11:30〜14:30 18:00〜22:30
日・祝 11:30〜15:00 18:00〜20:00
定休日  無休
住 所
東京都北区上十条2−30−9
最 寄 駅

JR埼京線 十条駅


*らあめん HAJIME*
JR埼京線の十条駅の北口を出たら右へ行き、線路沿いではなくその1本左側の細い路地を右へ。突き当りを左へ曲がったすぐの左側。徒歩1分。

2012年2月20日OPEN。
板橋区の蓮根にある「らあめん 元〜HAJIME〜」の2号店で、こちらでは「牛すーぷ」と「鶏すーぷ(白湯)」を使った2本立てのメニュー構成。
店内は入って左側に券売機があり食券制。
右側にテーブル席があり、左側がL字のカウンターで10席ほど。そのカウンターの前には提供用の通路があり、その奥に半オープン式の厨房があります。

メニューは「牛すーぷ」の【特製牛塩らあめん 900円】【牛塩らあめん 700円】【味玉牛塩らあめん 800円】【ステーキのせ牛塩らあめん 1000円】【特製牛醤油らあめん 950円】【牛醤油らあめん 750円】【ちゃあしゅう牛醤油らあめん 900円】などに、「鶏すーぷ」の【特製鶏白湯らあめん 900円】【鶏白湯らあめん 700円】【鶏増し鶏白湯らあめん 850円】にトッピングや「せっとごはん」で【豚ごはん250円】【鶏ごはん250円】【牛ごはん250円】【ステーキごはん400円】など。


 

 

 

 

7月27日で閉店となる十条店。
牛のお肉を使ったスープや鶏白湯、そしてサイドメニューでも好評なステーキや限定メニューなどなど。蓮根のお店とは全然違う味のラインナップが楽しめて、なお且つ本店よりも職場から比較的近かったのでとても残念(T^T)
なので、食べ納めに。

「瓶ビール」+「味玉」+「メンマ」

唐揚げがなかったので、トッピングの味玉とメンマをおつまみ仕様でビールを^^

「牛塩らあめん」・・・750円

鶏白湯は今後イベントなどで提供があるかもですが、牛のスープのお目見えがあるかどうか?との内田店主の言葉に釣られて^^;
実は、お気に入りの「からし焼き定食」と心が揺れていたんですが、既に終了との事で覚悟を決めました(笑)

「牛塩らあめん」は8ヶ月振り? OPENして最初に食べたのもこのメニューです。
じわっと牛の旨味が染みてくるスープ。個人的には塩味がやっぱり好きかな♪
麺は、手揉みされて平たく縮れたもの。啜る時に唇で跳ねる感じが楽しい^^
具は、チャーシュー・穂先メンマ・玉ネギの揚げ玉・ネギ。噛み締め感があってしっとりしたチャーシューはスモークの芳醇な香りまで美味しい。玉ネギの揚げ玉は甘味とスープを吸った衣の味が好きで増量してもらっちゃいました^^

「ステーキごはん」・・・400円

ステーキのお供には、擦り卸しニンニクと弓削多のお醤油。
トッピング(300円)として麺に乗せてる人が多かったですが、スープの味と別個に楽しみたかったのでご飯でお願いしました^^
お肉一口でご飯をたくさん掻き込めちゃいます(笑) プチ贅沢感も味わえるこのサイドメニュー、蓮根の本店でも食べたいな。。。

訪問日 2015年7月25日

    

【 番外編 】

↓ ここ最近の使い方とそう変わらない様な感じですが、今回は 友人との
待ち合わせに使い、 飲みに行って来ました(^^ゞ
飲み物は、ビール・ウーロンハイ・辛口ジンジャーハイなどに、
唐揚げと、からし焼き定食をご飯&スープ無しでオツマミに。
他には、作ってみたというローストビーフや、餃子・穂先メンマも出してくれました^^

訪問日 2015年5月8日

 

↓先週食べて、「一度、本物の?からし焼きも食べてみたいな〜」と思ったんですが、何だかやっぱりこの味&麺入りのコレが無性にもう一度食べたくなって行って来ました^^

「ウーロンハイ」・・・350円

ウーロンハイをシャリ金で作ってもらいました。待つ間と、からし焼きのお供に活躍するんです(笑)

夜営業限定メニュー
「からし焼き定食
」・・・1000円

前回、中辛で作ってもらったんですが辛いのは実は不得手。最初のうちは大丈夫だったんですが、後半になると辛さでペースダウン^^; なので、今回は小辛でお願いしました。

