華。
こちらは、七彩の藤井店主が私宛にと、この会に参加する佐々木君にルバーブの赤紫色のスープと麺を持たせてくれました♪
ルバーブの甘味が強いですが、単に甘いだけではなく味わい深さがあって美味しい♪
残念ながら東京駅へは食べに行けませんでしたが、すっごく嬉しいサプライズでした^^

「ピリ辛混ぜそば

こちらはこの日のメニューから。
辛さが不得手な私は、長尾君の「ピリ辛」は結構辛くて信用してないんです(笑)
美味しいけど、やっぱり辛い(笑) でも、ハイボールのお供にはもってこいのアテでした^^

「冷やしハモそば

提供してたのは温かいものだった様ですが、冷やしで出してくれました。
透明感があって、じわりとした味わい深いスープが美味しい♪
たたき風な半生の鶏チャーシューや白と緑を混ぜたネギも彩りや見た目的にも涼しげ^^

訪問日 2014年7月27日

仕事が早上がりだったので、最寄駅を通りこしてまたまたコチラへ^^ 居合わせた知人と同席させてもらい、その後も顔の広い知人の知人達とも談笑。生ホヤや白魚と三つ葉の卵とじ×2なんぞをアテにハイボールや日本酒などを頂き、〆にまたまたシンプルなつけ麺をリクエスト。

「つけ麺(yaeバージョン)

自分用の〆に頼んだんですが、同席者の味見用にてんこ盛りの麺で登場@@;
七彩麺の手揉みバージョンと稲庭中華麺の2種に、つけダレは雉スープとこの日提供していた鯛白湯の2種。風味の違う2種の麺と、味付け無しながらもしっかりとダシが出たスープは飲んだ後には絶品(笑) 素朴で素材の旨さが堪能出来て、するすると麺が啜れちゃいます^^
知人達にも、楽しんで頂けた様です(笑)

訪問日 2014年5月28日

GWとは無縁ですが、休み前だったので^^
天日干しのいかなごちりめん・鯵のなめろう・アサリの酒蒸し・イカの塩辛なんぞをアテに飲んだ後、ちょっとわがままバージョンのつけ麺をリクエスト^^;

「つけ麺?」

昔から、そうめんやお蕎麦などの細麺はそのまんまの素朴な味で食べるの好きな子供でした^^; 

そんな事もあり、頼んだのは。。。
稲庭中華麺(冷や盛り)と具なしタレなしのもの。 以前味見させてもらった事があるんですが、スープだけでもしっかりダシが出ていて味があるのと、麺自体も美味しいからこの食べ方が出来るんです♪ ちなみに、つけダレは、雉のみのものと煮干しを合わせたものです^^

訪問日 2014年5月3日

久々に^^  甘海老・生湯葉・山形だし豆腐・イワシの甘辛ソース?・塩辛・そら豆などをツマミに、ビールやサワーや日本酒などでのんびり&まったりと過ごし、〆のラーメン^^;

「牡蠣香味塩そば」

浅蜊そばも気になりましたが、牡蠣香味塩そばをわがままバージョン(チャーシュー抜き・麺少な目)で。
広島県産の牡蠣にネギの香味油を使ったもの。麺は選べる様で、細麺(稲庭中華麺)でお願いしました。
ベースのスープはいつものキジを使ったものかな?牡蠣の磯の香りとダシが優しく効いたスープ。牡蠣の身もぷっくりしていて美味しかったです^^

訪問日 2014年4月10日

前日は友人達と、そしてこの日は岐阜の知人と一緒に2日連チャンで金町へ(^^ゞ

お刺身の盛り合わせ・キス天・紫のポテサラ・ミニきゅうりと谷中生姜の味噌のっけ・クラッカーとカマンベールチース・エイヒレの竜田揚げ・ネギとしらすの和え物などを肴にひとしきり飲んで〆にラーメンを。

