11:30〜15:00 18:00〜24:00
定休日 土・日・月
住 所

東京都渋谷区幡ヶ谷2−1−5

最 寄 駅

京王新線  幡ヶ谷駅


*長岡生姜醤油 我武者羅*
幡ヶ谷駅の北口に出たら左に曲がり、「甲州街道」を右に見ながら真っ直ぐ進んだ左側。徒歩3分位。

2006年1月にOPEN。「鯛だしとんこつ」スープのラーメンを提供していましたが、2010年5月より、蓮沼店主が出身の新潟の「生姜醤油らぁ麺」を提供。
月曜は「燕三条背脂煮干し醤油 どっかん」。土日が「巻町 割スープ付濃厚味噌 弥彦」。そして、火〜金曜がこちら「長岡生姜醤油 我武者羅」と、現在は「新潟らぁ麺専門店」として営業しています。
店内は入って左側に券売機があり食券制。カウンター席で10席程。 お水はセルフで、おしぼりも用意されていました。

メニューは【生姜醤油らぁ麺 680円】【生姜醤油つけ麺 700円】【生姜の油そば 680円】【本日の油そば(日替りで、「メキシコ」「イタリア」「中国」「インド」を提供) 800円】などに、特製が+200円とトッピング類の他、【豚玉ごはん 250円】【メンマごはん 200円】など。


長岡の生姜醤油ラーメンは、秋葉原の「青島食堂」でしか食べた事が無いのですが、これが個人的には結構ツボ!
こちらでも提供開始を知った時からずっと気になってて。 遅ればせながらやっとこさお邪魔して来ました♪

「生姜醤油らぁ麺」・・・680円
        +半熟味玉・・・100円

麺の量は200g。少な目の150gも出来るそうですがそのままで。
提供されたラーメンは、たっぷりスープに麺だけではなく具のボリュームもしっかり。
スープは動物系をベースとした清湯でしょうか?濃いお醤油色をしていますがしょっぱくはなく、醤油ダレのほんのりとした甘みと生姜の香りと味わいが後を惹く味。
麺は、ストレートの中位のもの。程好くスープと馴染み、しなやかでもっちりとした食感。
具は、チャーシュー・メンマ・カイワレ・海苔・ネギ・青菜・擦り卸しの生姜とトッピングした味玉。チャーシューは薄切りのものが3枚。部位はロースかな?味付けも美味しく噛み切る時の弾力感が好みで、麺と一緒に食べるのにも丁度いい。メンマはコリコリと小気味いい食感で、青菜も量がしっかり。
食べ進むうちに、トッピングで乗ってる擦り卸しの生姜がスープに混ざって行き、再びグングンと生姜感がアップで体が温まります。
200gは多いかなと思った麺やボリュームのある具やたっぷりスープも、気が付けば完食でした^^

訪問日  2012年11月28日

「味玉醤油らあめん」・・・780円

メニューの表記によると、スープは豚のゲンコツを半日かけて煮込み、鯛のダシを効かせたタレと鯛の香油をかけたものだそう。
キメの細かいまろやかなスープで、程好いトンコツの濃厚さと鯛ダシの加減も丁度良く個性的で結構後を惹くスープ。気持ちやや塩気が強いかな。
麺は中位のストレートなもので、スープも相性がいい感じ。
具はチャーシュー・メンマ・味玉・水菜・白髪ネギ・海苔・糸唐辛子。チャーシューは柔らかで、メンマは短冊の太めのものが2本でシャキっとした歯ざわりもよく味付けはしっかりめかな。味玉は黄身全体が固まりかけた頃合いのものでした。

訪問日  2008年1月16日C