【らーめんの提供】
11:30〜 20食限定
提供日 平日の月〜金
住 所
東京都江東区富岡1−14−19 向殿ビル1F
最 寄 駅
東京メトロ東西線・大江戸線 門前仲町駅

*鳥料理 有明*
門前仲町駅(東西線・大江戸線共通)6番の出口を出たら左へUターンして真っ直ぐ。最初の十字路を右に曲がったすぐ左側。徒歩2分位。(入り口の画像は→にカーソルを乗せると見れます)

ラーメン店ではなく「鳥料理」の専門店ですが、平日のお昼のみ1日限定20食でラーメンの提供がされています。
2006年1月に木場から移転し、以前やっていた昼の部でのラーメンの提供はされていなかったが、2006年4月24日より再び提供が開始されました。
お店の規模自体は以前と同じだそうですが、とても天井が高いので広々と感じます。席はL字のカウンターで7席ほどと可動できる2人掛け用のテーブルが数卓。( 昼の部ではカウンターのみ)

メニューは、【軍鶏水炊きらーめん 700円】。
【替え玉 100円】【フレンチ地鶏のゆで玉子 100円】。【鶏だし炊込み御飯】は無料ですが、お替りは100円。

※夜の部のレポはコチラ


 

 

 

以前にも行ってみたんですが、ちょっと出遅れてしまって終了だった事が。。。^^;
6年振りの訪問となりました。

「フレンチ地鶏のゆで玉子」・・・100円

待つ間にゆで玉子を。
殻をむいておいてらーめんに入れたりしても楽しめそうですが、小皿にお塩が添えられていたので玉子自体の味を試してみたくてそのまんまで頂きました。
塩をちょこんとつける事により、玉子の甘味と旨みが引き立ちますね。黄身の味も濃くて美味しい玉子でした^^

「軍鶏水炊きらーめん」
 
 (鶏だし炊込み御飯付き)・・・700円

6年振りに頂く「軍鶏水炊きらーめん」。 色々と変化しましたね。

まずはスープから。じわりとした鶏の旨みと味わい。思わずほっこりとした穏やかな気持ちになっちゃう、そんなスープです。
麺は浅草開花楼の細麺。スープとの相性もいいですね。
そして具。鶏チャーシューが唐揚げになりました。提供の都度都度、鶏のムネ肉?を切って衣を付けて揚げた出来立て熱々の唐揚げが。表面はカリッと香ばしく、鶏肉はふわっと柔らか。粗みじんの玉ネギがシャキッといいアクセントで、揚げ玉ネギ?の甘味と香ばしさもいい感じ。

以前は「洗い飯」でしたが、「鶏だし炊込み御飯」に変わってました。
麺を食べ終えて残ったスープへ投入〜。もみじおろしのピリッとした辛味がアクセントになり、最後にちょこっとポン酢を加えるとまた違った味わいが楽しめます^^

訪問日 2015年10月22日

営業時間情報を訂正しましたが・・・
今月より店主ひとりでの営業の為、30食限定となっています。内、10食は「軍鶏冷し和えそば」なので「軍鶏水炊きらーめん」は20食という事になる様です。客足が途切れた事もあり、今日は1時少し前で終了でした。

「軍鶏冷し和えそば」・・・800円

2年振りの冷し。毎年少しずつ変化を加えているようですが、基本は変わらずかな?
麺を茹でた後流水で〆、ピーナッツオイルとボリビアの塩とガーリックパウダーで和えた麺に、ジュレ状の軍鶏スープ・粗みじんの玉ネギと小口ネギ・軍鶏肉のハム風にしたものが盛られて粗挽きの黒コショウが振られます。
「10分ほど茹で時間がかかる」とメニューに書かれた麺は今年変えたものだそうで、以前よりも太くコシがあって食べ応えを感じます。
しつこくない程度に麺に絡めるオイルの量が増えたのか、ジュレ状のスープがよく纏います。黒コショウも以外といいアクセント。
半分以上食べたところで、ポン酢のジュレを。
そのまんまでも充分食べられちゃうんですが、程好い酸味が爽やかで加速が付いて一気に食べられちゃいました(笑)
訪問日 2009年6月22日