〆のラーメン

呪文は、「中華そば・塩・ハーフ・(稲庭中華麺の)半生麺・yae海苔」(笑)

訪問日 2014年2月13日

≪番外編≫

8月に開催した10年記念オフの時に使いたかった食材の「紫山芋」。
宮古島が産地のもので、数量的にも希少で高価。
残念ながら時期ではなく手に入りませんでした^^;

でも、紫好きとしてはどうしても食べてみたくて時期を待ち購入♪
美味しく食べたいので、送り先を「金町製麺」にして長尾店長にいろいろと作ってもらいました^^
10周年の時にも来て頂いたなべさんがぶさんを誘って3人で紫山芋祭りを(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

左:見た目は普通のゴロっとした山芋   右:擦り卸すと紫というより濃いピンクかな?

まずは卵焼き♪ 見た目にはあまりわからないかな?
粒々とした紫色が山芋。ふわっ&とろっと柔らか♪

「磯辺揚げ」
色鮮やか♪ 海苔が足りなくて1つは素揚げになってます(笑) ふわっふわです♪

 

左:まぐろの山かけ                   右:紫山芋ステーキ

紫山芋のつけ麺

 

つけダレは冷たいもの。紫山芋のネバリで麺にすごく絡みます。

 

左:とろろご飯・・・かなり見慣れた頃なので、色の違和感も無しです(爆)
右:残ったつけダレでリゾットに。チーズとネバネバ感が意外にも合いました^^

訪問日 2013年12月18日

久々に呑みに♪ 
セリのゴマ和え&菜の花のナムル・スズキの唐揚げ香味ソースがけ・イカのバター醤油炒めなどなどを肴に呑み、〆にラーメンを^^

「稲庭塩中華そば」

通常ではチャーシューなども乗る様ですが、たっぷりのなめこ&セリ&ネギでヘルシーな一杯を作ってもらいました。
稲庭中華そばは、とてもしなやかで啜り心地も滑らか。なめこのぬめり気も纏っていい感じ。
セリやネギを崩して麺と一緒に食べると、シャキシャキとした食感と香味が心地よく、新タイプのタンメンを食べてるような感じでした♪

訪問日 2013年12月8日

新井薬師前の「玉子とじラーメン に行った帰り道。美味しい肴で飲みたかったので、またまたコチラへ^^
秋刀魚のお刺身&酢〆の炙り・玉ネギのコンソメ煮・鯛のかぶと煮などをお伴にお酒を楽しみ、〆にラーメン♪

「かき卵ラーメン?」

「塩中華そば」のかけ&ハーフサイズに溶き卵を入れてもらったもの。
松壱」のラーメンが玉子がふわっ&トロッとしていてスープにも玉子が同化した感じだったので、こちらでは卵がヒラヒラとしたものを作ってもらいました。
この日から塩ダレを変えてみたとかで、昆布と貝柱を入れてみたんだそう。キジの独特な旨みのあるスープに、確かに以前よりも味わいがまろやかになっている様な気が。(飲んだ後なので(笑))
麺は、七彩の小麦粉を使って作ってもらったという乾麺の稲庭中華そば。ちょっと煮込み風に作ってもらいました。
飲んだ後の〆には最高〜 でも、思わずご飯も入れてもう一度〆たくなる味わいでした^^

訪問日  2013年10月26日

「麺家 うえだ」の後、腹ごなしを兼ねて電車で金町へ移動(^^ゞ
お刺身の盛り合わせ・ホヤ・鱈のクリームソース・南蛮漬け・枝豆などを肴にひとしきり飲んだ後、前回気に入った「塩中華そば」のかけを^^

「塩中華そば」のかけバージョン

ベースはキジと昆布で摂ったというスープ。
醤油味の「中華そば」は、醤油ダレというかお醤油特有の香りや味わいや甘味などの色んな感じが幅広く楽しめます。ソレも美味しいのですが、ダイレクトにスープの味わいをひしひしと感じ楽しめるこの「塩中華そば」は個人的にお気に入りです♪ 鶏とは一味違うキジの味わいに昆布のまろみが何とも美味しい。
手揉みされた平たい縮れの強い麺。啜る時に唇で跳ねる感じも楽しい^^
訪問日  2013年9月29日

