2010年1月 < 閉 店 >
2010年5月、同店で修行された方が
「中華そば みたか」として同じ場所で
同じメニューをと新規開店。

住 所
東京都三鷹市下連雀3−27−9 B1F
最 寄 駅
JR中央線・総武線 三鷹駅

*中華そば 江ぐち*
JR三鷹駅の改札を出て、南口へ。左側の線路と垂直の道を真っ直ぐ行き、東急ストアの手前角のビルの地下1階。徒歩2・3分。

創業が昭和27年という歴史のあるお店で、【小説 中華そば「江ぐち」】(久住昌之氏著)という小説にもなったそうです。
店内はコの字型のカウンターで内側が厨房。
2人掛け用の長いすなどもあったりで、12名位座れます。今は創業者の息子さんに代替わりをしたそうですが、以前から主にお店を任されていたという方も交代?で楽しそうにニコニコとしながら作られています。
接客もとても感じが良かったです^^

メニューは【ラーメン400円】【ワンタン400円】
【竹の子ラーメン430円】【チャーシューメン550円】【玉子ラーメン450円】【ワンタンメン530円】【チャーシューワンタンメン580円】【五目そば550円】【五目ワンタンメン580円】などで、麺の茹で加減や半熟玉子を作ってもらったりとか気軽にお願いできるようです。


「ラーメン」・・・400円

到着したのが11時半頃。
既に常連とおぼしきオジ様達で席は埋まり1席だけ空いてました。隣に座ってるオジ様はメンマなどをツマミにビールを飲んでいる。 いいな〜と思いながらも「ラーメン」を注文。
大きな鍋で麺やワンタンを茹でたり、生卵を割りいれて半熟玉子を作ったり。その麺は平ザルに乗せられ、湯きりも無しにドンブリへ。何ともダイナミックな作り方(笑) さすがに長年の経験なのか、スープも丁度いい塩梅。
ちょこっと後味が残るけど、あっさりとしたお醤油味は何だか懐かしい味わいです。
麺は茶色っぽいものでお蕎麦みたいな食感で量も多めです。
具にはチャーシュー・メンマ・ネギ・ナルトとシンプル。チャーシューがかなり寂しいけど、味は美味しい。チャーシューメンにしても550円なのでそっちにすれば良かった・・・^^;
近くにあったら気軽にちょくちょく寄ってしまいそうなお店です。

今年のテーマと言われている「原点回帰」・・・
思いっきり回帰してみました(笑)

訪問日 2007年1月27日
個人的好み