11:30〜15:00 18:00〜翌1:00
日 11:30〜15:00
定休日  月
住 所
東京都世田谷区駒沢4-19-11
最 寄 駅
東急田園都市線  駒沢大学駅

*666
駒沢大学駅の「駒沢公園口」の右側の階段を昇り、右側に「玉川通り」を見ながら真っ直ぐ。「駒沢」の交差点を過ぎ、100mちょっと行った先の左側。徒歩8分位。

2012年7月24日OPEN。
長野県で数店舗を展開する「凌駕」(りょうが)の東京(関東)1号店。
店内は入って左側に券売機があり食券制。並びがある場合も、先に食券を買ってから並ぶシステムの様。
左側のきらびやかな壁に向かった変形のカウンターとテーブル席も1卓あるそうな。

メニューは【煮干醤油ラーメン 750円】【手もみ中華そば 700円】【コンデンス煮干つけ麺 800円】【金色の塩ラーメン 750円】【ニボガッツ 700円】などに、特製や味玉増し、チャーシュー増しなど。他にはトッピング類や【ガーリックポークごはん 300円・(小) 250円】など。


直近で駒沢大学駅は何度か降りてますが、東京ラーメンショーのお手伝いばかり。 気になっていた事もあり、ようやく^^
日曜の閉店近い時間という事もあり、もうひとつ目当てにしていた「ガーリックポークごはん」は残念ながら売切れでした^^;

「金色の塩ラーメン」・・・750円

とても熱々なスープ。ちょっと唇を火傷^^;
鶏などの動物系が主体の味わいで、塩梅も程よくじんわりと美味しいスープ。
麺は、中細のもので全粒粉入り?加水低めっていうのでしょうか、滑らかながらもプツッとした食感。麺の香りもいいですね。
具は、チャーシュー・メンマ・青ネギ・白ネギ。チャーシューは豚と鶏の2種。豚の方は、ロースかな。しっとりと噛み締め感も良く、このチャーシューならば、是非ご飯も食べてみたかった。。。鶏は低温調理のものかな。こちらもしっとり柔らかで、渕についている粗挽きのブラックペッパーがいいアクセント。

食べ進むうちに、スープの温度が少し下がる事により、最初は気付かなかった魚介系の味わいが少しずつ出没して来ます。その変化が面白くてスープを飲む進むと、ふわっと柚子の香りなんかも一瞬顔を覗かせたりと、ついつい後を惹く一杯でした。

訪問日  2012年12月9日