友人と3人へこちらへ。

焼きそば

お酒の肴で^^
ひとりで食べると食事になるけど、3人だとツマミになります(笑)
炭酸系のお酒と相性がいいです♪

 

味噌カレーらーめん  &  味噌カレー牛乳らーめん

この日のメニューにあった青森のご当地ラーメンとも言える「味噌カレーらーめん」。
食べたことが無いという同行者にアレンジ版?も試してもらおうと、牛乳を買いに行き、 2種類。
たまたま目についた紫キャベツも一緒に買って来たら、具として乗せてくれました(笑)

 

中華そば  &  塩中華そば(かけ)

こちらの定番でもある「中華そば」はキジと昆布を使ったというスープ。
こちらも同行者が食べてみたいと言うので、醤油味の中華そばと、塩味は
さすがにお腹いっぱい気味だったので「かけ」で作ってもらいました^^

訪問日  2013年9月19日

先日のお礼を兼ねて再びお邪魔して来ました^^

マツタケ焼き・・・380円

初マツタケ♪ これで380円はお得!
他には「ミョウガと茄子の南蛮漬け」などを。

アンコウ出汁らーめん

かけ&麺少な目で。
淡泊ながらもアンコウのじんわりとした旨みと
昆布ダシののまろやかなスープが美味しい♪
訪問日  2013年9月7日

さすがの暑さに今年も絶賛夏バテ&夏ヤセ中です^^; で、またまた番外編。

鯛ダシ冷やしらーめんのお茶漬けバージョン

麺ではなく、冷たいお茶漬けにしてもらいました^^;

海苔のらーめん

1週間ぶりにラーメン食べました^^;
訪問日  2013年8月14日
訪問日  2013年8月18日

またまた番外編。 画像だけ^^;

カレーボナーラ?

焼きそば

青唐辛子の冷やしらーめん(醤油)

ニュータンタンメンちっくならーめん
訪問日  2013年7月29日

またまた番外編。というか、こちらではラーメンも美味しいんですが、
肴やお酒も楽しめるので、すっかり番外編として定番化です^^;
この日も、ふたりの友人と共に、お刺身盛り合わせ・真鱈のイタリアンホイル焼き・
サザエの刺身&ガーリック壺焼き・ポテトサラダ・栃尾の油揚げ・なす焼きなどを堪能。
2種類のラーメンを〆にシェア。

「青唐辛子の冷やしらーめん

青唐辛子の青さと辛味、そしてニンニクが
アクセントな一杯。

カレーのやつ。。。(名前失念^^;)

スパイシーなカレーの香り。
スープはサラッとタイプ。
訪問日  2013年7月17日

またまた番外編。
知り合いと飲みに行き、お刺身盛り・生しらす・おつまみワンタン・
ホタテのひもとアスパラソテー・オムレツなどなどを肴にあれこれと呑み、 〆にラーメンを^^ 

「背脂煮干そば(ハーフサイズ)

煮干しのダシと背脂の甘味がいいですね。
玉ネギと岩海苔を入れれば燕三条系にも出来そう。

「雉白湯らーめん(ハーフサイズ)

雉の独特な味わいが楽しめながらも
クリーミーでまろやかなスープ。これは好きです^^

「麻婆らーめん(ハーフサイズ)

先に甘味を感じますが、その後から辛味も
じわじわと効いて来ます。

「牛香る醤油らーめん(ハーフサイズ)

