※ラーメンの提供は月〜金のみの
11:30〜14:30(LO 14:00)
(スープ無くなり次第終了)
定休日 土・日・祝
住  所
東京都港区芝5−11−3
最 寄 駅

都営浅草線・三田線 三田駅/ JR 田町駅


*港区三田のやきはま屋*
都営浅草線の三田駅から行きました。
A3の出口を出て、右側に見える「慶應仲通り商店街」を入ってずっと行き道なりに行き、右側にちょっと広めな1本目の道を曲がって真っ直ぐ行った右側。徒歩4・5分。

総合レストランの企画・運営・プロデュースなどを行う「MED Dining」が展開する焼きハマグリをメインにした居酒屋さん。
2008年3月より平日の昼の部でラーメンの提供が始まりました。
店内はカウンターが6席と奥にテーブル席で6席。2階もあるようですが、ランチでは1階だけの使用でしょうか?
入口で注文して、後会計制です。

メニューは【はまぐり塩らぁめん 650円】【 はまぐりとまと塩らぁめん 750円】【(冷)はまぐりとまとつけめん 800円】に 【ご飯セット(梅じゃこわかめ) 50円】。
トッピングは【味玉100円】【あおさ海苔100円】【チャーシュー250円】【バター50円】【チーズ100円】。


 

貝ダシは好きなので気になってたんですが、提供当初はアサリのダシだったそうな。何でハマグリじゃないんだろう?と思ってたら最近ハマグリのダシになったと知り、3日前の1時半頃行ったらスープ切れで終了^^;
再びリベンジで行って来ました。

「はまぐりとまと塩らぁめん」・・・750
    +ご飯(梅じゃこわかめ)・・・50円

スープを飲んで最初に感じるのは辛味のあるトマト味。飲み込んだ直後くらいにハマグリの旨味の余韻が残って面白い味わい。
麺は中細のもので、ちょっともっちり感があるかな?印象には残らないけど違和感も感じないかも。
具は、アサリ・湯剥きしたトマト・鶏の挽肉・水菜・ネギ・揚げニンニク。湯剥きしたトマトは丸ごと1個。途中で崩して食べるとトマトのフレッシュ感が新鮮に感じられます。アサリは6個くらいかな?ハマグリの出汁と味の対比が面白い。

ご飯(梅じゃこわかめ)は途中で2・3口ラーメンを食べながら頂き、麺を食べ終わったところでスープへ投入。
梅やシソのアクセントも良く、ドンブリの底に残った挽肉もリゾット(風)の具になって最後までスープを堪能できちゃいます^^

訪問日  2008年6月12日