11:00〜14:00 17:00〜20:00
定休日 月・第2火曜

住 所
東京都練馬区小竹町1−2−7
最 寄 駅
西武池袋線 江古田駅

*麺や 金時*
西武池袋線江古田駅の北口を出て(北口改札を出た右側の階段を降りる)右へ道成りに。信号を1つ越え、ずっと真っ直ぐ。右側に日大のキャンパスとその隣の中学校を通り過ぎたすぐの十字路の左向こう側。徒歩7・8分。

2012年3月30日OPEN。
千葉の銚子にあった「幸貴(さちき)」というお店が店名を変え、移転リニューアルとの事。
店内は、入って右側に券売機があり食券制。正面に厨房があり、その前にL字のカウンターが8席ほど。

メニューは【塩らぁ麺 700円】【味玉塩らぁ麺 800円】【塩ワンタン麺 950円】【塩チャーシュー麺 980円】【醤油らぁ麺 750円】【味玉醤油らぁ麺 850円】【醤油ワンタン麺 980円】【醤油チャーシュー麺 1000円】【汁なし担担麺 750円】【濃厚汁なし担担麺 780円】【担々麺 800円】【まぜそば 680円】などにトッピング類や、【ピリ辛挽肉のせご飯 250円】【手づくり水餃子(にんにくソース掛け) 380円】など。


1年ちょっと振りに^^  先月改装したという店内は、厨房も広くなり、カウンター席のみとなりましたが提供等の動線もスムーズそう。
醤油のメニュー名や価格も変更になったんですね。

「塩ワンタン麺」・・・950円

今回もやっぱり塩を(^^ゞ
トッピングも変更になったんですね!色々変わっていてちょっとビックリです(笑)
透明感のあるスープは変わらずで、見た目にもきれいです。一番初めてに食べた時と同様に、ちょっとバターっぽいコクと味わいを感じるのも一緒ですが、今回は若干ですが、ソレがやや控えめになって鶏の味わいが少し強めに感じられるかな?相変わらず美味しく、このスープは大好きです♪
麺は、緩いウェーブのある中細のもの。
具は、鶏チャーシュー・穂先メンマ・白髪ネギ・青ネギ・ワンタン。 以前は巻き肉タイプの大きな豚のチャーシューが乗っていましたが、鶏に変わったんですね。ムネ肉とモモ肉の2種が乗っており、モモ肉はスモークの香ばしい香りが。ワンタンは餡がたっぷり入ったものが4つ。ジューシーで、餡の中にはシャキシャキとした食感のものが入っていて、いいアクセント。 美味しかった〜♪

訪問日 2014年3月15日

秋頃に「23区内の今年の新店でお勧めのお店を教えて欲しい」という某誌のアンケートが。私の答えはこちら「金時」の「塩」でした。

「塩ワンタンメン麺」・・・900円
          +味玉・・・100円

無性にまたまた食べたくなり、やっぱり塩でワンタン&味玉入りを。
直近でテレビに2度ほど出た事もあり、外待ちも。店内は、坦々麺の肉餡の匂いやチャーシューを炙る香ばしい匂いが充満。

スープは相変わらず透明感のあるきれいなもの。ひと口飲んでみて、初めての時の感動が思い出されます。鶏のふくよかな味わいと余韻を残すじんわり感、そしてバターの様な味わいとコクが何とも個人的にはツボです。
麺は、浅草開化楼の細麺。スープとの相性もよく、啜り心地もいい感じ。
具は、チャーシュー・穂先メンマ・ワンタン・味玉・白髪ネギ&青ネギ。チャーシューは厚みもあって噛み応えがあり、味付けも旨〜♪ 
ワンタンは餡がたっぷりと入ったものが4つ。粗挽きの挽肉が弾力があってジューシー。何かはわかりませんが、シャキシャキとした食感のものも入っていて、いいアクセントで美味しかったです^^

訪問日 2012年12月23日

「味玉塩らぁ麺」・・・650円

カウンターの上に提供され、手元に寄せる時から鶏がふわっと香ります。
透明感のあるきれいなスープ。具もシンプルな構成で見た目的にも好印象。
そんなスープは、第一印象の香りで感じた様に鶏の旨みや味わいがしっかりと感じられ、尚且つあっさりながらも奥行きもある味わい。表面の油は鶏油かな?バターの様なコクと甘みもあって、物足りなさなどは全然なし。というか、このスープめちゃ旨〜♪
麺は、浅草開化楼のものだそうで中位の緩い縮れのあるもの。
具は、チャーシュー・山くらげ・白髪ネギ・青ネギ・味玉。チャーシューは提供前にバーナーで炙られたもの。噛み締め感がしっかりとあり、豚肉自体の旨味も感じられて美味しい。山くらげは薄味ですがコリコリとした食感がいいアクセント。

訪問日 2012年5月16日