こちら定番の雉の清湯スープの醤油味。
牛脂だけでもしっかり牛の香りと味わいが。
訪問日  2013年6月29日

またまた番外編。
知り合いと飲みに行き、マグロのユッケ・鯛の刺身・鰯のなめろう・
ホタルイカのボイルとわけぎの酢味噌・ふきのとう&こごみ&レンコンの天ぷら×2・
3種盛り(ゴーヤ・玉子焼き・水茄子)・牡蠣グラタン・カリカリじゃこと玉ねぎのサラダ?
などなどを頼み、〆にラーメンを^^

「勝浦タンタンメン(ハーフサイズ)

個人的には結構辛かったですが、
後を惹く美味しさ♪

「浅利とヒラメのらーめん(ハーフサイズ)

浅利よりはヒラメのダシの方が強めかな。
じわっと滋味深くて美味しいスープでした♪

訪問日  2013年4月7日

またまた番外編。
知り合いと飲みに行き、あさりのペペロンチーノ・ブリ・馬面ハギのお刺身・
蟹あんかけ豆腐・甘いトマトなどを肴に飲んだ後、わがままバージョンで^^;

「柚子葱塩らーめん(ハーフサイズ&具なし)

スープは、最近提供している中華そばにも
使っている鬼北キジを使ったスープ。
ネギに柚子皮を混ぜるビジュアルは
むさし坊」を 思い出しますね。

「スープ入り焼きそば(ハーフサイズ)

店長 長尾君の弟弟子が来店し、同席。
↓10月に食べた事のあったスープ入りを。
ソースの甘味やスパイス感が美味しい^^

 

訪問日  2013年2月17日

食堂 七彩」の後、2012年の最終営業というこちらへ。通常は5時半開店ですが、大掃除をしていたらしく、この日は6時から。
適当にサクサクッと飲み食いして帰ろうかな?と思っていたら、8時頃に知り合いから「10時頃行きます」みたいな^^;
お刺身盛り・レンコンのガーリックステーキ・里芋の挟み揚げ・鴨の砂肝炒め・アジフライ・くわいの素揚げ・椎茸炒め・しらすおろし。。。などなどを食べながら日本酒飲んだり、クールダウンにトリハイ飲んだりで結局6時間弱居座ってました^^;

限定メニューの年越しらーめん 
「花巻らーめん」

で、〆はやっぱりラーメン♪
散々食べた後なので、チャーシューなどの具は無しで、麺・スープ・海苔だけで作ってもらいました。
この時点で、何人かが注文していたので店内は海苔の芳ばしい磯の香りが充満。
スープは雉をつかったものだそうで、程好い深みと甘みのある油感があるもの。
麺は、中位のストレートなもので、スープとの相性もいいですね。
そして、具は海苔だけ(笑)
浜名湖の青海苔と国産の黒海苔をブレンドした「まぜ海苔(ぶち海苔ともいう)」。直前に炙る事によって海苔の風味がぶわ〜っと広がり、いいダシにもなります。スープに溶けた海苔の一片一片。最後の一滴まで堪能〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大晦日もどこかへと思ってたんですが、結局行けず。。。2012年のラストラーメンはこの「花巻らーめん」。手前海苔で〆た一年となりました^^

訪問日  2012年12月30日

ちゃんとしっかり一杯ではないので・・・またまた【番外編】ですが。。。^^;

昼間、駅反対側の「中華そば ともゑ」に行った後、京成線を利用して
市川真間の「グレイト」 へ行ってみるも、店内暗く準備中の札が。。。
そのまま、JRの市川駅へ向かいお茶してどうしようか?と悩むものの、通し営業のお店が見つからず
錦糸町経由で帰る事に。乗り換えで丸井@錦糸町に寄ったところ。。。また大きな地震が。
半蔵門線〜東武スカイツリーラインへの直通運転が中止されており、一旦降りた押上駅。
銀座線で上野か浅草から帰ろうかな?思ってたんですが、京成も通ってて。。。
ちょっと軽く〜♪と金町まで(笑)

