< 移 転 >
住  所
東京都渋谷区本町6−6−4
最 寄 駅

京王新線  初台駅 ・幡ヶ谷駅


*一福*
初台駅の中央口の改札を出て、「甲州街道北口」の出口を出たら回れ右をして真っ直ぐ行き、突き当たりの信号を渡り左へ直進。右側にエスニック料理のお店を過ぎた所(電柱に本町2-16の表示)で1本右側の脇道へ入ってしばらく行った右側。徒歩10分位。

入って左側に券売機が置いてあり食券制で、席はカウンターのみで8席。
1990年10月に開店。女性店主の石田さんはとても穏やかな物腰で話され、女性ひとりで行っても落ち着ける雰囲気。 2007年に出版された石神本では、10年連続掲載ということで「殿堂入り」をした名店です^^

メニューは【味噌らぁめん 700円】【醤油らぁめん 650円】【塩らぁめん 680円】【味噌ぴりか 800円】【醤油ぴりか 750円】【塩ぴりか 780円】【囲炉裏麺 1050円】【爽香麺 800円】【梅しそつけめん 870円】【味噌つけ麺 750円】の他つけめんなどもありメニューは豊富です。


ラーメン産業展へ行く為に来京したはずの、名古屋と岐阜の店主おふたりと共に。

「囲炉裏麺」・・・1050円

丁度お昼時になってしまったので満席でしたが、タイミング良く3人並んで座れました。
土日は限定の「ごまみそずい」をやってますが、平日だったので再び「囲炉裏麺」を^^

酒粕のほんのりとした甘みに、味噌がまろやかで柔らかい味わいのスープ。
サメの軟骨のピキピキした食感も小気味良く、味噌ダレを徐々に溶かして行ってコクが深まる変化も楽しい。スープに浸っているのに最後までカリカリとしたクルトンがいいアクセント。
相変わらず優しい味わいでホッとする一杯でした^^

詳しいレポは↓をご覧下さい^^;

訪問日  2008年10月21日

味噌が人気のようですが、塩も美味しいと知り合いが言っていたので^^

「塩らぁめん」・・・680円

スープは、アルカリイオン水を使い豚骨や鶏がらなどの動物系、煮干や昆布などの魚系に野菜類から摂ったという「味噌らぁめん」と同じものかな?
塩気が控えめなので、スープ自体のじんわりとした旨味が感じられ、とてもまろやかで優しい味わいのスープ。
麺は中位の少し黄色味のあるもの。茹で加減も程好くてスープともいい感じ。
具はチャーシュー・メンマ・海苔・クルトン・ネギ。 チャーシューは厚めに切られたものが2枚。少しスープに沈めておくと、繊維に沿ってほろっと崩れて食べやすいかな。とろけてしまうタイプではなく、お肉の旨味と食感が楽しめるもの。いまだに何を使ってるものなのか謎のクルトンですが、最後までカリッとしていていいアクセントになります。

訪問日  2008年7月1日

優しい味わいの味噌が食べたくて行って来ました^^

「囲炉裏麺」・・・1050円

昨年の暮れにちょっと値上げをしたそうですが それでもまた食べたくて「囲炉裏麺」を^^
散りばめられた水菜の緑が見た目もきれい。
スープは柔らかでまろやかな味噌と酒粕の味わいがじわ〜っと広がります。サメの軟骨の下にある味噌を徐々に溶きながら食べ進むと力強さも少し加わり、ピリッとした辛味もいいアクセント。
麺は三河屋製麺の特注のものだとか。小麦の風味のする美味しい麺です。
具は角切りのチャーシュー・メンマ・水菜・サメの軟骨・クルトン・焼きネギ。チャーシューはサイコロ状で焼きネギは2センチくらいの長さ。焼きネギは表面が香ばしく中は甘く柔らか。サメの軟骨のコリコリ&ピキピキした食感が何ともクセになります。

酒粕と味噌とちょこっと効いてる辛味のせいでしょうか?食べてる途中で汗が流れ出るくらい温まりました(笑)

訪問日  2008年1月19日D

個人的好み  

*****************

  

個人的好み  

どるふぃんさんブログを見て、「毬藻の雫」の写真に惹かれに惹かれて行って来ました♪

2007.10/2〜10/7 1日10食限定
「毬藻
(まりも)の雫」・・・930円

大きな白いドンブリに野菜の緑とエビの赤が映えてとても綺麗。豆乳の入ったお猪口も一緒に出されます。
緑色をしたソースは、枝豆とオクラに和風スープを合わせたものだそうで塩味です。
具は、エビ・レタス・水菜・枝豆・青ネギ・塩昆布・タピオカ・とんぶり(ほうきの実)。
豪快にかき混ぜて頂きます。最初の一口目にちょこっとゴマ油の香りがしたような?
緑色のソースが中細の麺によく絡んで、枝豆の甘味や素朴な青の味わいがとてもさっぱりで、塩気も丁度好みの塩梅で美味しい〜♪
レタスのシャキシャキとした感じもいいし、塩昆布もいいアクセント。エビは殻ごと食べられるように揚げてあって香ばしく、タピオカは大きなものを使ってるので茹でるのに1時間半もかかるんだそう。ぷにっとした弾力が面白く、とんぶりのプチプチとした食感もいい感じ。とんぶりはお酒に漬けたものだとか。
残り少なくなったところで豆乳を入れてみました。豆乳独特のクセはなく、青みや塩気がよりまろやかになって、豆乳というより生クリームを足したような味わいでこちらも美味しく思わず一気に完食でした〜^^