先にご飯とスープが出され、程なくからし焼きの登場。相変わらず、タレがグツグツ&湯気がもわもわと立ち上ってます。ニンニクと生姜の香りが食欲を刺激して来ます(笑)
熱々の豆腐や豚肉をハフハフしながら食べて、冷たいウーロンハイでクールダウン。
その後は、それらと麺をおかずにご飯をかき込み、スープを飲んで。どっちで食べても合うし、美味しいんです♪
ただ、難点が・・・豆腐はヘルシーとはいえ、一丁使うとすっごいボリュームで、食後しばらくはお腹の苦しさが続きます(笑)

訪問日 2015年4月23日

 

東十条あたりで名物だという「からし焼き」。
「とん八」というお店が元祖だそうで、ソレをイメージして作ってみたという限定メニュー。
夜の部のみで提供されています。

夜営業限定メニュー
「からし焼き定食
」・・・1000円

「からし焼き」ってどんなの?って思って検索してみたら・・・『すき焼きっぽい甘じょっぱいタレにニンニク・生姜・唐辛子が入った肉豆腐みたいなもの』だとか。多分というか絶対に好きな味なはず!なので、早々に行って来ました^^

「定食」なので?ご飯とスープ付きです。
熱された鉄板に茹でた麺が乗せられ、炒められた豚肉、そしてタレなどで煮込まれた豆腐が乗り、ネギが盛って提供です。
熱々の鉄板上では、豆腐を煮込んだタレがグツグツと煮えていて、湯気がもわもわ〜っと。
辛さは、小辛・中辛・大辛の3段階がチョイス出来、中辛にしてみました。
麺は160g。そして、豚肉もたっぷり。豆腐は一丁分使っているそうで、柔らかな絹ごしのもの。味はちょっと濃いめですが、ニンニクや生姜といったジャンクさの後惹き感でご飯がいっぱい食べられます! 因みに、ご飯は一杯だけお代りサービスみたいです! 
美味しかった〜!! クセになりそうな味でした^^

訪問日 2015年4月17日

  

久しぶりに「鶏白湯」が食べたくて仕事の後に^^  ですが、その前にビールと揚げたて唐揚げを♪

「瓶ビール」・・・400円
 +「唐揚げ
(4ヶ)」・・・200円(現金で)

ビールを飲みながら待つ事しばし、熱々の唐揚げが登場〜  小皿で出された山椒塩をチョンチョンとつけたり、卓上のレモン汁を使ったり、そのまんま食べたりと色々楽しめます。
大きめな唐揚げが4つ。200円でこのボリュームは嬉しすぎます!食べ応えもあるので、思わず飲み物をお代わり。 シャリキン(金宮焼酎を凍らせたもの)を使った辛口のジンジャーサワーなどを^^

「鶏白湯らあめん」・・・700円

オープンの時に食べた以来なので3年振り。
スープは、 鶏ガラ・手羽・モミジなどを使ったというもの。お米や野菜などは使わずにモミジや手羽でトロミや濃厚さを出し、鶏の味わいや旨みがストレートに感じられるスープ。鶏白湯が塩味なのも個人的には嬉しい。
麺は三河屋製麺の黄色味のある平打ちのもの。
具は、鶏チャーシュー・穂先メンマ・ネギ。鶏チャーシューはモモ肉の部位で、スモークの香ばしい香りと弾力のある食感が絶妙で美味しいです♪

訪問日 2015年3月14日

 

仕事が遅くなり、腹ペコ状態だったので食べて帰ろうとコチラへ^^

「瓶ビール」・・・400円
 +「唐揚げ
(4ヶ)」・・・200円(現金で)

まずはビールと唐揚げでホッと一息。
ビールがサッポロというのも個人的には嬉しいです。 そして揚げたて熱々の唐揚げが旨い♪ 別皿に山椒コショウが添えられます。卓上のレモン汁を垂らして食べるのも美味しいです^^

「牛塩らあめん」・・・750円

限定メニューを食べる事が多かったので、久しぶりに「牛塩らあめん」を。
スープに少し濁りがあるのは、作り方を変えたのかたまたまなのかは不確か。ですが、じわりと牛の旨味を感じる味わいは変わらず美味しいです。
麺は、中太のもので手揉みのしっかりとした縮れのついたもの。啜る時に唇で麺が跳ねる感じが楽しいんです。
具は、チャーシュー・穂先メンマ・揚げ玉・白ネギ・青ネギ。チャーシューはしっとり柔らかで、スモークの香りがいいんです。揚げ玉は玉ネギ入りで、芳ばしさと甘味があり、スープにしっかりと浸してふやけさせて食べるのが個人的には好きです^^