〆鯖やアジフライ・浅利出汁の湯豆腐・長芋の味噌焼き・菜の花ナムル・
カニ入り厚焼き卵なんぞをツマミに、店長長尾君お勧めの日本酒を頂きまったり。
早々に帰るつもりが腰が落ち着き、グイグイと(笑) 
たまたま、私同様に女子お一人様が右隣りに2名。
少しお話相手をしてもらい、〆にミニミニサイズのラーメンを2杯^^

「鶏豚骨らーめん」

鶏豚骨となってますが、鶏はどこ?(笑)
とはいえ、豚骨のいい臭みがいい具合に
残っているあたりは好み。
濃すぎず、淡過ぎずとてもまろやか〜

「鯛出汁らーめん

鯛出汁同様に節系の味わいもしっかり。
緩い縮れの細麺がスープとの相性もバッチリ。
しっとりな低温調理のチャーシューも美味しく
薬味のネギがいいアクセントでした^^

訪問日  2012年12月7日

今回も飲み目的での訪問(^^ゞ
本カワハギの竜田揚げ・サヨリの風干し焼き・長芋味噌焼き・ホヤ貝の酢の物などを肴にひとしきり飲んだ後、この日限定の「鯛塩らーめん」を。

「鯛塩らーめん」のかけ(ハーフ)
  +豚バラ肉とアスパラ巻き焼き
             +ポーチドエッグ

トッピングの具は、いつもと同様だというので「かけ」でお願いし、待つ間の肴で「豚バラとアスパラの巻き焼き」をお願いしたら。。。「ポーチドエッグも入れますか?」と。
最近OPENした小川町の「潮」。まだ行けてませんが、見た目にも気になっていて。。。その一言に食いつき、お願いしました(笑)

斬新な見た目ですね〜 「潮」とは違ってこちらのベースは鯛塩。じんわりとした鯛の旨味が飲んだ後には染み渡る味わい。
カリッと表面が焼かれた豚バラ肉の香ばしさと、アスパラの青っぽい味わいが思いの外合いますね。茹でとは違うポーチドエッグの白身の柔らかさや黄身が麺と絡んだり、スープに溶け込んでまろやかになる味変も楽しめました^^

訪問日  2012年10月20日

飲みが主体だったので、今回も番外編です(^^;

城南地区の重鎮を囲んでの飲み会にお誘い頂き、仕事の後に^^
その重鎮であるぼぶさん。もう何年前からでしょうか? 毎年恒例のラーメン好きを集めた忘年会や夏のオフ会などを主催されていて、記念すべき第1回からお声掛けを頂いてます。

会を重ねる毎に、人数が増えていって昨年は5・60名くらいだったかな? 
今回は5名でしっぽりと。 色んな話が出来て楽しかったです^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日は「海鮮祭り」。
釣り鯵の刺身や馬面はぎの刺身(肝添え)・真鯛・いなだなどに、デッカイ「ホンビノス」という貝の焼き物や、アサリとトマト煮込み(バケット付き)・国産本シシャモの天日干し&針子焼き・ホヤの塩辛なんぞを堪能しつつ、日本酒や話に花が咲きまくりました〜

「スープ入り焼きそば

そんな中、つまみ代わりにと頼んだ焼きそば。
「どろっ」時代か、パクチーやテキーラを使ったものとかが出てくるかと思いきや、提供されたのは「スープ入り焼きそば」。
詳しくはないですが、栃木とか北の方で出されてるものらしいですね。
船橋のソースラーメンプロジェクトで若干数のお店を周り頂きましたが、ソレとはまた違うというか、ベースのスープがあっさりながらも旨いので、ソースはほんのりと香る感じ。たっぷりキャベツとチャーシューではなく豚肉っていうのが、これまたいい感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽しい時間はいくらあっても足りない。。。
ですが、東京とはいえ逆っ側から参加の二人の為にラーメンを2種。