前回訪問の後、知り合いのレポを見て鶏チャーシューが変わっていたのが気になって久しぶりに^^

「軍鶏水炊きらーめん」
    
    (洗い飯付き)・・・700円

さらっとしてるんだけど、鶏の旨味とコクが出ていて美味しいスープ。
細麺もするする〜っと啜り心地良く、スープとも丁度いい感じに絡まります。
具は、鶏チャーシュー・粗みじんの玉ネギ・もみじおろし・青ネギ。鶏チャーシューは、以前は皮目をパリッと焼いたモモ肉チャーシューのスライスでしたが、鶏皮は細かく刻まれてカリッとさせたものを散らし、モモ肉は大きめな塊になってました。見た目にもボリューム感が出て嬉しかったりして(笑) 塊でも柔らかなので、肉筋に沿って食べ易くモモ肉独特の弾力感もあって美味しい。皮は早めに食べてカリッとした食感を楽しんでもいいし、スープに浸しておいて柔らかくなって甘みが出た頃合で食べても美味しいです。

〆はもちろん「洗い飯」を投入。
毎度の如く、スープを最後まで堪能して来ました^^

訪問日 2009年4月2日

基になるスープが変わったと聞き、行って来ました♪

スープ新バージョン
 「軍鶏水炊きらーめん」(洗い飯付き)
                   ・・・700円

基のスープは、以前は茶色っぽい色をした清湯でしたが、鶏の量を倍にして白湯にしたそうです。それにご飯のペーストが加わりまろやかさをプラス。
見た目にはあまり違いは感じませんが、店主曰く「白湯に白湯を重ねたダブル白湯のイメージ」との事。確かに、鶏の旨味が濃厚に出ていて、とろみ感も加わって深く優しい味わいで美味しいスープ。
麺は細麺で以前と同じものかな。食べる時のスープの拾いがいい感じ。
具は定番の鶏チャーシュー・刻み玉ネギ・もみじおろし・あさつき? シンプルですがそれぞれがいい役割をしてますね。
麺を食べ終わった後は、洗い飯を投入して最後の一滴までスープを堪能しました^^

訪問日 2008年7月16日

以前は月・火・木・金の営業でしたが、火・木のみになったそう。敷居が高くなりましたが、丁度木曜日の休みにあたったので^^
あくまでも予定ですが・・・7月頃から杯数ではなくて、2時頃までの時間営業にしたいと話されてました。

「軍鶏水炊きらーめん」(洗い飯付き)
                 ・・・700円

水炊きらーめんは約1年ぶり。
スープは、前回食べた時の印象そのまんまに鶏の旨味がシンプルに感じられる味わいで、美味しい。
細麺の啜り心地も良く替え玉しようか悩みましたが、スープが薄くなって〆の雑炊に影響しそうだったので我慢しました(笑)
鶏チャーシューは皮目が香ばしくお肉は柔らかだけど、程好い噛み応えのあるもの。粗みじんの玉ネギはシャキシャキとした食感でもみじおろしもいいアクセント。
麺を食べ終わったところで洗い飯をスープに投入。粘りを取った洗い飯はサラサラ〜っと食べられて、スープを最後まで堪能出来ますね。

訪問日 2008年4月24日

夏の間お休みしていた「軍鶏味噌鍋つけ麺」が始まったと連絡をもらったので行って来ました^^

「軍鶏味噌鍋つけ麺」 ・・・800円

夜の部で提供されている「軍鶏味噌鍋」の〆にしか食べられなかったつけ麺が、昼の部でも登場です。
出てきたつけダレは黒味噌が混ざっているような色合い。 つけダレの底には挽肉よりも細か〜い軍鶏肉の混ざったペーストのようなものが沈んでいるので、最初によ〜く混ぜます。
これは以前OOSAKIさんのブログを見ていたので学習済(笑) そのつけダレは、確かに鍋を食べ終えた時のように煮込まれて旨味が凝縮したような深みのある味。なのにしょっぱくなくて美味しい。
麺は浅草開化楼の太麺でコシと程好い弾力があって食べ応えがあります。つけダレの味を活かす為にわざと小麦の風味を控えめにしてるのかな?
具は入ってません。不思議とつけダレだけで麺を食べさせる力があります。
スープ割りも無しですが、ついつい後を惹いてそのままでも飲めてしまいます。お腹に余裕があれば洗い飯を入れても良さそう^^

