< 閉 店 >
住 所

東京都渋谷区桜丘町29−5

最 寄 駅

JR山手線・東京メトロ半蔵門線・銀座線他  渋谷駅


*らーめん屋 OKAZAKI*
JR渋谷駅の西口を出て、左前方にある歩道橋を昇り、対面の左斜め向こう側で降りる。246号線を右に見ながら真っ直ぐ行き、「セルリアンタワー東急」を越えたところで左へ曲がって真っ直ぐ。途中細い路地になってもそのまま直進した右側。徒歩10分くらい。

以前、桜上水で営業していた「OKAZAKI」が2008年7月20日に渋谷に移転OPEN。
桜上水の時も長男と三男のお二人の兄弟で営業を開始。
途中三男の方がお父様の営業されている「太鼓」を手伝われてましたが、事情によりお店を閉められたそう。こちらでは、再び兄弟お二人で営業されています。
店内は入って左手に券売機があり食券制。
席はL時のカウンターのみで約10席ほど。
白を基調としていて、前面がガラス張りになっている事もあり明るい店内です。

メニューは【醤油らーめん 680円】【塩らーめん 780円】【味噌らーめん 780円】【つけ麺 700円】【塩つけ麺 800円】【味噌つけ麺 800円】の他、ネギや焼豚のトッピング増しのものなど。


桜上水時代の「OKAZAKI」へは行った事がなかったんですが、職場近くの「太鼓」へはお昼ご飯に何度か。以前「太鼓」は違うタイプのラーメンを出していたそうですが、三男の方が来てから「OKAZAKI」と同じ味に変わったとか。知り合いから移転OPENの情報をもらい、その時の味をもう一度食べてみたくて行って来ました^^

「塩らーめん」・・・780円

初めての「OKAZAKI」ですが、出てきた塩らーめんは梅肉にシソに揚げネギと「太鼓」で食べたのと同じビジュアルで変わってない事に何だかホッとしました(笑)スープは以前食べたものよりも気持ち動物系の深みが出てるかな。コクもあって、あっさりとこってりの丁度いい中間タイプ。徐々に混ぜる梅肉とシソの風味や揚げネギもいい感じ。
麺は中位の平打ちのもので、啜り心地が滑らか。
具はチャーシュー・もやし・揚げネギ・青ネギ・海苔・梅肉・シソ。チャーシューは肩ロースの部位かな。大ぶりで程好い柔らかさ。

雰囲気的に「ちゃぶ屋」っぽい印象もありますが、修行されたわけではなくて店主とはお知り合いだとか。塩に梅やシソ、醤油に生姜を加えたり等、影響を受けていそうな感じもしながら独自のアイディアを加えているあたりが新鮮です^^

訪問日  2008年8月14日