11:00〜15:00 17:30〜20:00
祝日は昼の部のみ
定休日 日・第4月

住 所
東京都江東区東陽1−25−6
最 寄 駅
東京メトロ東西線 木場駅・東陽町駅

*○心厨房*
木場駅の1番出口を出たら左へ。永代通りを右に見ながらずっと真っ直ぐ。「東陽3丁目」交差点を右に曲がって、1つ目の信号を左に行った右側。徒歩5・6分。
東陽町駅からも行けますが、若干木場駅利用の方が近いようです。

2006年11月3日に開店。
ラー麺SNS」で会員の方がラーメン店を開くという告知があり、情報によると夏頃まで千葉の検見川で「手しごとラーメン はしぞう」をされていた方だそう。味を変えての東京進出のようです。
引き戸の左側が入口。入ってすぐ左側にグラスと冷水ポットが置いてありお水はセルフ。
席はカウンターのみで5席。

メニューは【らーめん 650円】【味玉らーめん 750円】【ちゃーしゅーらーめん 900円】【辛いらーめん 700円】【辛い味玉らーめん 800円】【辛いちゃーしゅーらーめん 950円】で麺大盛が+100円、麺半分が100円引き。


前夜の飲み会でご一緒したやまさんから限定で「燕三条」系のメニューを出すと聞き、食べてみたいと行って来ました^^
1時過ぎ頃の到着。昨日ご一緒したやまさんは接客のお手伝いをしてました。外には数名の行列が。麺の茹で時間がかかる為、回転はさほど良くはないですが「ラー麺SNS」の知り合いも数人いて、お話したりといい時間潰しが出来ました^^

開店1周年1日限りの特別企画
「燕三条式 中華そば」・・・700円
        +味付け玉子・・・100円

店内に入ると以前6席だったのが5席になっていて、席の間隔に余裕が出来てゆったりと座れるようになってました。
待つこと少し。 出てきたラーメンは、ふわっとした煮干の香りと背脂の散ったもの。
ドンブリを触ると手が脂でギトっとしますが、飲み口はさらっとしていて、背脂のいい感じの甘味があって熱々。醤油はしょっぱさや尖りがなくてビターな感じがして好み。
麺は浅草開化楼の太麺。茹で加減がとてもいい感じで、麺の味と食感も良く美味しい。
具はチャーシュー・メンマ・白髪ネギ・玉ネギ・味玉。チャーシューは大ぶりで焼き目が香ばしく柔らか。粗めに刻まれた玉ネギがみずみずしくて、独特の香味と辛味がとてもいいアクセントになってました。

訪問日  2007年11月3日
個人的好み  

「辛いらーめん」・・・700円

たまには辛いものでもと「辛いらーめん」を注文。普通の「らーめん」にも唐辛子がかかってるようですが、「辛いらーめん」は唐辛子が増量されているという違いのようです。
脇の方からスープを。動物系や魚介系はあっさりめで、しょっぱくはないけど醤油が結構しっかりめに感じられ、甘味もあります。唐辛子をスープに溶かすとオレンジ色になり、スープの温度で唐辛子の匂いが立ちます。ただ、見た目の色ほど辛くないのは韓国産の唐辛子を使っているのかな。
麺は浅草開化楼の太麺でしっかりとした食べ応えがあります。
具はチャーシュー・メンマ・炒め野菜(もやし・ニラ・玉ネギ)。待っている間、この野菜を炒める香りがとても食欲をそそりました^^ シャキシャキとして丁度いい炒め加減。チャーシューは柔らか。

訪問日  2006年11月10日
個人的好み