< 閉 店 >
住 所

東京都渋谷区幡ヶ谷2−13−4

最 寄 駅

京王新線  幡ヶ谷駅


*鶏そば 鶏つけ 五十六*
幡ヶ谷駅の北口に出たらすぐに回れ右をしたところにあります。

2010年6月18日OPEN。
蒲田にある「麺匠 呉屋」のセカンドブランド店だそうな。
外に券売機があって中に入ると、正面が厨房で横長にカウンターが6席と左奥に壁に向うカウンターが4席。お水はセルフで、左手奥に給水器があります。
椅子の座面が高く、足を乗せるものがないので、かなり座りにくかったです^^;

メニューは【鶏つけ 750円】【鶏つけ特盛 880円】【特製鶏つけ 900円】【【鶏そば 700円】【特製鶏そば 850円】【特製鶏そば大盛 950円】に【特製味玉子100円】【メンマ150円】【白髪ネギ150円】【青髪ネギ150円】【鶏肉300円】【鶏つみれ250円】【辛子高菜180円】【キムチ180円】にご飯類など。


鶏系スープは好みです^^
初訪ですが、食べたいと思ったものを目指して。。。(笑)

「冷鶏そば」・・・750円

スープは、鶏の程好い濃厚さのある白湯が冷やさされたもので、クリーミーですが塩分もしっかり目に効いたもの。
具の茹でた?鶏肉にまぶされたコショウもスープに溶け込んで、気持ちスパイシーな味わいも。
麺は、中太の平たいもので表面が滑らかなもの。冷やされて少し粘度のあるスープがいい感じに絡みます。
具は、鶏肉・鶏つみれ・メンマ・味玉半分・青ネギ。←写真上部に見えた透明感のあるものは、てっきりシャーベット状にでもしたスープの塊かと思ったら、寒天というかゼリー状のもの。味は・・・あまり感じなかったかな^^;
ほぐされた鶏肉は量もたっぷり。青ネギと一緒に麺と啜ってもスープがよく絡みます。鶏つみれは揚げたもの?見た目にはおでんの具の様ですが噛んでみるとホロホロとした鶏の挽肉が。見た目からもホロットした感じに見えるともっと美味しそうに見えるのでは?^^;
短冊でぶっ太いメンマは、気持ち甘めの味付けですが、ジューシーで美味しかったです^^
訪問日  2010年7月8日C