< 閉 店 >
住 所
東京都北区赤羽1-8-8
最 寄 駅
JR京浜東北線・埼京線 赤羽駅

*塩ちゃんこらーめん 
         時津洋
(ときつなだ)

JR赤羽駅の北口の改札を出て、右側の東口に出たら、ロータリーを右側から回って、駅を背にして「松屋」の前の一方通行の出口の路地を入り、1つ目の十字路を左に曲がったすぐの左側。徒歩1・2分。

2012年12月25日OPEN。
元力士の「時津洋」関が経営する?馬喰町や小伝馬町などにある相撲料理専門店で提供している鍋の〆らーめんや単品提供もしているラーメンの専門店というところでしょうか。
店内は、入ってすぐ右側に壁に向かう2席のカウンターと、左側に緩いL字のカウンターが5席。こじんまりというか、結構狭いです^^;
お水はセルフで、前会計制。

メニューは、【塩ちゃんこらーめん 800円】【塩ちゃんこつけめん 800円】【鶏塩めん 780円】【鶏塩つけめん 780円】に各種大盛りが+80円に、【鶏しょうがごはん100円(サービスタイムは50円)】。


 

 

 

「塩ちゃんこらーめん」・・・800円

野菜が入ってるのが「塩ちゃんこらーめん」で、野菜なしなのが「鶏塩らーめん」との事。
もちろん「塩ちゃんこらーめん」の方を。

雪平鍋で野菜などの具をじっくりと火を通し、麺やスープ、具を土鍋に盛り付けて提供されます。 土鍋はあくまでもドンブリ代わり&雰囲気的なものかな。
具は、白菜・にんじん・豚肉スライス・鶏もも肉・もやし・油揚げ・水菜・ネギなど。
スープは鶏がベースでしょうか。野菜や鶏や豚肉などの甘味や旨みも加わってます。
麺は中太麺で黄色っぽい色合いのもの。札幌ラーメンで使われる様なタイプのものですが、違和感なく頂けます。
ちょっと大き目な鶏もも肉も柔らかで、しっかりスープの染みた白菜や油揚げがジューシーで美味しかったです^^

「鶏しょうがごはん(サービスタイム)
                 ・・・50円

11:30〜14:00と17:30〜19:30が通常100円の「鶏しょうがごはん」が50円に。
提供時に「スープをかけて食べると丁度いいかと思います」と。
小さ目なお茶碗ですが、たっぷりと盛られていて小皿で漬物も。 鶏の挽肉と擦り卸し生姜で炊いたものでしょうか?
半分くらいはラーメンの合間にそのままで。お米が割れちゃってるのかご飯の粒々がちょっと不揃いで、ちょっと固め。お勧め通りにスープを入れて食べるのが美味しいです。

訪問日 2013年1月23日