訪問日 2007年9月11日
個人的好み  

「お土産用 水炊きスープ」・・・1260円


再び食べたくなって行って来ました♪
前回訪問後、限定数が解除になったとの事ですが、店主のミツノブさんにお聞きしたところ大体15食くらいの提供の様です。
「軍鶏冷し和えそば(大盛)」
                 ・・・800円

ガッツリと食べたかったので大盛りで(^^ゞ
まずは端っこの麺から。前回よりもピーナッツオイルの味わいがはっきりわかりました。作る度に味見をされてるので、塩梅も申し分なしです。
麺は水だけで締めてるのでそれほど冷たくはなく端っこの方を食べてると油そばっぽく感じますが、ジュレ状にしたスープと絡めると一気に冷んやりとして「冷し〜」って感じになります(笑) 粗みじんの玉ネギのシャキシャキ感と軍鶏ハムの塩気もいいアクセントです。
半分くらい食べたところでポン酢のジュレをその半分にかけて。 ポン酢がかかってさっぱりした味と、そのままのところを交互に食べていると、違いが楽しくて大盛でも食べ切れてしまいます^^

訪問日 2007年7月24日
個人的好み  

 

右上に小さく写ってるのが「ポン酢のジュレ」です。

目の調子が悪く、コンタクトができない為メガネで食べ歩き。熱いものだとレンズが曇って食べにくそうなので冷しかつけ麺か・・・と迷っていた所、ふと見たカラスさんブログで今日から始まるメニューがあるという情報が。即決しちゃいました。

(夏季・1日10食限定)
「軍鶏冷し和えそば」・・・700円

ピーナッツオイルとボリビアの塩とガーリックパウダーで和えた麺に、ジュレ状の軍鶏スープ・粗みじんの玉ネギと小口ネギ・軍鶏肉のハム風にしたものが盛られて出されます。別の器にはポン酢をジュレにしたものが。

先に麺だけ食べてみましたが、ほのかなガーリックと塩味がオイルで包まれてまろやか。
ちょっと混ぜてみるとジュレ状のスープはすぐに溶けて麺と馴染み、シャキシャキした玉ネギも加わって味に広がりが出ます。
ハム風にした軍鶏肉は塩気がいい具合に効いているので、そのまま食べても美味しいし麺と一緒に食べてもいいアクセント。
半分位食べたところでポン酢のジュレをかけてみると、酸味が爽やかに効いて一段とさっぱりと頂けます。

訪問日 2007年5月28日
個人的好み  

(1日20食限定)
「軍鶏水炊きらーめん」・・・700円
            洗い飯(無料)付き

無性に鶏白湯が食べたくて行って来ました。
以前は50食の提供でしたが、今はご主人おひとりで営業されている為20食限定とハードルが高くなってます^^;

久々に頂くスープは、シンプルに鶏の旨味が味わえてやはり美味しい。
麺は以前と同じような印象だったのですが・・・帰り際にご主人から浅草開化楼の麺に変えたと聞きました。敢えて同じような感じに作ってもらってるのか私の思い違いかは未確認です^^;
鶏のチャーシューも美味しく、玉ネギがシャキシャキとみずみずしく爽やか。
そして最後にはやっぱり洗い飯。
後半ポン酢を入れてみようかな?と思いながらも気が付くとドンブリを持って最後のご飯ひと粒まで完食。入れ忘れた^^;

訪問日 2007年3月20日
個人的好み  

「軍鶏水炊きらーめん」・・・700円
            洗い飯(無料)付き

今日もカラスさんブログを見て行って来ました。「ミツノブによろしく」と伝言をもらったはいいけど、苗字は・・・?^^; まっいっか!と「ミツノブさん」と店主に話しかけて来ました(笑)

スープは以前よりもやや黄色っぽくトロミはあまり無かったけれど、鳥の旨みがしっかりと感じられて美味しい♪ ご主人曰く「作り方は一緒だけど、普段水炊きを作っていてお米を入れてもトロミの出る時と、トロミが抜けてしまう時がある」んだそうです。
麺は黄色い中細のもので滑らか。
具は鶏チャーシュー・玉ネギ・青ネギ・もみじおろし。食べ進むうちに鶏チャーシューの味がスープに移ったり、玉ネギの辛味がしたり。もみじおろしを溶くとまた違った味わいが楽しめます。
もちろん最後は洗い飯でスープを最後まで頂きました♪

訪問日 2006年4月25日
個人的好み