11:00〜23:00
定休日 日
住  所
東京都港区新橋3−13−7
最 寄 駅
JR・都営浅草線 他 新橋駅

*鯛麺 真魚(まな)*
新橋駅の烏森口を出たら、目の前の信号を渡り駅を背にして進む。次の信号で左へ曲がり、右側2本目の路地を右に曲がってちょこっと行った右側。徒歩2分位。

2012年1月19日OPEN。
→の写真の左側が通りから見た外観で、暖簾をくぐると細い廊下?になっていて→右側の入口が見えます。
店名の通り鯛のダシを使ったラーメンを提供ですが、昼の部では「辛口 鯛ラーメン -真魚-」、夜の部は「鯛麺 -真魚- (四川風辛口鯛スープ拉麺」とメニュー表記が変わる様ですが、ラーメン自体は一緒の様で一品のみ。
店内は入って左側がお店のスペースで、厨房の前にカウンターが4席、その後ろに4人掛けのテーブル席が3卓で和風な雰囲気の店内。夜は一品料理などもあり飲んだりも出来る様です。

 


辛いものは得意ではないですが、鯛ダシを使ったというのが気になって仕事の後に^^

「鯛麺-真魚-
   (四川風雨辛口鯛スープ拉麺」
                 ・・・9
00

カウンター前の仕切りが高いので、調理風景は見えませんが、炙ったり調理する音がしばし聞こえた後、提供。

あ。思ったよりもスープの色が赤い^^;
熱々なスープを飲んでみると、ピリッとラー油?の辛味が先に来ますが、潮汁の様な鯛のダシ感もちゃんと感じられます。そして、辛味のせいかダシの甘みもほんのりと感じられますね。
麺は浅草開化楼のものだそうで、中細の緩いウェーブのあるもの。気持ち柔らか目の茹で加減ですがスープとの相性はいい感じ。
具は、鯛の切り身・タケノコ・ほうれん草?・ネギ・半熟玉子。パリパリとバーナーで炙った様な音がしてたのは鯛の皮目を焼いてたのかな?鯛といえば淡白な白身魚ではありますが、スープとの対比で鯛の味わいが引き立ちます。タケノコは穂先の部分と軸?部分の2部位。サクッとした食感がいいアクセントでした。

「鯛麺おじや」・・・100

麺を食べ終えた後、スープを3分の1ほど残して「おじや」を注文。てっきり、ご飯だけ出てくるのかな?と思ってたら、ドンブリを一旦下げ、スープを温め直して卵やネギを盛り付けてくれました♪

訪問日  2012年2月1日