訪問日 2014年11月12日

 

 

 

 

 

 

昼の部の終わり頃にお邪魔しました。

「瓶ビール」・・・400円
 +「唐揚げ
(4ヶ)」・・・200円(現金で)

暑かったので、まずはビールを^^ そして、唐揚げも♪
揚げたて熱々の唐揚げは、下味がしっかりついているのでそのまんまでも美味しいですが、添えられる山椒塩や卓上のレモン汁をかけたりと楽しめます。

7月22日〜26日 夜の部のみ限定
「ゲンちゃんらあめん」・・・750円

前日で限定提供が終了した「ゲンちゃんらあめん」ですが、出来るとの事なのでお願いしました^^
山形の酒田市あたりのご当地ラーメンの「ケンチャンラーメン」。それを内田店主がインスパイアし、ご自身の名前に因んで名付けられたのが「ゲンちゃんらあめん」です。
味は「ふつう・うす口・こい口・油ぽく・油ぬき」が選べるので、味と油も普通で。

スープは、鶏と豚、そして煮干しや鯖節などを使ったものだそうで、魚介系が少し強めに感じるしっかりとした味わいなんですね。
麺は、手揉みされて細かい縮れがついたピロピロとしたもの。三河屋製麺のもので、何でも製麺の社長さんと一緒にケンチャンラーメンを食べに行って再現してもらったんだそう。強めの縮れで啜るのが楽しく、スープとも馴染んで美味しいです♪
具は、チャーシュー・穂先メンマ・ネギ・海苔。チャーシューはしっとりながらも噛み締め感も楽しめるタイプで好みです。ザクザクと切られたネギもいいアクセント。
途中で、「良かったら」と言って出して頂いた背脂と一味。背脂は、まるで杏仁豆腐の如く白くてサイコロの様に四角く切られたもの。思ったよりも脂っこくはなく、甘味を感じますね。そして一味は味が引き締まり、こちらも美味しかったです^^

訪問日 2014年7月27日

昼間は仕事で、お友達の「やまらぁ」4周年の限定ラーメンを食べに行けなかったので、夜はコチラで2周年の限定メニューを^^

十条店2周年記念限定メニュー
(2月22・23日夜の部のみ)
「博多風豚骨らぁめん」・・・700円

味玉付きか替え玉が選べて同料金との事で、 替え玉の方をお願いしました。
蓮根のお店は鶏で、こちらは牛(鶏白湯もありますが)。限定とはいえ、豚骨とは珍しいメニュー。

先に小皿で、紅生姜と自家製の辛子高菜が。高菜は辛いだけではなく、高菜の漬物自体の味も楽しめるもの。
スープは、豚の旨みや味わいがしっかりと感じられて濃厚ながらも、まろやかな味わい。
麺は、極細なものでスープの纏いもいい感じ。
具は、チャーシュー・穂先メンマ・菊あぶらの揚げたもの・青ネギ。チャーシューはトロリと柔らかなものが2枚。菊あぶらは、小腸の周りに付いているという部位だそうで、揚げてあって食感はカリッカリ。甘味や旨みもあって美味しかったです♪
替え玉には刻みチャーシューと青ネギがトッピング。辛子高菜や紅生姜を加えながら、最後まで楽しめました^^

訪問日 2014年2月22日

1年3ヶ月ぶり?に「焼豚ソバ」が限定で復活。インパクトのある一杯で、もう一度食べてみたくて仕事の後に^^

限定(10月21日〜)
「復活!焼豚ソバ」・・・850円
     &
「仕上げ
(御飯・生卵・フライドガーリック・青ネギ)
            ・・・150円
(現金で)

焼豚のスライスと白ネギがどっさりで粗挽きの黒コショウもたっぷりの見た目は以前と変わらず。 ただ、メンマを入れるのを忘れられちゃったみたいです (T^T)

スープのしょっぱさも健在で、黒コショウとネギがいいアクセントになって後を惹くというかクセになる味。
麺は中位?のもので、麺を持ち上げると表面がほんのりとスープ色。
麺にお肉を巻いて食べたり、ネギと一緒に食べたりと、しょっぱ旨さが楽しめます。

