< 閉 店 >
住 所
東京都港区六本木3−3−6
最 寄 駅
東京メトロ日比谷線・大江戸線 六本木駅
南北線  六本木1丁目駅

*らあめん 山嵐*
日比谷線の六本木駅から行きました。
3番出口を出て右へ行き、外苑東通りを右に東京タワーに向かって歩く。「六本木5丁目」の信号の次を左に曲がり、道成りに右方向へ行った右側。人混みがなければ徒歩5分位。

店名の「山嵐」はオーナーの山岡さんが松山のご出身だそうで、夏目漱石の「坊ちゃん」に出てくる登場人物の名からだそうな。
店長さんは元フレンチ出身だそうで、俳優の岸谷吾郎さん似のめちゃめちゃ楽しい方(笑)
店内はL字のカウンターのみで10席くらい?

メニューは【らぁめん 650円】【みそらぁめん 750円】【温玉らぁめん 750円】【ネギらぁめん 750円】【野菜らぁめん 750円】【チャーシューめん 850円】【酢辣湯麺 850円】【坦々麺 850円】など。

夜の部では、焼き鳥(もも正肉・つくね・砂肝・レバー・とり皮)や、肉味噌もやしなどのメニューもあって居酒屋気分が楽しいお店です。


「スーラーつけめん」・・・750円

久々に無性に食べたくなって訪問♪
お昼時を過ぎていたので、店主のアルジさんは奥の席でチャーハンを食べてました(笑)
でもすぐに、夜の部担当?で岸谷五朗さん似のお兄さんと漫才をしながら、厨房に立ち作ってくれました。
今日のつけダレは辛味はOKですが、やや酸味が弱かったかな?それでも、やはり麺とつけダレの相性は良く、今日の発見はつけダレの中からとても小さな桜海老を見つけた事でしょうか?(笑)

次は完成となった「かれーらぁめん」を食べてみたいです^^

訪問日  2006年11月24日
個人的好み   


今日の食べ歩きのテーマは「エスニック」♪
2軒目はコチラ
あさって10/25から「かれーらぁめん」が登場するとアルジさんのブログで見かけ、ぼぶさんが一昨日食べられたそうで。。。発売前ですが私も食べさせて頂きました^^

「かれーらぁめん」

アルジさんのブログに書いてある様に、クミン・ガラムマサラ・ターメリックなどのスパイスを使い、スウィートチリベースのチャツネとカスピ海ヨーグルトをアクセントにしたエスニック風のカレーに仕上がってます。 今日頂いたのが試作のルーだったので、めちゃ辛い(笑)
辛さは本番では調整するそうです。
スパイスの辛味とチャツネの甘さが面白いスープになってます。

私が行くたびに何かしらのアクシデントがあり・・・今日はしゃぶしゃぶにしている豚バラ肉が一部行方不明となり・・・急遽温泉卵が乗りました(爆) 辛味がまろやかになって結構美味しかったです(笑)
今度は完成品を食べに行きたいです^^

訪問日  2006年10月23日
個人的好み   

「スーラーつけめん」・・・750円

今日は仕事が5時上がり。その後友人と待ち合わせてたんだけど、時間は8時。
その3時間を利用してもう一度「スーラーつけめん」を食べに^^

つけめんの食べ方は正直よくわからないのですが・・・最初に麺を。小麦の風味が良く、ぎゅっと詰まった感じのしっかりしていて相変わらず美味しい麺。
そして胡麻豆腐、この前より少し柔らかですが麺と絡め易くなっていてました。
そしてつけだれに麺を入れて・・・酸味と辛味が効いていて美味しい♪
今日は途中から、卓上に置いてある「柚子コショウ」を。そのままでも充分だけど、また違った味わいになってこれもなかなか^^
最後はもちろんスープ割り。暖かいスープが加わると柚子の香りが立って爽やかな感じでした。

訪問日  2006年6月14日
個人的好み   

「スーラーつけめん」・・・750円

昨日(6月1日)から始まった「スーラーつけめん」を食べに再度訪問♪

つけダレは、ネギ・肉味噌・温泉玉子の入った酸っぱ辛いスープ。
麺は、1週間程前に急遽このつけ麺の為に浅草開化楼に頼んだという太麺。その上にはオーナー手作りの胡麻豆腐と刻み海苔。
まず麺をそのまま頂くと、小麦の風味がしてぎゅっと詰まったようなしっかりとした食感で美味しい。
胡麻豆腐はほんのりとした胡麻の風味。
今日はちょっと硬めの仕上がりだったそう。麺と絡めて食べてもいいし、スープに入れても。
つけダレと麺がまた良く合っていて、ついつい箸が進んでしまいます。
途中、温泉玉子を崩して食べると酸味がまろやかになって違う味わいも楽しめます。
そして最後はスープ割り。普通盛りでもかなりお腹いっぱいになりました。

普段つけ麺は殆ど食べないのですが 、ちょっとクセになりそう・・・^^

訪問日  2006年6月2日
個人的好み   

「らぁめん」・・・650円

↓ちょこっとずつ色々食べながら飲んで・・・というか、結構飲んだ後ですがやっぱりラーメン食べないと(笑)

店内の寸胴は3つあり、ゲンコツを煮込んだもの・豚がらやモミジなどを煮込んだものとそれを合わせたものがあります。
白濁した豚骨スープは細かい背脂が乗り、濃厚ながら重過ぎず意外とまろやかな感じ。
醤油ダレは「八方出汁」をアレンジして作ったものだそうで、他のメニューのベースにもなっているそうです。そのタレの味なのかな?しょっぱかったり甘かったりせず、ちょっとビターな味わいが美味しい。
具は、チャーシュー・ナルト・メンマ・海苔・ネギ。
麺は中位のもので茹で加減もいい感じで、飲んだ後でも美味しく頂ける一杯でした^^

訪問日  2006年5月19日
個人的好み   


チャーシュー・メンマ・キムチの盛り合わせ


大分?の塩唐揚げ


焼き鳥の盛り合わせ


キャベツ、ザクッ!


おでん(玉子・ネギ・鶏肉)

夜の部はお酒も飲みながらまったり出来るというので、マイミクであるオーナーの山岡さんに会いに知り合いと。
待っている間、店長さんが次から次へとたくさんのお料理を出してくれました^^
もしかしたら、おでんと唐揚げはメニューにないかも。。。

(2006.5.19)