< 終 了 >
住 所
東京都中野区鷺宮3−1−12
最 寄 駅
西武新宿線  都立家政駅

*麺や 七郎 背脂*
西武新宿線の都立家政駅の南口を出たら右へ行き踏み切りを渡り(南口だと数歩左に歩いて右)、そのまま100mほど行った左側。徒歩2・3分。

麺や 七彩」の夜の部である「江戸甘」で、第1・2・4火曜日を利用してスタッフ君達がそれぞれのメニューを提供するトリプルなサードブランドが始まりました。
第1火曜は山下君の「麺や七郎 背脂」
第2火曜は長尾君の「やきそば どろっ
第4火曜は太田和君の「牛魔王」とそれぞれ違った麺類が提供されます。

「麺や 七郎」のメニューは麺の量が普通・中盛・大盛が同料金の【七郎らーめん 670円】【七郎らーめん味玉付き 790円】。
そして普段提供している【白飯 120円】【玉子かけ御飯 270円】【ちゃーしゅー飯 320円】【きまぐれ御飯 370円】など。


 

※↑デフォでは普通のキャベツ使用です^^;

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

※↑こちらは同じ日に行った知り合いの頼んだ
「七郎らーめん味玉付き 大盛」ニンニク別皿です。
通常は、こんな感じです(笑)

 

2回目の営業を迎える「麺や 七郎 背脂」。
この日の主役は、以前は栄養士だったという経歴の持ち主の山下君(通称:山ちゃん)。
麺や七彩」の弟子第1号で、もう2年になるのかな? 去年あたりから夜の部の「江戸甘」で金曜日に背脂を使った「霜降り」や「赤霜」など、山ちゃん考案の限定メニューをやってましたが、今回始まったサードブランドも「背脂」を使ったもの。店名から想像しがちである「二郎インスパイア」ではなく、コンセプトはあくまでも「NEO背脂」だそう。

「七郎らーめん味玉付き】・・・790円

麺の量とニンニクの有無を聞かれたので、普通盛でニンニク有りでお願いし、背脂少なめでお願いしました。

てっきり以前見かけていた背脂をたっぷり振りかけた「霜降り」のようなビジュアルかと思いきや・・・
100%豚のみを使ったというスープを小鍋で温める際に、一度焼いてからお醤油で味付けしたという背脂をザルでゴリゴリと投入。
背脂少なめにした為か、粒々した背脂は見えず乳化した濁りのあるスープ。味は濃い目が美味しいというのでお任せに。
そんなスープは、豚の旨味とコクがあり脂っこかったり重たさは感じないかな。濃厚というかお醤油味しっかりで濃い目の味わいですが、美味しいスープです。
麺は、太麺で粉の密度がギュっと詰まった様なワシワシと噛み応えのある食感。
具は、チャーシュー・キャベツともやしの茹でたもの・味玉・ニンニク。
同じ日に行ったブロガーさんや知り合いもいましたが、写真を見るとチャーシューの見た目は様々?普段好んで頼むせいか、これはモモ肉チャーシューかな?低温調理とはまた違って、しっかり煮込まれた感じでホロホロとしっとり柔らか〜。キャベツが紫なのは、紫好きな私に山ちゃんからのサービスです(^^ゞ
食べ進むうちにじわじわとニンニクの味わいが。ニンニク好きな事もありますが、とてもいいアクセントで食欲増進です(笑)

本日の『きまぐれ』御飯
【あべ鶏のみぞれ飯】・・・370円

岩手県産のあべ鶏の胸肉を低温調理したという鶏肉に、たっぷりの大根おろしが乗ったご飯。大根おろしには、 お醤油だけでなく有機レモンの果汁も合わせてあるそう。 そしてご飯にもそのレモン果汁を加えて、酢飯風にしたもの。 他には、岩のりとそばの芽のスプラウトが散らされてます。
しっとり柔らかな鶏肉に、ご飯と大根おろしからの爽やかな酸味がとてもあっさり。

「七郎らーめん」の途中途中で食べたり残ったスープと一緒に食べたり。ある意味濃厚というか濃い系のスープと、あっさりの味わいが対極的でどちらも新鮮に味わえました^^

訪問日  2010年4月6日