「仕上げ」を早めに提供してくれたので、卵の黄身をちょこっと崩してお肉をちょんちょんと漬けて頬張ると、そのマイルド感がまた何ともいい感じ。

麺を食べ終えた後は、「仕上げ」をよくかき混ぜ、スープを入れ、残しておいたお肉をトッピング。しょっぱかったスープが一気にマイルドになり、フライドガーリックのサクサク感と香味がすっごくいいアクセント。

訪問日 2013年10月23日

8月23日からリニューアルしたという「牛醤油らあめん」を目当てに^^ 

「牛醤油らあめん」・・・750円

とはいえ、こちらで「牛醤油」を食べるのは初めて(^^ゞ どう変わったのかは分りませんが・・・^^;

そんなスープは、塩で頂くよりも牛の味わいがダイレクトに感じ易いですね。醤油ダレとのバランスも良く、そのまろやかさとほんのりとした甘みが牛の香りや旨みを引き立たせているのかな。塩梅も好みの加減で美味しいスープ。
麺は、塩と同じものかな。ちょっと中太の縮れ強めのもので、啜り心地がいい。
具は、チャーシュー・穂先メンマ・粗みじんの玉ネギ・青ネギ・おろし生姜。チャーシューは2枚入っていて、スモークの香りが芳ばしくて美味しい。粗みじんの玉ネギは甘味もあり、シャキシャキとした食感でいいアクセント。
食べ進むにつれ玉ネギの甘味や、おろし生姜の香味でスープの味の変化が楽しめます。

「ステーキごはん」・・・400円

ラーメンの方に生姜が乗るので、ステーキのタレは「にんにく醤油」に。ニンニクは擦り卸しのものから粗みじんのものに変えたのかな。
ステーキはそのまんまで食べたり、にんにく醤油に漬けたりと変化をつけながらご飯をパクつき、「牛醤油らあめん」のスープをお供に^^

訪問日 2013年9月23日

 

 

 

宅麺.com」のコラボ企画メニュー。
昨日お邪魔した「啜磨専科」の後藤店主から「味見したけど美味しかった」と言われた一言で行ってみました^^

「サイレントヒル」コラボラーメン
7/1〜7/31(材料無くなり次第終了)
1日10食限定 
「汁無しMiso・Black」・・・950円

太麺なので茹で時間がちょっと長め。
出てきた一杯は、黒い麺にトマトが中央に鎮座し背脂がかけられたもの。う〜ん、やっぱりあまり美味しそうには見えない(笑)
ドンブリの渕の黒いタレの汚れもホラー感を出す為、敢えてそのままにしているそう。

トマトをしっかり崩して、よくかき混ぜて食べる様にとのアナウンス。
トマトの中はくり抜かれていて、挽肉やタケノコなどが詰まってます。麺と一緒に混ぜていくうちに、これらの具も黒に近いグレーに変化。内田店主からは「もっと楽しそうに混ぜて」と言われてしましました(笑)
麺を和えてあるのは味噌ダレで、竹炭を混ぜて黒くしてあるそう。確かに味噌のまろやかな味わいが麺に絡んで、美味しくて意外(笑) もちっとした太麺の食感もいいですね。
トマトの中に詰まってた挽肉や、ふわっと感じるスパイス感や背脂の甘味もいい感じ。 トマトの果肉部分のみずみずしさがいいアクセントになります。

「ライス」・・・100円

麺だけでもしっかり食べ応えもありましたが、ソースがちょっと残ったのでご飯でも食べてみたくて^^ 
しっかり混ぜると、やはり食欲をそそる見た目ではないですが。。。美味しいんです♪(笑)

訪問日 2013年7月1日

3月22日にTBSの「ぴたんこカン・カン」で紹介されていた「ステーキ定食」が食べたくて仕事の後に十条へ。 
2日間だけという別の限定の「鶏白湯ロッソ」もやっていて、そちらも気になりましたが初志貫徹です^^

