< 閉 店 >
住 所
東京都世田谷区太子堂4−28−8
最 寄 駅
東急田園都市線・世田谷線  三軒茶屋駅

*らーめん 醤屋(じゃんや)
田園都市線からだと、北口を出て周れ右をしたあたりにある「三茶銀座」を進み1つ目の信号の手前左側。
世田谷線からだと、出口を出た正面の道を左に進み、1つ目の信号の手前の右側。徒歩4・5分。

以前は馬込にあった「醤屋」。 2005年2月に移転という事で閉店し、跡地は「醤道」に。そしてようやく2010年9月23日、場所を三軒茶屋に移し、移転&復活のOPEN。
店内は入って右側に壁に向うカウンターが3席と、左側に4人掛けのテーブルなんですが中央に高い仕切りのされた2人ずつ並んで向かい合う形の席。その奥の右側に券売機があり食券制。
一番奥の左側が厨房で、その前にもカウンターで5席くらいと奥に細長い造りになってます。

メニューはお醤油味のみで、白醤油を使った【白ら〜めん 680円】、たまり醤油を使った【黒ら〜めん 750円】、こいくち醤油を使った【紫ら〜めん 700円】、濃厚なたまり醤油を使った【つけめん 800円】に大盛が+100円。トッピング類の他、【豚めし250円】【大盛豚めし350円】【杏仁豆腐(ミルク・オレンジ)250円】なども。


 

 

 

お蕎麦屋さんの出前とか、近辺によくある「珍来」で食べたくらいしかラーメン暦の無かった私。。。2002年の大晦日にやっていたラーメンランキングの番組。一緒に観ていた知り合い宅の近くの「醤屋」@馬込が紹介されており、思わず食べたくなって数日後に行ってみたのが有名店で食べた初めてでした^^;
その後、呼んで頂いた「とらさんラジオ」の第53回目。ソコでもこちらでは「紫」を食べたと話したっけ。そんなお店が、移転&復活し、メニューも以前のものが提供されると聞き、早々に行って来ました♪

「紫ら〜めん(麺少なめ)」・・・700円

注文は勿論「紫ら〜めん」♪ちょっと麺を少なめでお願いしちゃいました(^^ゞ
7年ぶりなので細かい味の違いはわかりませんが、懐かしい〜と思わせるルックス。
スープは、ホタテの貝柱や海老の香りがふわっとして、ダシというか旨味もしっかり。使っているお醤油は以前は非加熱の生醤油との事でしたが、同じなのかな?店頭表記は「こいくち醤油」となってますが。お醤油の風味もふんわりとしていて、ほんのりとした甘みも感じられて美味しいスープ♪
麺は、中位の太さで丸い断面の緩いウェーブのあるもので、ラーメンだと160gとの事。スープとの相性もいい感じ。
具は、チャーシュー・メンマ・海苔・薬味(玉ネギ・青ネギ)。チャーシューは通常1枚ですが、小さかったので2枚入れてくれました^^ メンマは、短冊の太くて長いもの。しっかりと味が染みててサクっとしていてジューシー。薬味の粗みじんの玉ネギのシャキシャキとした食感でいいアクセント。
以前は「紫」の隠し味?に揚げニンニクがふわっと香った覚えがあり、何となくそんな感じもふわっと一瞬感じましたが、最後にスープを飲んでた時に、一瞬柑橘系の味わいもした様な???

「杏仁豆腐(ミルク)」・・・250円

杏仁の香りはあまり感じず、ミルクプリンっていう感じかな?思ったよりも量があってお得感がありました^^

訪問日  2010年9月26日