18:00〜翌2:00
定休日 3日・13日・23日
住 所
東京都中野区沼袋1-44-10
最 寄 駅
西武新宿線  沼袋駅

*GOMA*
沼袋駅の改札(北口・南口共に)を出たら少し進んで交差する道を右へ真っ直ぐ。右側3本目を右に曲がって100mほど行った先の右側。徒歩3・4分。

創業は1995年、今年で18年目になるんだそう。店主さんは千葉の五香にあった「13湯麺(かずさんとんみん)」の出身で、そこで使われていた製麺機も譲り受け自家製麺を提供。店名は、娘さんがゴマフアザラシの「ゴマちゃん」が好きだったからだそうで、店内にもぬいぐるみが飾られています。
店内は、カウンターが9席くらいとテーブル席が3・4卓。

メニューは【湯麺(トンミン) 480円】【炒葱麺(ネギソバ) 600円】【セット(叉焼・メンマ・青菜) 200円】【四川風湯麺 800円】【香麺 850円】【つけ麺 600円】【冷し中華 850円】【裏18香 500円】の他、【チャーハン 680円】【焼ソバ 680円】【チャーシュー 500円】【豚角煮 500円】【青菜炒 450円】【セロリの酢の物 300円】【メンマ 250円】などなど。


 

 

 

 

 

 

世間は3連休初日ですが、仕事の後に^^;
ず〜っと気になっていたお店なんですが、ようやく^^

「青菜炒」 ・・・500円
なので、飲んじゃいます。コロナビールと共に青菜炒めを。チンゲン菜がシャキシャキでタレのちょっとしょっぱめ加減がお酒が進みます^^

「セット」・・・250円×2
        「メンマ」・・・250円
続いて、後から「湯麺」を頼むことを前提にセットをおつまみにして、紹興酒を。噛み締め感のあるチャーシュー(焼豚かな)や青菜やメンマも美味しく、お酒に合います♪そして写真はないですが、メンマを追加してお代わりも。
通常セットは、麺1杯に対して1皿ですが、遠くから来てくれたからと、もう1皿おつまみに作ってくれました。

裏メニュー?
     
(メニュー名&値段不明^^;)
アスパラのバターソテーと生ハム。
メニューには載ってませんが、日替わり?のおつまみもいくつかあるみたいで、常連さんと話してるのを聞き逃さず作って頂きました。

「餃子(土曜のみ)」・・・450円
近くでいつも遅くまで仕事をしている友人にメールをしてみたら、少し付き合ってくれるというので合流してご一緒に♪
土曜のみの提供という「餃子」。
皮はもっちり、焼き目はカリッと。何もつけなくても素朴な味わいが美味しい!

「湯麺(トンミン)」 ・・・480円

そして〆。 透明感があって麺の1本1本が見えるスープ。鶏の香りと味わい、そして旨み。一口目から感動でしたが、ずっとスープを飲み続けていてもその印象が変わる事なく最後まで飲み続けられちゃうくらい好みの味。
麺は自家製の細麺。しなやかで喉越しも良く、スープとの相性も抜群!

「13湯麺」は本店の他、南流山店マルカとんみん13湯麺YO!などに行ったっけ。その時も美味しかったけれど、今だからなのかな?もっともっと美味しく感じました!

訪問日  2013年10月12日