限定
「ステーキ定食」・・・1000円

ステーキ用のタレは、「ニンニク醤油」か「擦り卸し玉ネギと生姜の自家製タレ」から選べます。以前、ニンニク醤油で食べた事があるので、自家製の方をお願いしました。

先にタレ・ご飯&スープが提供され、後からステーキが乗った油そばが熱々鉄板で登場。
先に一口スープを。「牛塩らあめん」などとベースは同じく牛肉を使って摂ったものですが、こちらは麺を食べさせるのではなくサイド的なスープなので、塩気控えめで牛肉ダシの旨みと、ほんのりとした甘味が楽しめます。
麺は、少し黄色味のある中太の平打ちなもの。油そばは塩味で、個人的には好みな塩梅。玉ネギの揚げ玉と焼豚の角切りされたものも入っていて油感も丁度いい感じ。鉄板の下の方の麺は、ちょっとオコゲになっていて、その食感も楽しい。
ステーキは8切れくらい入っていたかな。塩コショウ?の下味が付いているので、そのままでも美味しいですが、タレをたっぷり絡めてご飯を掻き込むがまた至福です(笑)
そして、ダブル炭水化物ですが、ご飯の上に油そばを乗せて一緒に食べるのもお勧め^^

訪問日 2013年4月13日

 

「牛煮干つけ麺」・・・800円

券売機の横に「牛煮干らぁめん」「牛煮干つけ麺」「冷し牛煮干つけ麺」が表示されており、しばし悩んで・・・「牛煮干つけ麺」を。

以前お邪魔した時に、酸味や甘みを加えないダシ濃縮系と聞いていたので、つけ麺にしてみました。

麺は平たい緩いウェーブのある中太のもの。そのままで食べてもふんわりと小麦の味わいが感じられます。
つけダレは、メニュー名通り牛と煮干しがバランス良く感じられるもの。(なんですが・・・続きは最後の方で)
具には、チャーシュー・玉ネギの揚げ玉・穂先メンマ・青ネギ。
チャーシューは2種類の角切りのものが入っていて、ほろっと柔らかなのとしっかりと噛みしめ感のあるものが。そして、あれっ?と思ったのが、とっても香りがスモーキー。何でも最近スモークにハマってる?とかで、ヒッコリーというチップを使ったものだそう。
なので、牛と煮干しのスープに、チャーシューからのスモークな味わいが徐々にプラスされていって、なかなか味わい深いつけダレに変化して行きました。

スープ割りは牛骨スープと、小口の青ネギやみじんの白ネギが加えられ、〆&口直しにはもってこいのあっさり旨〜なスープでした。

訪問日 2012年10月12日

前夜に「明日で提供終了」とのコメントを見かけ、これは食べておきたいので、仕事の後に行って来ました^^

「夏野菜の冷やしらあめん
   (バーニャカウダ添え)」・・・900円

野菜があまり好きではないという店主が、こうやったら美味しく食べられるかもと作った夏野菜を使った冷やしだそうです(笑)

スープは牛肉を使ったものだそう。「牛塩らあめん」は2度ほど頂きましたが、冷えたスープにオリーブオイルが加わると結構印象が変わる事にちょっとビックリ。冷やしらしく塩気は気持ちはっきりめですが、すっきりとしていて滋味深い味わいで美味しい。
麺は中太の平打ちのもの。〆られてコシもあり、あっさりなスープにも合いますね。
具は、鶏チャーシュー・赤と黄色のパプリカ・アスパラ・プチトマト・青ネギ。鶏チャーシューはしっとり柔らか。振られた粗挽きのブラックペッパーがいいアクセント。野菜達はスープの塩気だけでも十分甘みを感じますが、バーニャカウダソースを付けても楽しめます。そのバーニャカウダは、オイルサーディンを使ったものだそうで、ほんのりとしたニンニクとイワシの饗宴が面白い。こちらは野菜を付けても良し、後半スープに入れても良しとの事。
ただ、バーニャカウダが結構しょっぱかったので、そのまま入れると・・・と思っていると、一旦卓上のレモンを入れてからワンクッション置くといいとのアドバイスが。
レモンの酸味と爽やかさが加わると、元のスープの塩気が和らぎます。ソレを少し楽しんでからソースを投入。またまた印象が変わって3度楽しめました^^

訪問日 2012年8月31日

 

 

 

 

以前、池袋にあった「黒ナベ」(未訪^^;)。
現在は店主さんだった方がこちらにいらっしゃるとか?そんな事もあり、「焼豚ソバ」が限定で登場。是非食べてみたくて仕事の後に^^

限定メニュー(期間未定)
「復活!焼豚ソバ」・・・850円

いつものコチラでのメニューとはちょっと違って盛り付けがちょっと豪快な感じ?
具は、薄くスライスした焼豚を直前に炙ったというもの・穂先メンマ・粗切りの白ネギ・粗挽き黒コショウ。
スープは、豚骨などの動物系に醤油ダレ?をガツンと塩味を効かせたかなりしょっぱいスープ。第一印象でちょっと温く感じたので、すぐに麺を啜ってみるとしっかり熱い。なので、すぐにネギなどをスープに沈めて(笑)
麺は、ほぼストレートっぽいですが緩くウェーブもついてるような?しょっぱいスープも程よく馴染んでますね。たくさん入っている焼豚といい、ご飯が早く欲しくなり。。。
「仕上げ」を催促(^^ゞ

