11:00〜15:00 18:00〜21:00
土・祝 11:00〜18:00(スープ無くなり次第終了)
定休日 日曜 月に一回月曜不定休
住 所
江東区南砂5−21−4
最 寄 駅
東京メトロ東西線 南砂町駅

*とうかんや*
南砂町駅3番の出口を出て道なりに右に行くと道路(丸八通り)が横切っている。渡らずに右へひたすらずっと真っ直ぐ。葛西橋通りを過ぎ右手にゼネラルが見えたらその少し先右手。 徒歩10分ちょっと。

お店の名前は漢字で書くと「十日夜」となるらしい。お店の方の着ていたTシャツにはそう書かれてました。
店主は堀切菖蒲園の「弁慶」で修行をされたそうです。けれど背脂は使わずに、豚骨・鶏ガラ・魚介のトリプルスープが評判のお店です。

味も塩・醤油・味噌と3味揃っており、塩には海洋深層水から作った塩、醤油には小豆島の杉樽仕込みで無添加生絞りのもの、味噌は九州の麦味噌と信州の白味噌をブレンドしたものを使っているそうです。

店内は入って右側に券売機がおいてあり食券制。席はカウンターのみで13席程。店内に4名くらいの待ち席もありました。


「しお玉らーめん」・・・700円

注文の都度、小鍋でスープを温めて提供されるのでとても熱々。表面には鷹の爪・ニンニク・ネギなどの香味油もかかっているので尚更冷め難い。鷹の爪入りの香味油が味を引き締めている。
麺は中細の縮れ麺で茹で加減はやや硬め。
具はチャーシュー・メンマ・海苔・ネギ・味玉。
味玉は黄身が半熟で濃いオレンジ色をしている。甘味があって美味しい。
具の他にも白ゴマや香味油と一緒に揚げたニンニクや鷹の爪やネギ等も入っている。

麺と具を食べ終えた後、ようやく表面の香味油が減ったのか、スープ自体の味がしてきた。途中途中でスクって飲んだスープの味とは違い、甘味がある。何が突出しているという訳では無く一体となってはいるが、食べ始めと最後ではかなりイメージが異なる一杯でした。

訪問日  2004年10月25日
個人的好み