14:30〜21:00
(平日は15:00〜16:00ころまで?)
定休日 火
住 所
東京都渋谷区笹塚3-19-1
最 寄 駅

京王線  笹塚


*中華そば 福寿*
笹塚駅の北口を出たら、すぐ右へ。三菱東京UFJ銀行の手前を左へ曲がり、甲州街道を渡って「十号通り商店街」を途中左にクランクしながら通り抜け、道路を渡って今度は「十号坂ストリート」へ。そのストリートの終点の手前の左側。徒歩10分くらい。

創業が1954年という歴史のあるお店。
引き戸は右側が締切りなので、左側から入ります。入ったすぐに給水器がありお水はセルフ。右側の厨房前にカウンターが10席くらいと、左側に4人掛けのテーブル席が3卓。後会計。

メニューは【ラーメン 500円】【大盛ラーメン 570円】【ワンタンメン 570円】【チャシュウメン 570円】【五目ラーメン 630円】【上チャシュウメン 770円】【上五目ラーメン 770円】などに、【ワンタン 510円】【大盛ワンタン 580円】【チャシュウワンタン 580円】【玉子ワンタン 640円】【五目ワンタン 640円】【上チャシュウワンタン 780円】【上五目ワンタン 780円】。


昔ながらなラーメンが食べたくてこちらへ^^ 駅からの道を歩いて行っても、ここだけが時間が止まったような店構えで思わずタイムスリップしてしまった様な感じが。

「ワンタンメン」・・・570円

厨房にはとても大きな羽釜がデーンと鎮座。その脇には麺茹でする大きな中華鍋も。 テーブルやパイプ椅子も何だか懐かしい風情。

注文したのは「ワンタンメン」。
入って右側のテレビの前のカウンターがちょっと傾いているのか、「すぐにスープ飲まないとこぼれちゃうよ」と置かれたのを見ると、確かに手前側がドンブリの淵ギリギリ。レンゲはないので、まずは腰を折り曲げてスープを飲んでみるも体制的にツラいので、ドンブリを持ち上げてゴクゴクと。
スープは鶏や豚などに野菜類かな?透き通ったきれいなスープで、ふわっと生姜の香りと醤油の味わいが絶妙でホッとする味。
麺はやや中細の縮れのあるもので、啜り心地も良く、また啜る度にお醤油のふわっとした香りが楽しめます。
具は、ワンタン・チャーシュー・もやし・メンマ・ネギ。チャーシューは上部に小さなものがちょこんと乗ってるだけですが、しっかりと味が染みてて美味しい。もやしはシャキシャキと食感のアクセントに。ワンタンは餡はなく皮だけですが、ちゅるんと滑らかで柔らかなもの。
いつまでも飲んでいたいと思わせるスープ。最後まで飲み干すと、ドンブリの底には「日本一」の文字がお目見えします。

訪問日  2013年1月27日