11:00〜翌5:00
定休日 無休
住 所
東京都渋谷区道玄坂2−10−3
最 寄 駅
JR・東京メトロ銀座線他 渋谷駅

*真武咲弥(しんぶさきや)
地下鉄の渋谷駅からは色んな出口があって最寄もありますが、JRのハチ公口から行きました。右斜め前に見えるスクランブル交差点を「109」方面へ渡って直進。右に「109」を通り過ごしてそのまんまずっと真っ直ぐ行った左側。人が多くて歩き難いので徒歩7・8分位。

2010年4月22日OPEN。
本店は札幌にあり、今までも「麺仙 葵賀佐」や「麺武 虎龍」、「麺武 鷹雅」 などを手がけて来ましたが、今回は本店の店名を使っての東京進出。
券売機は外に設置されており、ラーメンの写真なども飾ってあってわかり易いですね。店内は入って右側が壁に向うカウンター席で10席ちょっと。入口左側には4人掛けのテーブル席が1卓。厨房は奥に別スペースになってました。

メニューは【味噌スペシャル 1350円】【味噌ワンタン味付玉子 1150円】【味噌ワンタン 1050円】【味噌(名物味玉) 950円】【味噌 850円】【辛味噌 900円】【激辛味噌 950円】【塩 800円】【醤油 800円】に【宝永餃子450円】【じTKG250円】【なTKG200円】【ミルクぷりん200円】などにトッピング類。


 

券売機に【脂少なめ 無料】【ぬる麺 無料】のボタンがあったので、【脂少なめ】のチケットも。

「味噌(脂少なめ)」・・・850円

スープは、国産ゲンコツを使い利尻昆布・鯖節・鯵節・野菜などを使ったというもの。味噌ダレは14種類の食材を使っているんだそうな。
厨房が別スペースではありますが、音などから挽肉や野菜を炒めてスープを入れて味噌ダレを加えているのかな?
そんなスープは、味噌の甘みやピリッとした一味の辛味や野菜の甘みなど色んな味わいが複雑かつ濃厚に感じるもの。途中で擦りおろしの生姜を溶き入れるとまた違った味わいになります。
麺は、黄色味のある中細の縮れのあるもので茹で加減も程好くコシもあって、札幌系では好みな麺です。
具は、チャーシュー・角切りチャーシュー・メンマ・挽肉・ネギ・炒め野菜(もやし&玉ネギ)。この系統ならではのクタっとなったもやしや玉ネギですが、ちょっと少なめに感じたかな。チャーシューは小ぶりで炙った周りが焦げてる?みたいに思いましたが、思いの外香ばしくて美味しかったです(笑)

「ミルクぷりん」・・・200円

麺仙 葵賀佐」・「麺武 虎龍」・「麺武 鷹雅」でも食べましたが、ラーメン屋さんでのスイーツは最近はあると頼んじゃいます(笑)
卵を使わずに自然糖で作ったというもの。とろりと滑らかな食感です。

訪問日  2010年5月9日