< 閉 店 >
住  所
東京都港区白金台2−26−13
最 寄 駅
都営浅草線 高輪台駅

*ムーリー亭*
都営浅草線の高輪台駅のA2の出口を出たら右へ。そのまま直進し、「らーめん梅乃家」を過ぎたところの路地を右に曲がってちょこっと行った右側。徒歩1分。

2009年10月1日OPEN。
乃木坂(西麻布)にあるダイニングバー「礼三」で人気だったという牡蠣を使ったラーメン。
常連だったという方々と共同出資でそのメニューを提供するお店を出したんだそう。ちなみに店名の「ムーリー」は中国語で「牡蠣」の事だそう。
→店舗写真の真ん中が入口です。(間違っても左側からは入らないようにご注意を^^;)
入るとカウンターがあって内側が厨房になっていて、客席は地下になります。4人掛けのテーブル席が5卓ほど。後会計制で1Fの入口付近で支払いをします。

昼の部のメニューは【ムーリー麺 700円】【限定塩ラーメン 700円】にそれぞれのハーフが400円で、麺の大盛が+100円。トッピングはメンマや塩鶏など。
夜の部ではサイドメニューもあり、飲んでゆっくりと過ごす事が出来るみたいです。


 

 

 

 

昼の部のランチタイムではライスと、卓上にはもやしキムチと白菜の浅漬けのサービスも。
白菜の方は薄めの味付けなので、「ちょっとお醤油をかけると美味しいですよ」とフロアー担当の方からアドバイスが。

「ムーリー麺」・・・700

サービスライスは遠慮し、漬物を食べながら待っていると、合図と共に1Fの厨房からミニエレベーターで作られたラーメンが降りて来ます。

スープは、牡蠣や鶏肉、魚介や野菜など10種以上の食材からダシをとったものだそう。早速飲んでみると、牡蠣独特の旨味やコクが最初に感じられ、時間差で揚げ玉ネギや香草などの複雑でアジアンちっくな味わいがして初めての味。見た目的には濃そうな感じですが、意外にもあっさり系で美味しい♪ベースの牡蠣ダシがいい感じでお吸い物の創作版的で、飲んだ後に人気があったというのも納得です。
麺は中細の緩い縮れのあるもの。麺自体は小麦の味わいを感じるとか、特に特徴的なものは感じませんが、スープの味を壊さずにいい感じ。
具は、チャーシュー・メンマ・ナルト・海苔。
チャーシューは2枚入っていて豚のモモ肉の部位かな。しっとりと柔らかで、程好い噛み締め感があります。メンマは太めの短冊切りのもの。ジューシーでザクッとした食感もいい感じ。

「限定塩ラーメン」・・・700

本当は、もう1軒予定してたんですが塩も気になってたし、雨降りという事もあり。。。
ムーリー麺を食べ終える頃の腹具合と相談して「限定塩ラーメン」をハーフではなく、普通サイズでお代わりを(笑)

スープは・・・鶏と貝がベースかな?こちらはムーリー麺に比べるとシンプルな味わいに感じちゃいますが、旨味と香味があってすっきりとした味わいで美味しいスープです。
麺はムーリー麺と同じものかな。中細の緩いウェーブのあるもの。
具は、鶏チャーシュー・メンマ・チンゲン菜・ナルト・細切りネギ。鶏のチャーシューはトッピングにもある塩鶏かな。ムーリー麺に入ってる豚のチャーシューと比べると寂しい感じでしたが、柔らかくてほんのりとハーブ?が効いているような味わいが。ザクッとしたメンマは塩のスープにも合ってて好み。

食べてる途中でフロア担当の方から「辛味噌を途中で入れるといいですよ」とのアドバイス。そのまんまでも好みな味でしたが試してみると、ピリッとした辛味がスープを引き締めた感じになって、こちらもなかなか。2杯目でしたがこちらもスープまで完食しちゃいました(^^ゞ

訪問日  2009年12月3日