< 移 転 >
住 所
東京都目黒区下目黒3−4−6
最 寄 駅
JR山手線他 目黒駅・日比谷線他 中目黒駅

*ラーメンゼロ*
JRの目黒駅中央改札口を出て西口へ。
右へ行き1つ目の信号を左側へ渡りそのまま「目黒通り」を右手に見ながら権之助坂を下って行く。真っ直ぐ行き、目黒川も越え「大鳥神社」の交差点で左に曲がりずっと真っ直ぐ行った右側。徒歩8分くらい。

2008年7月19日にOPENした 「せたが屋」グループのお店。
こちらでは、以前「どっちの料理ショー」で対決し勝利したメニューをベースにして、調味料を使わないラーメンを提供。
店内は入って右手に券売機があり食券制。
L時のカウンターが5・6席と、6人掛けくらいのテーブル席が1卓。

メニューは【ラーメンゼロ 850円】【焼豚メンゼロ 1000円】【つけめんゼロ 900円】【焼豚つけゼロ 1100円】に【黒豚餃子450円】【小ごはん130円】【焼豚ごはん350円】【あさりごはん300円】【焼豚盛り500円】【メンマ盛り200円】【三種の神盛600円】の他、【味玉100円】【ラーメンの麺とスープの大盛り150円】など。
※訪問日08年7月23日時点では【つけめん】は「近日発売予定」となっていました。


「ラーメンゼロ」・・・850円
          +味玉・・・100円

スープは、塩や醤油や味噌などの調味料は使わず、店内のインフォによると「厚岸のアサリや噴火湾のホタテ・昆布・スルメ・煮干・鶏・豚・野菜・果物等を大量に炊いて、その旨味とエキスだけで作ったスープ」だそう。
動物系の濃厚さも程好くて、調味料を使っていないのに淡く好みの加減の塩味を感じるのは魚貝系の素材から出たもののようです。
素材の何かが突出してるわけではなくまとまって旨味がしっかり出ていました。食べ終えた後でわずかですがスルメの存在感が強かったように感じました。
麺は中細のストレートなもの。
具はチャーシュー・メンマ・青ネギ・海苔とトッピングした味玉。チャーシューは焼豚でしっかりとした噛み締め感を楽しめます。メンマは細切りのものと、穂先を挽肉と一緒に軽く炊いたものかな?2つの食感の違いが楽しい。

※調味料を使っていないラーメンってどんなんだろう?と思って行きましたが自分的には美味しく頂けましたが、普段濃い味とかインパクト系が好きな方には物足りなく感じるかと思います。

訪問日  2008年7月23日