< 閉 店 >
住 所
東京都葛飾区東立石2−1−1
最 寄 駅
京成押上線 京成立石駅

*麺食堂X*
京成立石駅の改札を出たら、右側の階段を降りてUターン。右側に線路を見ながら真っ直ぐ行き、「麺・粥 けんけん」を過ぎた先に左側へ斜めに入る道を行き、1つ目を左へ曲がり信号を渡って直進。「かわばたコミュニティ通り」を真っ直ぐ行って「平和橋通り」に突き当たった所の右側手前。徒歩10分くらい。

2007年4月にOPENしたお店だそう。
白い壁に白い暖簾、両脇に赤い提灯がぶら下がっており、その提灯にちょこんと店名が書かれています。
3方がガラスになっているので明るい店内です。カウンターが8席ほどで、ステンレスの天板の上に木製のお盆が配置されています。
お店の中では、時折りバン!バン!と大きな音が。 麺帯を台に叩きつけたり両手で上下に振って何本にも増やしていく中国方式での手打ち麺が作られています。

メニューは【塩つけ麺 800円】【醤油つけ麺 800円】【濃厚挽きたて担々つけ麺 900円】【塩汁麺 800円】【濃厚挽きたて担々麺 900円】【水餃子(4コ)350円】。


この前来たばかりですが、こちらの「つけ麺」も食べてみたくて再び^^ 普通で頼むと麺が300gくらいあると聞いてたので少なめで^^;

「塩つけ麺」(麺少なめ)・・・800円

先客2組。丁度麺を打ち終わる頃だった様で座って5分程で出てきました。
知り合いのブログで見かけたものは、麺が揃って盛り付けされていましたが、少なめにしたからなのか盛り方が違ってました。麺の艶やかさは見た目に同じですが。

麺の上にはニンジンの細切りと水菜・小松菜・半熟卵が半分。つけダレにはチャーシューが2枚入ってます。
まずは麺をそのままで。手伸ばしなので太さが不揃いですが、しっかりとコシがありながらもっちりとした食感で素朴な粉の味が美味しい。
つけダレは甘味や酸味はなく、汁麺のスープを凝縮したもので好みのタイプ。表面には細かい揚げネギ。汁麺では揚げたニンニクスライスが結構入ってましたが、こちらは砕いてあるのかな?ブツは見えませんでしたが、ニンニクの香ばしさがいい感じでした。
ついつい箸が進み・・・普通盛りでも良かったかな?とちょっと後悔(笑)

スープ割りは好みで割れる様に、別の器に入れて出してくれます。割ってみると汁麺に近い味わいになりました。

訪問日  2007年5月28日
個人的好み  


お昼のサービス
「塩汁麺」・・・800円
    鶏飯(小)・もやし小皿・・・100円

知り合いのブログなどを見ていると、麺がとても美味しそうだったので行って来ました^^
「つけ麺の方が良さそう」というアドバイスをもらっていて、他のお客さんも「つけ麺」を食べている人が多かったのですが、「塩汁麺」にしちゃいました(^^ゞ

スープは鶏がらや豚骨などの動物系がベースなのかな?ちょっと白濁しているもので、さらっとしているスープ。揚げたニンニクスライスが結構入っていてニンニクの風味が食欲をそそります。
麺の太さは不揃いですが、とてもしなやかな食感。 麺の量もやや多め。
具はチャーシュー・チンゲン菜・味玉半分・ネギ。チンゲン菜は4分の1に切って長いまま茹でたものと、カットされたものの2種。チャーシューはバラの部位で素朴なお肉の味がしました。

最初は「塩汁麺」だけ頼んだのですが、カウンターに貼られたお昼のセットを見つけて変更しました。「鶏飯(小)」って書いてあるし、+100円なので小さなご飯茶碗に入ってくるのかと思いきや・・・結構なボリュームでビックリ。具には、煎り卵・ニンジンの千切り・鶏挽肉のそぼろ・青菜が乗ってます。ご飯だけでも200g以上は入ってます。
スープもご飯も残さず食べたので、かなりお腹一杯^^; 2軒目は断念しました(^^ゞ

訪問日  2007年5月16日
個人的好み