「鮮魚のらーめん

「鮮魚祭り」で仕入れた食材を使って作られたスープの「鮮魚のラーメン」。
魚特有の臭みは一切無く、あっさりながらもじわ〜っとした旨味がめちゃくちゃ染みてくるスープ。
具材も美味しいんですが、麺とスープだけでも満足出来そうな一品。

「台湾らーめん

こちらはぼぶさんリクエスト。
今年の前半くらいにこちらの店長である長尾君が名古屋に行くというので、ご当地である台湾らーめんや薬膳系をお勧めしてみたところ、台湾らーめんの発祥でもある「味仙」へ行ってみたそう。相当な辛さだったと体感したとか(笑)
そんなインスパイア? 結構辛さも出しながらも、ベースのスープの美味しさも感じられる一杯に仕上げているのが流石ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「台湾らーめん」のわがままバージョン?

辛旨な台湾ラーメン。
個人的には、ちょっと辛い^^;
なので、溶き卵入り&ニンニク多目でリクエストして作って頂きました。
マイルドな辛味に溶き卵&ニンニク。 一気に京浜地区のニュータンタンメンの様なジャンクな味わいにも変化したりします。

ご飯も頼んで、〆の雑炊〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遠方からの御仁を見送った後、残った3人でちょっと居残り。

「トマトらーめん

話しているとカウンターに居た常連さんから「トマトらーめんがあまり出てない」らしいというのが聞こえ。。。 頼んでみました(笑) トマトのほのかな酸味や旨味がギュッと感じらるスープ。バジルの味わいと香ばしさがいいアクセントな一杯。

訪問日  2012年10月10日

麺屋 二刀拳」の試食会、「手作り麺屋 すずなみ」で昼飲みの後、まだ時間も早いし!とまたまたコチラへ^^;

湯葉刺し・甘いトマト(メニュー名失念)・山芋の味噌焼き・鶏つみれの卵とじ等々、あっさり系の肴を頂きつつ飲み、ココでもやっぱりラーメンを^^;

「蟹塩らーめん

この日のメニューを見て、最初から気になっていた「蟹塩らーめん」を。
スープは鶏などがベースの清湯?殻(甲羅?)とかの芳ばしい感じではなく、お鍋や蟹しゃぶをした時の様な、じわ〜っとした蟹の旨味が感じられるスープ。
麺は、中細のストレートで喉越し滑らか。
具には、しっとり鶏チャーシュー・メンマ・わかめ・白髪ネギ・青ネギに、蟹が。蟹は、爪の部分と肩肉の部位が。身をほぐして食べてみると、スープとほんのり塩味が移っていて、これもまたツマミになります(笑)

訪問日  2012年7月22日

2012年7月15日

なべさん主催の納涼会(昼〜夕方貸切り)が開かれ、お誘い頂いたので参加して来ました^^

↓この日のメニュー

「比内地鶏らーめん」のかけ
「雉白湯らーめん」のかけ
〆のらーめんは、ちゃんと具ありのものでしたが、散々飲み食いしてたので「かけ」を。
私が頼んだのは「雉白湯」の方でしたが、そこは酔っ払い集団(笑)
2種のらーめんの具あり、かけと食べ比べの如くに回し食べてました(^^ゞ
なので、レポも省略ですm(__)m

 

この日は千葉の某店にて、昼過ぎからの納涼会に参加。結構な時間を過ごした後、新京成線で八柱を乗り過ごしたので松戸で乗り換えてこちらへ^^;

鯵フライ・生湯葉の刺身・白ハマグリのバター焼きなどを頂き、〆に目についた「冷汁らーめん」を。

「冷や汁らーめん

散々飲んだ後だったので、チャーシューなどのお肉類は食べたくなかったので「かけ」で注文。私の飲んだ時の習性を知ってる?店長の長尾君。ミニサイズにしてくれ、具は別皿での提供でした。
スープは、冷え冷えで塩梅の程よく、まろやかな味わい。
麺は、手揉みされたウェーブのある太麺。
別皿には、ミョウガと紫蘇を細切りにしたもの・キュウリ&茄子のスライス・ハマグリの剥き身・枝豆・鶏チャーシュー?
あ。この具の構成だったら、最初から盛り付けられてても全然OKだったかも(^^ゞ
ミョウガや塩の香味、そして夏野菜のみずみずしさがいいアクセント。
飲んでたので、細かな味のレポは割愛ですが・・・(笑)

