11:00〜22:00
土・祝 11:00〜15:00
定休日 日
住 所
東京都港区浜松町1−27−4
最 寄 駅
都営浅草線他  大門駅

*東京らあめん タワー*
都営浅草線の大門駅から行きました。
A2の出口を出たら右へ。100mほど先にある「ファミリーマート」の手前の細い路地を右に入り正面の道路の手前左側。徒歩1・2分。

2009年7月OPEN。
「風味」・「甘さ」・「熱さ」の融合を身上と掲げています。
店内は入って左側に両替機と券売機が。正面に独立した厨房があり、その手前にコの字型のカウンターで15席ほど。1960年代頃のレトロなBGMが流れてました。
店内には、「熱々宣言」や「スープ宣言」や「具の説明」など色んな案内がありました。

メニューは【らあめん 700円】【チャーシューめん 900円】【大盛+200円】にトッピングなど。1月15日より平日の夕方18時から提供の【釜揚げつけ麺 700円】や【豆富ごはん 250円】なども。


椅子の座面が緑・薄紫・黄緑・黄色・青の5色だったので、薄紫の席に座りました^^

「らあめん」・・・700円

スープは煮干を中心とした「魚系だし」と豚骨・鶏ガラを使った「肉系だし」をブレンドし、元だれには甘露醤油を使用しているそう。
そんなスープの表面にはラードの膜が5ミリほど。なのでスープは熱々。最初のひと口目は、煮干のふわっとした香りとすっきりとしたダシの味わいが感じられます。飲み進むうちに控えめではありますが甘露醤油の甘みの方を強く感じてくるかな。新鮮な味わいですが、好みが大きく分かれそうな・・・
麺は中位の緩いウェーブのあるしなやかな食感のもの。
具は、チャーシュー・メンマ・ネギ・三つ葉・柚子皮。チャーシューはバラ肉でこちらも甘露醤油を使っているそう。柔らかで炙りの芳ばしさがいい感じ。メンマは薄味ですが、素朴な味わいでコリコリとした食感。
たっぷり三つ葉と柚子皮ですが、ベースが甘いせいか香味が映えずにぼんやりとした印象に感じちゃいました。。。

訪問日  2010年1月21日