「仕上げ(御飯・生卵・フライドガーリック)
                 ・・・150円

食べ方的には、麺や具を食べた後スープへ投入だそう。
ですが、端っこの方の白飯に麺や焼豚を乗せて。これが何とも合うんです。少しご飯を減らしてから、残ったスープをドンブリに投入ではなく、ご飯の方へ。残しておいた焼豚もオン♪
この方が味を調整し易いかも。生卵でまろやかな味わいになり、んっまい〜♪

訪問日 2012年7月13日

今日も仕事の後に。
醤油も気になってたんですが、やっぱり好きな塩味を(^^ゞ そして、ステーキごはんも注文♪

「ステーキごはん」・・・400円

先に擦り卸しニンニクの入った小皿と弓削多のお醤油が提供され、ほどなくステーキごはんが。
少し大き目な一口サイズのステーキが10切れほど(切り方にもよると思いますが)も入ってました。
食べ方は、ステーキをニンニク醤油に漬けながら食べてもいいし、ニンニク醤油をかけて食べてもお好みで!との事。なので、2・3口漬けながら食べた後に、ぶっかけて(笑)
若干牛肉の筋の部分が硬くて食べ難かったですが、焼き加減も丁度良く、お肉もたっぷりでお得感のあるサイドメニューですね。

「牛塩らあめん」・・・700円

↓前回頂いたときよりも牛の味わいが感じられ、塩梅も丁度いい加減。じわ〜っと染みて来る旨味と味わいがバランス良く美味しいスープです。
麺は、中太で手揉みされた平たい縮れのあるもので、スープともいい感じ。
具は、チャーシュー・穂先メンマ・青ネギ・玉ネギの揚げ玉。 チャーシューはホロホロと崩れちゃうタイプではなく、しっとりで噛み締め感も楽しめる弾力のあるタイプで、好み。玉ネギの揚げ玉も美味しい♪ 穂先メンマは戻す段階でのものなのか、ちょっと特有の臭みが気になりました。

訪問日 2012年5月15日

仕事の後、夜の部へ。
らあめん 元〜HAJIME〜」で携帯サイト「超らーめんナビ」の限定や、プロデュースした西台の「麺屋じもと」などでも牛を素材に使ったラーメンを提供しており、どちらも頂いていたので気になって^^

「牛塩らあめん」・・・700円

最初に「牛塩らあめん」を。
こちらでは牛骨ではなく、牛肉を使ったスープだとか。美味しいスープなんですが、以前食べた両者と比べると。。。飲んだ後に鼻から抜ける香りは「牛」を感じるんですが、味としては「牛」の旨味が薄いかな。
麺は中太のもので、事前に丁寧に手揉みされたもの。滑らかな表面で啜り心地もスルスル〜っとしています。
具は、チャーシュー・穂先メンマ・玉ネギの揚げ玉?・青ネギ。チャーシューはバラ肉かな?薄くスライスされたものですが、脂身も嫌な柔らかさが無くて、弾力があってジューシーで旨い♪ 揚げ玉は玉ネギの甘みがいいですね。
ただ、揚げ玉がふやけていくと、スープの味の変化にもなりますが、ちょっと支配し過ぎちゃうかな。

「鶏白湯らあめん」・・・700円

続いて「鶏白湯らあめん」を。
一口目は、塩気と鶏の味わいと生姜がちょっとバラバラに時間差で。何口か飲み進むんでようやく1つにまとまった味に感じました。鶏の旨味がしっかり出ていて生姜の味わいも美味しいですが、塩気は思ったよりも強めですね。
麺はこちらも表面滑らかでスルスルとした食感の中太のやや平たいもの。茹で加減も良く食感もいいです。
具は、鶏チャーシュー・穂先メンマ・青ネギ・白ネギ。 鶏チャーシューは4枚だったかな。ホロッと柔らかな食感なんですが、こちらもかなり塩気が強めでした^^;

「牛醤油らあめん」や「ステーキごはん」も気になるので、もう少し落ち着いた頃にお邪魔してみたいと思います。

訪問日 2012年2月21日