そして麺を食べ終えた後、ちょこっとライスが。
結構お腹いっぱいなはずなのに、さらさら〜っとかき込めて美味しくクールダウン。
自宅で本場の冷や汁を作るのは手間だったりもしますが、今年の夏は「もどき」で楽しんでみるのもいいな〜と思う一杯でした。

訪問日  2012年7月10日

限定を食べに行った「饗 くろき」でお会いしたがぶさんと「軽く飲みに行きますか〜」という事になり、金町へ。途中なべさんを招集。3人で飲み、そしてラーメンも。
とはいえ、どちらも味見程度だったので
【番外編】です^^;

「冷やしラーメン

前日とこの日の限定メニュー。
たまたま、私が今食べて来た「くろき」のトマトそば。それをイメージし、店長の長尾君が独自に創作してみたというものだそう。
トマトとシソの氷を作り、見た目にも色鮮やか。そして、食べ進むうちにその氷が溶けて味わいも変わるという仕掛けが。
トマトとシソの氷が入っているので、冷や冷やで涼を感じますね。
鶏チャーシューはスモークの香りがアクセントになってました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、もう一杯(笑)
内輪では通称yae海苔と呼ばれる浜名湖のまぜ海苔。がぶさんがこの海苔を気に入ってくれているので先日差し入れた分が残っているか確認すると、まだ「ある」との事。
なので、ソレを使った「花巻」を作ってもらっちゃいました。

「花巻ラーメン

私はスープを2・3口味見しただけで、ふたりに食べられちゃいまして。。。^^;
味については↓にレポがありますm(__)m

訪問日  2012年5月17日

しじみらーめん」の後の帰り道、携帯を見てたらこの日の限定メニューが「シジミラーメン」と知り、食べ比べ&ネタ?で寄ってみました(笑)

限定メニュー
「シジミラーメン

具が乗って800円での提供でしたが、お酒や肴も楽しんだ後なので「かけ・少な目」で作ってもらいました。
こちらは、シジミ・手羽先・セロリを使ったというスープ。出てきた瞬間、セロリの香味がふわっと香ります。ですが、飲んだ瞬間はシジミの滋味深い味わいがしっかりと感じられ、ふっと鼻から息を吐くときにセロリの香味が抜けて行きます。先ほど食べた「しじみらーめん」とはまた全然違った味わいでこちらも美味しいです。
そして「かけ」なのに面白い事に最初と最後の方の味の印象がかなり変化。最初のうちは、セロリや鶏やシジミの味が個々に感じられてたんですが、最後の方は麺の味わいも混ざってか、何となくバターが入ってる様な味わいにも感じられました。

訪問日  2012年2月15日

< 番 外 編 >です

2012年1月21日

はんつ遠藤氏の「おうちラーメン」本に続き、「おうち丼ぶり」本の出版を記念しての
パーティー(飲み会?)にお招き頂き、お邪魔して来ました。

会場となったのはこちら「金町製麺」。貸切営業でした。
店頭には遊び心のある張り紙。
中には「yae軒 2012年新年会」と書かれたものも(笑)

 

そして↓この日のお品書き。

「子持ち南蛮えび」&「刺身の盛り合わせ」
お刺身は、八角・赤メバル・黒メバル・ヤリイカ・鰤・天然真鯛
「無添加たくあん入りポテトサラダ」&「赤なまこ酢」
「鯵のなめろう」&「白ハマグリの酒蒸し」
「自家製水餃子」&「鯵フライ」
「豚のナンコツと大根煮」&「きびなごの炙り焼き&焼きホッキ貝」
「納豆海鮮バクダン yae海苔付き」&「谷中生姜 味噌付き」
「京菜の漬物」&「若鶏の唐揚げ 香味ソースがけ」

