11:00〜23:00
定休日 無休
住 所
東京都港区赤坂3-7-11
最 寄 駅
東京メトロ千代田線 赤坂駅 東京メトロ丸の内線 赤坂見附駅 他

*らぁめん屋 69’N’ROLL ONE
千代田線の赤坂駅から行きました。
1番出口を出たら右へUターンし、すぐ先にある信号を左へ渡って真っ直ぐ。左側2本目(右側に赤坂通郵便局があるところ)を左へ曲がり、150mくらい真っ直ぐ行った右側。徒歩3・4分。

2005年12月に神奈川の相模原で開店し、その後町田と経て、こちら赤坂に2013年6月9日OPEN。
町田の時は知りませんが、相模原の時と比べるとかなり広々としたスペース。
店内は入って左側に券売機があり食券制。右側壁沿いには二人掛けのテーブルが数卓。中央には向かい合う形のカウンターが8席。左側奥には4人掛けのテーブル席が2卓。そして、正面奥に厨房があり、その前にもカウンター席が5席くらい? 

メニューは【2号らぁめん 800円】【塩らぁめん 800円】にトッピング増しのものや、【つけ麺 950円】【チャーシュー飯 400円】など。


訪問日  2013年7月21日

ラーメンジャーナリストである北島秀一氏の、ラーメン食べ歩き30年を記念して
こちら「69'N'RULL ONE」の嶋崎店主が記念のラーメンを北島氏の為に。
ただ、ラーメンは一杯だけ作るというわけにはいかないという事で、
その記念すべきラーメンをお裾分け頂けるご招待を頂き、お邪魔して来ました^^

お店側が作成したポスター

 

普段はカーテンで目隠しされているという厨房もこの日はオープンに。
北島さんと、麺を担当したG麺7の後藤店主のツーショット。

  

左:厨房前のカウンター席には、テレビチャンピオン(ラーメン王選手権)のゼッケン。
中央:「支那そばや」の佐野氏が武内伸氏の「生涯通算5000杯」を記念して作った
「禁断のらぁめん」を提供した時に使用したドンブリ。
右:今回の為に、G麺7の後藤店主が苦労して入手したという小麦「ハルユタカ」の袋。

 

 

 

 

 

今回のメニューは「禁断のらぁ麺へのリスペクト」。
「禁断のらぁめん」というのは、12年ほど前にラー博の「支那そばや」で提供されたという一杯3000円の限定ラーメンで、 その原型は、同年に故・武内伸氏の「生涯通算5000杯」を記念して、佐野氏がごくごく内輪のみに提供をされたものの名称だそう。
今回の北島氏の食べ歩き30年にあたり、承諾を得てその名を使わせてもらえる事になったそうな。

「禁断のらぁ麺へのリスペクト」
              ・・・1500円

リスペクトと付いたこちらの一杯は、6年ほど前に相模原の店舗で提供された限定「カドヤ食堂からの贈り物」が原型だそう。
何でも、土の上で過ごす鶏達には群れが出来、その中には当然ボスとなる鶏が存在し、今回はそのボス鶏を使ったスープ。

着席すると、まずは前菜が。
幅広の麺刺し?と思いきや、中央部分の下にはご飯が。麺刺しと麺のお寿司の両方が楽しめちゃう一皿。小麦の甘味と風味も良く、ピンクペッパーの彩りやスパイス感もアクセント。次への期待に拍車がかかる一皿。

そして、「禁断のらぁ麺へのリスペクト」が登場〜
具は、チャーシュー・穂先メンマ・芽ネギ?とシンプルに研ぎ澄まされた様な面持ち。
早速スープから。思わず「うわ〜っ」と唸ってしまうくらい鶏の旨みと深み、そして塩梅も好みの加減で、じわじわと染みてくる感覚に驚きました。普段は1口2口で麺を食べるんですが、気が付けば今回はしばらくスープだけを堪能してましたね^^;
そして、麺。G麺7の後藤店主が手掛けたもの。↑でも書きましたが、今では入手が困難という「ハルユタカ」を使ったというものだそうで、空輸で取り寄せたとか。 啜り心地滑らかで、とてもしなやかな麺。スープも程よく纏って、麺自体からも小麦の甘味や風味も感じられます。
もちろん、チャーシューや穂先メンマも秀逸で美味しかったんですが、このスープと麺のスゴさの前では、印象がちょっと薄くなっちゃいました^^;

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「コカクーラー」・・・1000円

そして、名前だけは聞き知っていた「コカクーラー」をお代わり。
簡単に言うと?「コーラを使った醤油味の冷やしラーメン」って事でしょうか。
スープを飲んでみて、一口目の印象は「ちょっとソースラーメンっぽい?」。 そして二口目は「ん?カレーラーメンっぽい?」。 そして三口目は「ん?エスニックっぽい?」 そして四口目あたりで「あ。醤油とコーラの味とほのかに炭酸の感じがする!」ってな具合で色んな味わいが顔を出して来ます。
具には、揚げたジャガイモ・フライドガーリック・ベーコン・ライム・刻み玉ネギ・クミンなどのスパイス類がたくさん。
麺は細麺で、〆られてちょっとポキッとコシがあって、これまたスープともいい感じ。
これはとても面白い一杯! 美味しかったです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、最後はサービスの「かき氷」。
ふわふわの氷に和三盆の上品な甘味が後口すっきり^^