11:30〜15:00 18:00〜21:00
(スープ無くなり次第終了)
定休日 水

住 所
東京都国分寺市日吉町3−31−2
最 寄 駅
JR中央線  国立駅
JR中央線・武蔵野線  西国分寺駅

*白河手打ち中華 孫市*
JR西国分寺駅から行きました。
JR西国分寺駅の南口に出たら右へ線路沿いに進む。途中、美容室に突き当たるような感じになるけれど、手前を少し右へ行けば再び線路沿いに歩けます。右側2つ目の橋「内藤橋」を渡って二股の左側「内藤橋街道」を道成りにしばらく進んだ左側。徒歩12・3分。

2001年2月に開店したお店で、店主は白河にある「とら食堂」の流れを汲む横浜の「白河中華そば」で修行された方だそう。
道から少しだけ引っ込んだ所にあり、お店の前には大きな木が。周りも長閑な場所ですが何となく赴きを感じる店構えです。
店内は、左側が厨房になっていてその前にカウンターが5席と、4人掛けのテーブルが3卓と6人掛けが1卓。後会計制です。

メニューは【中華そば 600円】【ワンタン麺 750円】【チャーシュー麺 800円】【チャーシューワンタン麺 950円】【お子様中華そば 450円】【お子様ワンタン麺 550円】【つけ麺 700円】【チャーシューつけ麺 900円】など。


「ワンタン麺」・・・750円

シンプルに「中華そば」にしようかと思ってたんですが、「ワンタン麺」を注文してました(^^ゞ

大ぶりなドンブリな為か、出された瞬間にふわ〜っと鶏がらスープのいい香りが漂います。
醤油ダレの塩梅は控えめで、スープ自体の柔らかな甘味とじわっと染みる様な旨味もありながら、すっきりとした後味。
麺は自家製の手打ちのもので滑らかな口当たりでコシもあります。手揉みした縮れが啜る時に踊る感じが何だか楽しい。
具はチャーシュー・ワンタン・メンマ・ナルト・かいわれ・海苔。チャーシューはしっかりとした噛み応えのあるもので、噛み締める毎に味わいが感じられます。ワンタンの皮は大きくとろっとろに柔らかで餡も美味しい。5個入ってるので、食べ応えも充分です^^

訪問日 2007年9月2日
個人的好み