そして、「おうち丼ぶり」本より、「サーモンアボカ丼」が!
そして、〆にらーめんも提供〜
豚の清湯or鶏白湯or醤油or喜多方の4種類から選べるとの事でした。

「鶏白湯らーめん」
知人が頼んだものですが、その知人が席を離れていたので頂いちゃいました(笑)
鶏の旨味しっかりでまろやかなスープ。美味しかったです♪

「花巻らーめん」
先日も食べたばかりでしたが・・・海苔の主限定の一杯(笑)
半分以上、周りの知り合いに振る舞っちゃいましたが、海苔の香りが好評でした^^

都立家政の「七彩」や「江戸甘」で冬季提供だった裏メニューや限定で使ってた「浜名湖のまぜ海苔(ぶち海苔)」。国産の黒海苔に浜名湖のヒトエグサという青のりを混ぜて造られたもの。今回はこちらへ提供。

限定メニュー
「花巻らーめん
」 ・・・750円

日本蕎麦に炙った海苔を散らしたという「花巻そば」。この日の限定メニューは、その「花巻そば」のラーメンバージョンでした。

ぶち海苔は焼いてないものなので、炙るときれいな緑色になります。一杯に海苔を2枚使ったというちょっと贅沢なもの。
スープは普段使いの鶏をベースに魚介を使ったものだそうで生姜を少し強調してみたんだそうな。
麺はストレートの細麺で、具は、チャーシュー・メンマ・ネギ。(だったかな^^;)
食べ進むにつれ、海苔の一片一片がスープに溶けて行き、海苔のポタージュ状態になり麺の1本1本によく絡んでました。
ただ。。。スープを飲むにはいいんですが、麺を啜ると生姜の方が強く感じてしまい素直に提言。 その後来た知り合いのラーメンは改善されていて、より美味しくなってました♪

訪問日  2012年1月18日

一昨日(30日)見たお店のブログを見て知っていましたが、丁度?仕事納めで飲みに行った際、濾したばかりのスープを味見させて頂き、美味しかったので初らーめんに^^

元旦限定メニュー
「鴨白湯煮込みらーめん
(味薄めで)
                ・・・900円

本来の限定メニューは「鴨白湯らーめん」ですが、煮込みも出来るというのでソレを。
そして、味見の際味つけをせずにスープそのまんまで頂いたんですが十分に美味しかったので、薄めでお願いしました。

ちなみに、←の一番下の写真が本来の限定メニューは「鴨白湯らーめん」で偶然お会いしたsomenmanさんの注文したものです。

何故限定が鴨になったかと言うと・・・
何でも、仲良くしている?線路を挟んだ向こう側にあるお店屋さんが多く仕入ちゃったからだとか。そんな鴨は、国産のバルバリー種というものだそう。

煮込みの方は、下仁田ネギを入れたスープで茹でた麺を煮込んだもの。
摂り方なのかもしれませんが、以前某店で鴨の油を使ったものを食べた時に、独特なクセと重みを感じましたが、白湯だからか?とてもまろやかで鶏寄りの味わいで美味しいです。
味を薄めにしてもらったので、鴨スープの味わいと一緒に煮込んだ下仁田ネギの甘さがいい感じ。
麺は、煮込みなので太麺を使用。スープを吸ってもっちりとしていながらコシもあります。
具は、鴨のロースト・メンマ・青ネギ・煮込まれた下仁田ネギ。鴨のローストは中央部分が半レアの状態。しっとりとしていて噛む毎に鴨の旨味がジワジワと感じられます。スープの熱で火の通った鴨肉もまた旨し。そして、青ネギのちょっと辛味のある香味とトロッとして甘みのあるネギの対比も面白かったです♪

訪問日  2012年1月1日