2007.10/2〜10/31 1日10食限定
「トマトのつけ麺」(麺ちょっと少なめ)
                 ・・・840円

続いて・・・気になっていた「トマトのつけ麺」を麺ちょっと少なめで追加注文(^^ゞ

まずは麺をそのままで。中太の麺は↓前回食べた「汐彩」の真空麺を思わせるようなコシがあってしっかりとした噛み応えで麺自体も風味もあって美味しい。上に乗ってる刻んだシソもいい風味です。
つけダレは、最初にトマトの味わいとほんのりとした酸味がした後、ベースの味噌の旨味とコクが感じられます。そのまま飲むには気持ち濃いくらいの味ですが、麺と合わせても両方の素朴な味わいが感じられて美味しい。
つけダレの中には、刻みのチャーシュー・メンマ・ネギ・枝豆・トマトの果肉・クルトン・・ピーナッツ・一緒に煮込まれたニンニク。
スープ割りをした時に、残った細かい具達がレンゲの中でいろんな味わいを感じさせてくれます。中でも個人的にはピーナッツが意外にも美味しくて気に入りました^^
こちらもスープ割りまで飲み干して完食〜
さすがにお腹いっぱいになりましたが、どちらも美味しくて満足でした♪

訪問日  2007年10月2日

食べ歩き2軒目で訪問。10食の限定なので無理かな?と思いながらも行ってみました。
13時少し前、暑くても味噌を頼んでる人が多いようで何とかセーフ^^

土日限定10食
「汐彩」
(夏バージョン)・・・840円

写真では見えませんがドンブリと受け皿の間に、緑の濃い葉付きの枝を挟むという心配りもされています。
スープは動物系を使わずに、貝柱・昆布・鰹節などの魚介系と干し椎茸などから摂ったものだそう。キリッと冷えたスープは節系の味わいが最初に来て、飲み込んだ後に椎茸や昆布などの柔らかな旨味が余韻で残ります。冷やしなのでやや塩梅ははっきりめですが、すっきりとした飲み口。
麺は真空平打ち麺を使っているそう。口当たりは滑らかですが、噛み応えがあります。
具は味玉・切り昆布・水菜・白玉・揚げジャコ・紫蘇。白玉はほんのり梅風味でもちっと柔らか。ジャコは最後までカリカリとした食感でいいアクセント。切り昆布は徐々に馴染んで行って、最後の方はスープにまろやかさとトロミを出していました。
さっぱりと頂けるので、こちらも完食〜

帰る時に言われた「きれいに召し上がって下さってありがとうございました」の一言が何だか心地良かったです^^

訪問日  2007年8月4日
個人的好み  

今日の2軒目は・・・今年の初ラーメンを食べたこちらのお店へ再び^^ 今度は迷わずに辿り着けました(笑)
注文したのは2005年に引き続き、2006年も東京1週間の「ラーメンオブザイヤー」の味噌部門で優秀賞になった「囲炉裏麺」を^^

「囲炉裏麺」・・・980

スープは豚骨・鶏ガラ・煮干し・昆布・香味野菜・背脂などで摂っているそうで、味噌ダレには豆乳や酒粕などを混ぜているとの事。
そんなスープは、ほんのりと酒粕の香りがしてまろやか〜で優しい味わいでホッとする感じがします。途中で乗っている肉味噌を溶きながら頂くと、味わいと深みが広がります。
麺は中位の太さで黄色いのある卵麺。茹で加減も良く、麺の味がいいですね。
具は角切りのチャーシュー・メンマ・水菜・サメの軟骨・クルトン・焼きネギ。サメの軟骨はコリコリで、クルトンはスープに浸っててもふやけずにカリカリのまんまで美味しい。水菜は2・3cm位に切られていて、スープや麺と一緒に食べやすいし見た目にもいいですね〜。
とても美味しい一杯でした^^

訪問日  2006年12月21日
個人的好み  

「味噌らぁめん」・・・670

2006年の初ラーメン♪と喜んで向かったものの、初台の駅から10分位歩けば着く予定が、思い込みで違う方へ行ってしまい、かな〜り迷ってお店に到着したのは駅を出てから50分後・・・出だし絶不調^^;

東京1週間の「ラーメンオブザイヤー」の味噌部門で優秀賞になった「囲炉裏麺」も気になったけれど味噌らぁめんに。
スープはアルカリイオン水を使い、豚骨や鶏がらなどの動物系、煮干や昆布などの魚系に野菜類から摂り、味噌ダレは5種類の味噌をブレンドしたものだそうです。
最初の一口は少し薄め?という印象。でも、食べ進むうちに味噌のふんわりとした甘みと魚系の程好い旨みが沁みて来ます。
麺は中位の緩いウェーブのある卵麺で美味しい。 具はチャーシュー2枚・メンマ・海苔・ネギ・クルトン。チャーシューは脂身が無くしっとりとしていて厚め。程好い柔らかさで噛みしめると濃厚な肉の味わいがするもの。クルトンは何を揚げてるのだろう?高野豆腐?大豆の味がしたような。。。

訪問日  2006年1月5日
個人的好み